昨日は、四国ソフトボール協会主催、徳島県ソフトボール協会主管の、四国大会の表彰式に出席しました。

 

10:30分頃に、県ソ協会のS理事長から電話があり、「会長、11:00分から男女の決勝戦が始まりますので、12:00分までに開場にお越し下さい」との事でした。

スマホ

そして決勝戦は男子がAグラウンド、女子はBグラウンドで行いますが、表彰式・閉会式は男女同時にAグラウンドで行います」と。

 

また、「私は決勝戦はBグラウンドに居ますので」との事。

 

なので昨日は仕事の合間に抜け出し、11:00分に事務所を出て11:30分に、吉野川北岸徳島市民運動広場に着きました。

 

徳島文理大学

丁度、男子の決勝戦が行われていて、対戦を見て見ると高知県同士でした。

しかも同じ高知県の同じ四万十町立の窪川中学校ー大正中学校でした。

 

対戦結果は高知県第2位校の大正中学校がコールド(8-1)で優勝しました。

 

女子は徳島県美馬・岩倉中学校合同チームー香川県・国分中学校の対戦でしたが美馬岩倉中学校が優勝しました。

 

戦前の予想では香川県国分中学校の投手が良く、優勝候補だと云われていました。

それに比べて美馬・岩倉中学校は、2年生が1人だけで後は全て1年生でした。

 

少ない選手でしかも合同チームでしたが、2年生投手がチームを牽引しました。

岩倉少女ソフトクラブのF監督も教え子の応援に来られていて、全員で良く頑張ったと大喜びでした。

 

美馬少女ソフトクラブのF監督は、地元の行事があったので残念ながら姿が見えませんでした。

お二方とも永年に亘り少女ソフトボールに貢献されておられるのです。

 

しかし昨日は解散するときにF監督から、「会長、次の日曜日の少女秋季大会は部員不足で選手が揃わず、誠に残念ですが欠場させて頂きます」と。

 

そして、「また選手を集めチーム編成ができれば、参加させて頂きますので宜しくお願いします」との事でした。

少女ソフトボールの灯を消さないように頑張って頂いておりますが、少子化の現代では如何ともし難いのが現状なのです。

 

マネージャー

ソフトボール・ベースボール・バレーボール・サッカーフットボール等に選手(子供)が集まらないのです。

 

 

現在ではの人気スポーツ種目は、テーブルテニス・バドミントン・バスケットボールで最近ではラグビーフットボールが人気だとか。

 

その様な状況の中でのソフトボール競技を継続しておられます、各小学校・中学校・高校の指導者や関係者の方々には深甚より敬意を表する次第であります。

 

試合後には直ちに表彰式を行いました。

四国ソフトボール協会N会長の代理で、私から表彰状と優勝旗を授与させて頂きました。

 

そして男女の優勝・準優勝・第3位と表彰を行い、その後に記念写真の撮影を行いました。

 

大会後にS理事長がミーティイングを行いました。

そして、「来週の23日(土)に少女秋季大会、24日(日)にハイシニア大会が行われます」と。

 

また、「その大会が今年度の最終となりますが、12月1日(日)の優秀選手表彰式が最後の行事となりますので、宜しくご協力をお願いします」との事でした。

 

徳島 ソフトボール

※写真は昨年のもの

そして、「理事役員の方々は当日Sホテルに8:30分にご集合下さい、式典は10:00分からです」とも。

 

私は次の23日(土)・24日(日)は仕事のため出席出来そうにも有りません。

12月1日(日)も来客予定が有りますが、万障繰り合わせて出席するつもりです。

 

その行事が終われば、後は1月19日(日)の定時総会のみとなります。

 

大勢のソフトボール関係の方々に、ご指導・ご支援・ご協力を賜り、何とか会長職を次の方にバトンタッチが出来そうです。

 

残りの期間を頑張りたいと思いますので、宜しくお願い申し上げます。

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

徳島文理大学

徳島文理大学生さん必見、学生マンション入居予約受付中!!

徳島文理大学
敷金&礼金ゼロ、ネット無料、学生専用、女子専用物件多数あります。
詳しくはココ↓
http://tokushima-bunri.net/

昨日は、今年から徳島県ソフトボール協会が主管で、第1回・四国総合一般男子ソフトボール大会(革ボール)が開催されました。

 

今までは過去30年間に亘り、香川県ソフトボール協会が丸亀市で開催をされていました。

歴史のある男子の大会でも有りました。

 

しかしながら香川県内では、一般男子の革ボールを使用されるチームの存在が無くなってしまったのだとか。

そこで大会を開催する異議も薄れたとの事で、30回の開催を持って終了してしまいました。

 

四国の一般男子(革ボール)大会に大変貢献された大会でもありました。

他県からも大会消滅は残念だとの声が有りました。

 

そこで今年から徳島県ソフトボール協会では、常務理事会や理事会に諮り第1回・四国総合一般男子大会として開催する事にしました。

 

四国4県から2チームの出場で、計8チームがトーナメント方式で試合を行いました。

 

なにしろ第一回なので、各種の詳細は手探り状況でありました。

大会時期・大会日数・大会規約(試合時間)・大会派遣(審判員・記録員)・大会参加費・・・・等々。

 

昨日は大会開催日は1日だけとしましたが、1日で3試合は無理な感じがしましたが、2週になると別の大会(四国中学校新人大会)と重なるのです。

 

そして午後に遅くなると日暮れでボールが見え辛くなりますので、試合時間は90分に制限し、同点の場合は卽タイブレーカーで1回行い、その後は抽選とさせて頂きました。

 

昨日はこれらの諸条件を監督会議で協議し、ご了解を頂きました。

ただ昨日は時間の都合上(1日3試合)で開会式は取り止め、9:00分から試合開始としていました。

 

それを、開会式も・監督会議も取り止めたと勘違いされたチームが1チーム有りましたが。

 

そこでチームの監督に電話をすると、「私のチームは第2試合目の10:30分からなので、今から出発して徳島に向かうところです」と。

 

徳島県ソフトボール協会のM審判長(副理事長)が他チームの監督さんに、「この件は如何取り計らいましょうか」と。

またM審判長曰わく、「本来なら、監督会議を欠席したチームは絶対に大会参加を許されないのですが」とも。

 

他チームの監督さん7名も、「誰にでも勘違いは有るし、それに試合には間に合うように来られるのだし、また第1回大会と云う事でもあるし、今回だけは大目にみてあげれば良いのでは」との事でした。

 

その監督会議の後で、審判員・記録員の大会前のミーティングが行われました。

M審判長より、香川県ソフトボール協会より派遣された審判員2名の紹介がありました。

 

そして審判員・記録員の割り振りが発表され、A・Dグラウンドに別れて行きました。

 

その時に県ソ協会のS理事長から私に電話が有りました。

「会長おはようございます、今日は私事都合で出席出来ませんが、宜しくお願いします」と。

 

なので、「私も仕事で、朝の監督会議だけ出席して帰りますから」と。

9:00分にAグランドで第1試合が始まりましたので、M副会長に後をお願いして会場を後にしました。

 

その時、「会長、これ高知ソ協会の記録員の○○女史が、お土産に持って来て頂きましたので、お持ち帰り下さい」と。

それは昨夕に採ったばかりの高知名産の生姜でした。

 

あのような大きな塊になった生姜を初めてみました。

大きなビニール袋(50L)に一杯入っていました。

 

M記録員が小さなビニール袋に小分けしてくれました。

高知ソ協会の記録員の女史にお礼を言って、遠慮なく頂戴して帰りました。

 

前日には、事務所で新入生のお部屋探しのお客様に、申し込み書に記入して頂いた時にご住所を見ましたら、徳島県西部のM市の方でした。

 

なので私が、「M市の方ですか、それなら少女ソフトボールチームを永年に亘り指導されておられるF氏(県ソ協会理事)はご存じないですか」とお聞きしました。

 

するとお客様曰わく、「知るも知らんも、同級生ですし、妻と彼の弟とは同じ職場です」と。

そこでもしかしてと私が、「では娘さんもソフトボールか何かされてましたか」とお聞きしました。

 

お客様曰わく、「この娘は、卓球で3年間インターハイに出場しました」との事でした。

 

昨日は、最後にお越し頂きましたお客様は香川県西部からのお客様でした。

本当にご遠方の所をお越し頂き、またお申し込みを頂き誠に有り難うございました。

 

徳島にも大手チェーン店も多数営業されている中、わざわざ石部宅建をお選び頂き感謝感謝でございます。

 

有り難うございました。

 

夕方には徳島県ソフトボール協会のS理事長から電話があり、四国総合一般男子大会の結果報告と、来年からの大会規約等の見直しについての話も有りました。

 

なにわともあれ、無事に大会が終了して何よりでした。

 

そして、「会長、来週16日(土)・17日(日)は四国地区・中学新人男女大会が開催当番県なので、日曜日の表彰式に出席して下さい」との事でした。

 

それが済めば24日(日)の県ハイシニア大会で最後の大会になります。

 

あと私の会長としては、12月1日(日)10:00分優秀選手表彰式、12月28日(土)15:00分常務理事会・16:00分理事会、1月19日(日)10:00分定時総会の前半のみとなりました。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:ブラジリアン柔術

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

徳島文理大学

徳島文理大学生さん必見、学生マンション入居予約受付中!!

徳島文理大学
敷金&礼金ゼロ、ネット無料、学生専用、女子専用物件多数あります。
詳しくはココ↓
http://tokushima-bunri.net/

JUGEMテーマ:ソフトボール

 

昨日は朝から、第34回四国吉野川杯・レディースソフトボール大会、「主催・四国ソフトボール協会、主管・徳島県ソフトボール協会」に出席しました。

 

吉野川北岸・徳島市民運動広場・ソフトボール場のB・Cグラウンドでの開催でした。

 

8:15分からN事務局長の司会進行で監督会議が始まりました。

私が主管協会を代表して挨拶をし、続いて県ソ協会のS理事長の挨拶がありました。

 

その後、県ソ協会のY記録長により、大会出場登録選手等の変更や訂正がなされました。

最後に、県ソ協会のM審判長(四国ソ協会・審判長)が大会規約等の説明を行いました。

 

監督会議後に審判員・記録員の打ち合わせのため、ミーティングが行われました。

 

7回終了後に同点の時には直ちにタイブレーカーとし、2回終了後に同点の場合には抽選とする等の説明がなされました。

 

またチームの指導者登録者の確認等の指示もなされ、もし資格者が居ない場合や、資格者証を持参して居ない場合の対処の仕方も指示されました。

 

最後にM審判長から審判割りが発表されました。

記録員の配置もY記録長から割り振りがなされておりました。

 

決勝戦は予測通り、愛媛県・とべスワローと高知県・ファイティングキャッツの対戦でした。

 

両チームともピッチャーが良いとの戦前の評判通りでした。

愛媛県・とべスワローは結成40年のチームで、選手層も厚く、また大変試合巧者でした。

 

それでも試合後の話では、「今日は主力メンバーが4名来られず、私達のようなオバアチャン選手まで予備選手として駆り出されて来ました」との事でした。

 

オバチャン選手曰わく、「今日のセカンドの選手などは、本来はセンターではピカイチの選手なのですが」とも。

それでも出塁すると全選手が必ず次の塁を狙うのです。

 

そして投手や内野手がモタモタしている隙に盗塁・進塁していました。

投げては元・日本リーグ第1部チームI銀行OG選手が、安定したピッチングをしていました。

 

対戦相手の高知ファイティングキャッツは良い選手も多く、ピッチャーも速球とローライズボールを武器にナイスピッチングでした。

 

しかしピッチングが一本調子なので内野オーバーを打たれていました。

 

その前の徳島レデースの試合でも、速球で多数三振を取っていましたが、速球を狙われて失点し逆転逆転で4-3で勝つには勝ちましたが。

 

これから投球術(緩急を付ける変化球、コーナーに投げる)を覚えられたら、今後は益々イイ投手になられると思いました。

試合は4-0で愛媛・とべスワローが優勝されました。

 

試合後には直ちに表彰式が行われ、優勝・準優勝チームに私から、四国ソフトボール協会N会長の代理(代読)で表彰状と優勝盾を授与しました。

 

また主管協会の徳島県ソフトボール協会からの賞状も両チームに授与させて頂きました。

 

試合後に後片付けをし、その後にM審判長がミーティングを行い、私の挨拶の後でM審判長から、大会中のトラブルや審判員のミスジャッジ等の有無の確認がなされました。

 

そして10月27日(日)に開催予定の、小学生秋季ソフトボール大会の打ち合わせと、11月2日・3日に行われる四国一般男子大会(革ボール)の打ち合わせ(外野フェンスの距離測定とポイント打ち込み)が行われ、次の日曜日の大会後に行うと決めました。

 

そして帰宅後に、県ソ協会のS総務委員長から理事役員宛にグループLINEで、「11月3日(日)の大会後、Fコミセンで17:00分から理事会が開催されます」と連絡が入りました。

 

理事会では先般開催された全日本大会の事業報告と、その後で理事会が選考委員会に切り替えられ、令和元年の徳島県ソフトボール協会の優秀選手選考委員会が行われる予定です。

 

毎年、各分野での優秀選手数が決まっており、記録委員会から提出された資料を基に選考されます。

また小学・中学・高校チームの最終学年の選手は、その資料の他にも高体連・中体連等から提出された資料も参考にして選考しています。

 

試合数・打席数・打撃率・出塁率・盗塁数・得点率・守備率の他に、試合中のマナー等も判断基準になるのです。

 

そして毎年の事なのですが、僅かの数値で優秀選手から外れる選手がいるのです。

特に小学児童選手・中学生・高校生選手等には、全員選んで上げたい気持ちになります。

 

中にはどうしても外したくない選手が居る場合には、会長推薦と云う場合も有るには有るのですが。

本当に悩ましい選考委員会となります。

 

なので12月1日(日)に行われる予定の優秀選手表彰式では、私は必ずそれ等の事を話をさせて頂いています。

 

「おめでとうございます!今、皆さんが表彰されました優秀選手表彰は、ご自身の努力の賜は勿論ですが、チームメイトのお陰ですし、選考から漏れた選手との成績差は僅差でありました」と。

 

選考委員会で選ばれた選手名は、後日新聞紙上で発表されますが、それまでは口外禁止にされ、会議後には選考資料も回収されます。

 

選考委員会後に記念の盾に○○年優秀選手・氏名等の刻印がなされるので、最低でも表彰式前1ヶ月ぐらいは必要とされています。

 

小学生・中学生・高校生・一般男子(革)・一般男子(ゴム)壮年(40歳代)実年(50歳代)・シニア(60歳代)ハイシニア(67歳以上・65歳以上から毎年1歳づつ引き上げられている)・レディースと、特別表彰(全国大会等で優秀な成績を獲得)がなされます。

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

昨日は、9:15分に吉野川南岸市民運動公園・サッカー場に行きました。

 

第19回・I地区歩こう大会に参加するためです。

この大会は私が若い頃に始めたI地区運動会が、二十数年後に地元T中学校の校舎建て替え工事のため3年間中断しました。

 

そしてそのまま運動会が開催されることは無かったのです。

そこで運動会に変わる行事として、19年前から歩こう大会を開催し現在に至っています。

 

一昨年迄は初級者用の4kmコース、中級者用の6kmコース、上級者用の10kmコースが有りました。

しかし昨年から時間の都合で10kmコースが廃止されました。

 

因みに私は10kmコースを90分程で完歩していましたが、遅い方は150分も要するのです。

 

なので、それぞれの折り返し地点で完歩証を貰い、スタート地点のゴールが有る大会本部に遅く帰着しても、誰も居ないとクレームが有るのです。

 

そこで大会本部は解散も出来ずに、最後の参加者が帰り着くまで、何時までも待たないとイケマセンでした。

そんなこんなで最近の実行委員会で10kmコースを廃止にしたとの事でした。

 

昨日は9:30分から開会式が始まり、K町内会連合会会長・地元選出のK県議会議員・M市議会議員のご挨拶と、地元S小学校F校長・T中学校S校長のご来賓の紹介がなされました。

 

その後、I地区体育協会N理事長の説明と、Y副理事長のラジオ体操と、徳島ウオーキング協会指導員によるストレッチが行われました。

 

そして9:50分に6kmコースからスタートして行きました。

私はN先導員に、「毎年のように、マイペースで歩かせて頂きますので」とお断りをして歩きました。

 

小学生高学年や中学生はジョギングして行きました。

 

私は先頭集団より300m程先行して歩きました。

勿論、毎晩日課のウオーキング時と同様に、足首に1kgづつの重りを装着して歩きました。

 

3kmの折り返し地点で完歩証を頂き、そこからスタート地点へ向かいました。

所要時間は27分でした。

 

そこからゴールまでの3kmも27分間で歩き、6kmの所要時間は計54分間でした。

1kmを9分間で歩いた事になります。

 

19年前と歩く速度は変わっていないのが不思議でした。

 

途中で4kmコースの方々を全員追い抜き、ジョギングでゴールした小学生・中学生を除き、断トツの1位でのゴールでした。

 

直ぐに大会本部に行きK会長等に、「吉野川北岸で、徳島県中学校ソフトボール新人戦大会を開催中なので」とお断りをして中座させて頂きました。

 

そこから北岸に行きました。

丁度男女とも準決勝の途中でした。

 

決勝戦は男子が鳴門教育大学付属中学校・鳴門市第一中学校・徳島市上八万中学校連合チームー徳島文理中学校で連合チームが優勝しました。

 

女子は美馬中学校・岩倉中学校連合チームー阿南中が学校で連合チームの優勝でした。

 

試合後に表彰式・閉会式が行われ、私からそれぞれ表彰状と優勝旗を授与させて頂きました。

 

後片付けを終え、何時もの通りミーティングを行いました。

T球場主任よりM審判長に対し、試合途中のプレーと審判員の判断について質疑応答が有りました。

 

何時ものようにM審判長がその時のプレーを確認され、担当審判員としての適切なジャッジメント等の解説をされました。

 

その後、解散をしました。

 

S理事長の話で、「会長、明日は私とT副理事長・D常務理事・M理事の4人で、高知県春野運動公園までお借りしていたネットフェンスを返却しに行って来ます」との事でした。

 

先日行われた全国大会にお借りしていたネットフェンスなのです。

本当にご苦労様です。

 

最後の最後までお世話になり、有り難うございます。

ただただ感謝有るのみです。

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

先日、日本ソフトボール協会創立70周年記念・第33回・全日本シニアソフトボール大会が無事終わりました。

 

なのでその報告とお礼を兼ねて仕事の合間に、プログラム(小冊子)への協賛広告を頂戴しました企業・団体へ協賛広告が掲載されました小冊子を持参しお礼に廻っています。

 

今までにも、西日本大会や全国大会開催時には何度もご無理なお願いをし、その都度協賛広告を頂戴しておりました。

 

各企業・団体とも代表者の方が、「あなたに頼まれるとイヤと言えないから」と快く協賛して頂きました。

 

反対に私の事務所も、仕事の関係や地元の行事で、家主様や地区役員の方々から協賛広告を依頼された時には、息子が協賛広告をしています。

 

私が代表者の時からの協賛広告も、未だに続いていますが。

 

地元の家主様や地区役員からは、運動会・カラオケ大会・敬老会・婦人会運動会・少年野球大会・少年サッカー大会・少女バレーボール大会・体育協会等々の広告が多いのです。

 

まだ他にも協賛広告の依頼が有りますが、息子がその時々で判断をしているようです。

 

仕事柄、開店花輪や観葉植物・生花等々も息子が贈っているようです。

 

そんなこんなで協賛広告をお願いに行くと言う事は、貸し借りが出来るのですが。

此方が依頼すれば、先方から頼まれればイヤとは言えないのです。

 

なので成る可く一方通行の、企業・団体にお願いするようになるのです。

それでも何度も何度もお願いに行くと嫌な顔をされる事も有りますが。

 

それでも幸いにして、「あなたが会長の間は仕方がないから」と協賛して頂いています。

 

私は今期末(2019年12月31日)で徳島県ソフトボール協会の会長を退きます。

 

なので残り期間は2ヶ月半となり、後は四国レディース吉野川杯・四国一般男子会長杯(革ボール)が大きな大会です。

後は小学生大会・中学校新人大会・高校新人大会があります。

 

そして12月には本年の優秀選手表彰式が行われ、年明けの1月中旬迄に新年度(2020年1月1日〜12月31日)総会が開催されます。

 

その総会での事業報告・収支決算報告が終わり、役員改選までが私の会長(議長)としての職務です。

 

その後、理事選考委員会のメンバーが発表され、承認された後に休憩となり、選考委員会が別室で開かれます。

そして新たな理事が選考され、総会の再開後に理事の承認がなされます。

 

この理事は審判員代表・記録員代表・小学・中学・高校代表・各支部代表・各チーム代表(一般・壮年・実年・シニア・ハイシニア・レディース)等々から部門別に選考されます。

 

その新理事に先行された方々が再度総会を休憩し、第1回の理事会を開催し、役員を決めるのです。

 

即ち、会長・副会長(複数)と常務理事(審判・記録・総務・財務・広報・女性・支部強化・国体・技術)の各委員長と事務局長を決めます。

 

その後に総会が再開され役員の承認を頂きます。

 

そして前会長の退任の挨拶と、新役員を代表して新会長・新理事長の就任の挨拶が行われます。

 

そこで議長が交代し、新会長が新しく議長に就任し総会の後段に進み、新年度事業計画(案)・収支予算(案)を提案し承認を頂きます。

 

県ソ協会もS理事長・M審判委員長の縦のラインがが芯になり、M副会長兼財務委員長がお目付役で、上手く運営が出来ています。

 

後顧の憂いもなく、安心してスンナリと交替が出来るのです。

 

S理事長が推薦した中堅の常務理事が、本当に良く責任を果たされて大いに助かっています。

 

今後2年間は大きな大会(全国・西日本・日本リーグ)は開催しないし出来ないと思います。

しかしその次の大会までに全ての経験を蓄積され、大きな大会を開催されると思います。

 

何でも、何処の団体でもそうですが、「若者や中堅の方々に全面的に任せれば、彼等は必ず責任を持って遣ってくれるものなのです」。

 

何時までも古株が、ベテラン面をして居座ってはイケナイのです。

 

その為にも是非とも県ソ協会にも新年度から、日本協会や他県並みの定年制を導入して頂きたいと思います。

 

会長・副会長75歳迄、常務理事73歳迄、理事70歳迄の規約を制定を。

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

10月4日(金)14:00分から、徳島市体育振興公社の2階の大会議室で、監督会議が行われました。

48チームの監督が一同に会し、日本協会派遣のM理事の下に会議の進行が為されました。

 

監督会議終了後の16:00分から隣の建物の、徳島市体育館(トモニプラザ・徳島銀行命名権)で開会式が開催されました。

 

徳島県I知事や徳島市E市長代理・教育次長をご来賓にお迎えし、全国47都道府県から予選を勝ち抜かれた48チーム(地元出場枠1チームを含む)が、北は北海道から南は九州沖縄までの選手1200名程が、団旗等を持って整列されました。

 

各県の監督・選手等も、「この大会に県知事が出席されるのは珍しいことですね、今までこの大会では初めてではないでしょうか」との事でした。

 

I知事さんには前回の全日本ハイシニア・ソフトボール大会の開会式にもご臨席を賜りました。

 

定刻16:00分に徳島県ソフトボール協会のS理事長より、「日本ソフトボール協会・創立70周年記念、第33回・全日本シニアソフトボール大会の開会を宣言致します」と開会宣言が有りました。

 

主催者を代表し日本協会派遣M理事の挨拶が行われました。

 

ご来賓のI知事のご挨拶では、日本ソフトボール協会派遣M理事(大阪府協会理事長)も、「県知事の長いご挨拶で原稿も無く、あの様に言い淀むこともなく、国体開催種目等も何処で・・・・云々と凄い知事さんですね」とも。

 

また、「あのご挨拶をお聞きしながら、大変失礼ですが地方のしかも人口も少ない県の知事が、全国知事会の会長をされる理由の一端が解ったような気がしました」と。

 

そして、「頭の良さが話し振りに出ていますね」とも。

 

最後に今大会の選手宣誓を、地元選出チーム・藍住GMの主将が、力強く声高らかに立派な宣誓をされました。

 

第一日目終わりました。

 

翌日10月5日(土)は7:00分、大会会場の吉野川北岸・徳島市民運動広場・ソフトボール場の本部(移動式大型事務所)前に集合しました。

 

前日からお越しの各県(香川県・高知県・愛媛県・岡山県・広島県)の派遣審判員・記録員の先生方(32名)も7:30分には集合されました。

 

第二日目、役員・審判・記録のミーティングが行われました。

 

ここでも日本協会のM理事、主管協会の会長の私、同じくS理事長の挨拶が行われ、M副理事長兼審判長(日本協会・審判委員会委員)より、大会規約に基づき注意点等の説明がなされ、そして最後に審判員のグラウンド別(8面)の審判割りが発表されました。

 

各面とも8:30分迄にオーダー表の提出、その後オーダーのチェックも有り両監督にも確認し、巧守のコイントスが行われ、後攻チームよりフィールディングが5分間づつ行われました。

 

その後に再度グラウンドの整備がなされ、9:00分にプレイボールとなりました。

心配されました天候も最高の秋晴れとなり最高のコンディションでした。

 

16:30分にはベスト16チームが決まり、第二日目が終わりました。

 

10月6日(日)は7:30分の集合でした。

会場に設けられました本部(移動式大型事務所)ではS理事長が寝不足顔でおりました。

 

なので私が、「S理事長、何時に起床したのですか」と聞くと、「会長、昨夜の雨が心配だったので3:00分に起床し、会場のグラウンドが心配なので、見回りに来ていましたので、眠る間も有りませんでした」と。

 

M審判長曰わく、「会長、早朝の4:00分頃にS理事長から電話が有り、雨が降り水溜まりが出来ているとの事でしたが、窓から外を観ても真っ暗で見えませんでした」と笑っていました。

 

しかし朝の7時30分の集合時間には晴天となり、風も吹き最高のコンディションとなりました。

みんなが、「悪運イヤ強運の持ち主の晴れ男の理事長」と笑っていました。

 

試合も順調に進み、夕方にはベスト4が出揃いました。

 

中には戦前の予想が外れる番狂わせも有りましたが、さすがベスト4のチームは全国的に名の知られた強豪チームばかりでした。

 

広島県・タートル広島、 滋賀県・レイクユニオンズ、 熊本県・K・Sクラブ、 高知県・土佐土建,がベスト4に勝ち名乗りを挙げました。

 

その後に、前日同様ミーティングを開き、M派遣理事の挨拶と私の派遣審判員・記録員の先生方にお礼を申し上げました。

 

その後、各県からの派遣審判員・記録員がお帰りになられました。

ただ毎日夜遅くまで本部事務所で発電機で照明し、Y記録長始め一部派遣の記録の先生方等で記録の集計業務をして頂きました。

 

大変ご苦労さまでした。

何とか第三日目も終わりました。

 

第二日目が終わった時に、私とS理事長やM審判長と、「ココまで終われば何とか見通しが付いた」とホッとしました。

 

10月7日(月)、第四日目も7:30分の集合でした。

 

準決勝戦は9:00分開始、Aグラウンドで滋賀県・レイクユニオンズー広島県・タートル広島、Bグラウンドで熊本県・KSクラブー高知県・土佐土建でした。

 

決勝戦は11:30分開始で、滋賀レイクユニオンズー熊本県KSクラブでした。

 

優勝・熊本県KSクラブ、準優勝・滋賀県レイクユニオンズ、第三位は広島県・タートル広島と高知県・土佐土建でした。

 

試合後に表彰式・閉会式が行われました。

 

日本協会派遣M理事の講評とご挨拶があり、優勝チームの熊本県KSクラブに表彰状・優勝カップ・優勝旗が手渡されました。

また準優勝チームの滋賀県レイクユニオンズにも準優勝の表彰状とカップが手渡されました。

 

その後、優勝チームにはM理事が、準優勝チームには私から金メダル・銀メダルを整列された選手全員の首に掛けさせて頂きました。

 

三位のチームにも、試合後にそのグラウンドで整列して頂き、同じように表彰させて頂きました。

 

この大会は天候に恵まれました。

また試合上のトラブルや事故・怪我もなく無事に終わる事が出来ました。

 

ただ1つだけ、九州の県代表チームが第一日目が終わった夜に、チームの選手の中にご不幸が起き急遽選手が不足となりましました。

 

翌日、大会規約通りに早朝会場の本部事務所で、日本協会M派遣理事と大会競技委員長のS理事長の立ち会いで監督から事情説明を受けました。

 

その後、対戦相手先の監督をお呼びし、M派遣理事から説明がなされました。

 

M派遣理事の話では、「今後開催される日本協会の総務委員会で、当該チームの対応等を審議・検討される事になる予定です」との事でした。

 

その他には何ごとも無く、本当に良い大会だと参加チームの監督さんや選手の皆さんにお褒め頂きました。

 

これも偏に、理事役員は勿論の事、県内のソフトボール関係者を始め、行政の徳島県や徳島市体育振興公社の方々のご指導・ご支援・ご協力の賜でございます。

 

また審判員・記録員を派遣して下さいました各県協会にも感謝しています。

心より御礼を申し上げる次第でございます。

 

また理事・役員の皆様には大会前から仕事を休み、高知協会・徳島県阿南市、徳島県三好市までトラックと共にフェンスやネットをお借りしに行って頂きました。

 

感謝・感謝でございます。

 

またネットをお借り致しました徳島県軟式野球連盟のS理事長様を始め、搬送のお手伝いを頂きました連盟の方々にも厚く御礼を申し上げます。

 

最後になりましたが、大会の使用球に指定されてもいないN・K株式会社(Kボール)の中四国責任営業マネージャーS様には毎日早朝より湯方遅くまで何かとお手伝いを頂き助かりました。

誠に有り難うございました。

 

これで来週10月13日(日)は中学校新人大会、10月27日(日)は四国レディース大会・吉野川杯、11月には四国一般男子(革ボール)大会が開催の予定です。

 

12月中旬には令和元年度の優秀選手表彰式があり、令和2年1月中旬には総会が開催されます。

 

来年はオリンピック開催年でもあり、オリンピックが開催されます7月下旬までに各種大会が終わっていなければイケナイのです。

なので地方の県予選は遅くても3月初旬までに、地区予選の四国大会も5月初旬までに、全国大会も7月初旬までに。

 

来年度の総会は日本協会・西日本協会・四国協会・県協会とも役員改選(2年間)期になっています。

この度の大会で各県の理事役員の改選や任期、年齢制限(定年)の話を聞く事が出来ました。

 

やはりお隣の香川県と同じで、会長・副会長は75歳、理事長・副理事長・常務理事は73歳、理事は70歳だそうです。

 

定年制が無ければ、中には辞めて頂きたい役員・理事が辞めないし、また「辞めて下さいとも云いにくいので」との事でした。

 

私がS理事長に、「来年度の総会で定年制を設けたら良いのでは」と云いましたが、彼曰く「内は今までは理事役員は順調に交替して頂いたので、規約で決めるまでもないのでは」と、余り乗り気では有りませんでした。

 

県協会は誰が決めた訳でもないのに、自営業者と県議会議員が2期4年の交代で会長職をしています。

 

私の任期も残り3ヶ月ほどになりました。

1月中旬の総会まで頑張る所存です。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

昨夜、徳島県ソフトボール協会のS理事長から電話が有りました。

 

iPhone

第一声は、「会長、皆さんのお陰で何とか大会が開催出来るようになりました」と。

 

そして、「今日も数名の理事役員が仕事を休み、高知県まで内・外野用フェンスを借りに行き、夕方にはグランドに降ろしました」との事。

 

なので後は、4日(金)〜7日(木)の全日本シニア・ソフトボール大会が開催される4日間の天候が心配でした。

 

雨

しかしS理事長は自分でも、「私は悪運が強いし、晴れ男やから大丈夫と思います」と。

彼が理事長に就任し、大きな大会(全国・西日本・日本リーグ)を主管して雨天で流れた中止した大会は無いのです。

 

2年前に日本女子ソフトボール1部リーグ徳島大会も、台風が連続で徳島に上陸しましたが、最終の予備日で大会が出来ました。

またその次の年に開催された日本女子ソフトボール1部リーグも、雨の心配が有りましたが何とか開催出来ました。

 

それほどS理事長は晴れ男なのです。

 

だから今回の全国大会も、台風が韓国に上陸し日本海に抜けて低気圧になりますので、その余波で雨の心配が有りますが多分大丈夫だろうと思います。

 

 

大きな全国大会等を開催すると、準備が大変なのです。

先ず第一にグラウンドが8面は確保しないとイケマセン。

 

徳島市体育振興公社が管理されているソフトボールグラウンドは、吉野川南岸に4面と北岸に4面が有ります。

しかし大会会場が遠く離れると、大会運営上に支障をきたします。

 

なので今回は北岸にある4面と隣りに在る野球場1面・サッカー場1面、すこし離れた北岸の名田橋のグラウンド2面の計8面のグラウンドを使用します。

 

なので内・外野用のフェンスやネットが8面分必要なのです。

 

県ソ協会は4面分の外野ネットを所有していますが、後4面分が不足します。

 

そこで何時ものように、徳島県所有のフェンス1張り、阿南市ソフトボール協会専用フェンス2張り、三好市ソフトボール協会専用の1張り、高知ソフトボール協会からお借りするフェンス1張りと、今回徳島県が新たに購入して頂いた1張りでの設営になります。

 

徳島県

外野用フェンスは全て帆布製のモノで、内野用はネットを張り巡らすだけのグラウンドも有るのですが。

 

前回の国体四国予選会が高知県春野市で開催された時に、徳島県のI知事が激励に駆け付けて頂きました。

県ソ協会のN事務局長や県スポーツ局のU係長が、「知事が間もなく到着されますので、お出迎えをお願いします」との事でした。

 

そのご試合会場のネット裏で応援しながら、I知事に陳情させて頂きました。

 

私が、「知事、高知県のようにソフトボール専用球場とまでは云いませんが、せめて帆布製の外野フェンスを購入して頂けないでしょうか」と。

 

そこで私が驚いたのは、その時I知事曰わく、「鳴門球場に1面分と阿南の橘湾に在る県有施設に2面分が有り筈ですが」と。

 

県庁

本当にI知事は、そのような細かい事まで知っていて覚えておられるのかとビックリしたものです。

 

なので私が、「徳島市で開催する大きな大会に、鳴門市や阿南市・三好市から借りて来ると、往復の運賃だけでも毎回○○万円が必要になり県ソ協会の負担が大きいのです」と申し上げました。

 

徳島市

その時にはI知事は、ニコニコされていただけでしたが。

 

しかし今年度になり徳島県スポーツ局より連絡があり、ソフトボール専用内外野フェンス1張りの予算が認められました」と。

 

S理事長から連絡があり、「早速スポーツ店から見積もりを徴収し、県当局とも相談しながら、10月の全国大会に間に合うようにします」との事でした。

 

先般開催されました高校男子の練習親睦試合大会(西日本の有志高校)に、そのフェンスを使用しました。

 

S理事長から10:30分に電話連絡があり、「会長、会場に県当局の担当者が、購入フェンスの確認に来られているので、お忙しいでしょうが、ご挨拶にお越し下さいませんか、多分午前中は居られますので」と。

 

急いで吉野川北岸徳島市民運動広場・ソフトボール場に11:00分に行きました。

 

高校大会中でしたが、新規購入のフェンスが張られていました。

しかし県ソ協会の役員の話では、「会長、つい今しがたS理事長も県当局の方もお帰りになられました」との事でした。

 

お礼を申し上げられずじまいでしたが、今度の全国大会にはI知事にお越し頂き、ご祝辞を頂戴する事になっていますので、その時にお礼をと思っています。

 

なんとか天候に恵まれて全国大会が無事に済むように祈るばかりです。

 

何時も献身的にご協力を頂いています理事役員を始め、協会関係者の方々やソフトボールチームの方々には厚く御礼を申し上げる次第でございます。

 

そして最後は天候次第ですが、強運のS理事等の晴れ男に掛けるしか有りません。

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

朝8:00分に吉野川北岸・徳島市民運動広場・ソフトボール場に行きました。

 

第17回・四国ハイシニアソフトボール大会が開催されました。

 

前日の夕方に、徳島県ソフトボール協会のS理事長から電話がありました。

「会長!今グラウンドに来ていますが、雨が降っているので明日の大会はどうなるか判りません」と。

 

そして、「取敢えずこの天候なので、明日の朝6:00分に決定しますから」との事でした。

また、「少々の雨なら、思い切って遣る予定ですので、明日またご連絡をします」と。

 

S理事長は、「会長!このような天候なので、もし大会が開催できても監督会議も開会式も行わず、直ぐに第一試合を始めたいと考えていますので」とも。

 

なので私も、「遠方からお越しいただくので、なるべく早い時間に試合が出来た方が良い」と。

 

電話の後で私は、S理事長は晴れ男なので、きっと大丈夫だろうと思っていました。

今までにも前日まで大雨が降っていても、大会当日には雨も止みグランドを整備すれば出来ました。

 

それでも今回は台風が北上し、沖縄・九州地方に近づき、秋雨前線を刺激して雨天となっていたので心配をしていました。

 

早朝6:20分頃に、県ソ協会の常務理事・S総務委員長からLINEで、「関係者の皆様、本日の大会は予定通り開催します」と連絡が入りました。

 

てっきり中止か開始時間を遅らせて始めるかのどちらかだと自宅待機をしていました。

慌てて自宅を出て会場に行きました。

 

既に第一試合(9:00分)のチームが来ていてアップをしていました。

また県ソ協会の審判員・記録員も来て設営をしていました。

 

本当にS理事長は晴れ男だと感心しました。

自分でも、「私は悪運が強いから」と冗談を言っていましたが。

 

8:00分からM審判長(副理事長)の進行でミーテイングが行われました。

 

そして審判割が発表され、8:30分までにベンチ入りをしてもらい、30分には審判員により両監督にオーダー表の確認をして頂きました。

 

私は初めは本部のBグラウンドで、途中からCグラウンドで観戦しました。

試合もスムーズに進行し、決勝戦はBグラウンドで13:00分開始で行われました。

 

決勝戦は高松ハイシニアー八幡浜ハイシニアの対戦でしたが、八幡浜ハイシニアが優勝されました。

 

試合後には直ちに表彰式が行われ、私から四国ソフトボール協会N会長に代わり賞状と優勝旗を授与させて頂きました。

 

続いて徳島県ソフトボール協会より賞状を授与させて頂きました。

後片付けが終わり、M審判長から諸注意があり、試合後のミーティングを終え解散しました。

 

本当にグラウンドは最高のコンディションとなっていました。

S理事長は本当に悪運が強いのかどうか、晴れ男の面目躍如でした。

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

毎週水曜日は全国的に、不動産業界は休業日(定休日)を採用されている業者が多いのです。

 

ハトマーク

これは、土日には分譲土地の売り出しや、賃貸物件を探しに来られるお客様に対応するためだと言われています。

 

不動産

また水曜日は週の半ばでもありますし、不動産売買の契約・取引が水に流れるのを嫌った験担ぎからだとも。

 

なので世間のお客様も、水曜日は不動産屋は休業日(定休日)となっているとの認識が拡まっています。

それは理容店・美容店が月曜日が定休日だと世間に認知されているのと同じなのです。

 

散髪

だから私の事務所にもお客様から電話が掛かりますと、「えっ!水曜日なのに営業をされていますか」と驚かれる事があります。

 

ですが、やはり水曜日には来客も電話も極端に少なくなっています。

なので息子からは、「水曜日は午後から帰宅しても良いから」と言われます。

 

いしべっち

昨日も、それならと10月5日〜7日の3日間、徳島市で開催されます、「日本ソフトボール協会・創立70周年記念・第33回全日本シニアソフトボール大会(日本ソフトボール協会主催・四国ソフトボール協会協賛・徳島県ソフトボール協会主幹)」の協賛広告のお願いに回りました。

 

この前の理事会で、S理事長より、「各理事の皆様には、1社でも2社でもイイので、協賛広告を頂くようにお願いします」と言われていましたが、スッカリ忘れておりました。

 

そして、その締め切りが次の臨時理事会が開催されます、10月8日(日)9:00分(T、T&R)に、持参する事になっているのです。

 

またもう1件、県ソ協会のN事務局長からも依頼をされておりました、大会プログラムの巻頭に掲載します、協会長挨拶文も忘れていました。

 

なので昨日は午後から、急いでパソコンに向かい挨拶文を打ちました。

 

パソコン

急いで作文したので、N事務局長には拙文の校正や推敲をお願いするつもりです。

 

それから、お願いに回る企業に出掛けて行きました。

 

どこの企業の代表者も私の迷惑なお願いにも、、「あなたに頼まれたら断れないから」と快く広告を出して頂く事になりました。

早速その場で県ソ協会の広告依頼文をお渡しし、領収証も合わせてお渡ししました。

 

本来ならば、先に広告の依頼分を企業宛に発送し、後日お伺いをし広告料を頂戴すべきなのですが。

しかしながら今回は、何やかやと忙しさにかまけての仕様でした。

 

先ず団体に行きますと、丁度その団体の会長が事務局長と懇談されておりました。

なので広告のご依頼をさせて頂き、久し振りに長話をさせて頂きました。

 

そこから海岸部に在る企業に行き、代表者とお会いしました。

私が、「ご無理なお願いに参りました」と挨拶をしました。

 

それでも嫌な顔もされず、会社の仕事の内容や今後の経済の先行きの話を長々とさせて頂きました。

また新規に工場に導入された機械設備も見せて頂きました。

 

古い機械設備を2箇所分撤去し、最新型機械設備を投入したとの事。

工場内を案内して頂きましたが、若い従業員ばかりなので驚きました。

 

中には若い女性従業員の方々も大勢働かれておりました。

 

女性

※写真はイメージ

そこを辞し、徳島市内の中心部に車を走らせました。

家主様との約束で、リフォームされたマンションの内見を16:00分〜17:00分に約束をしていました。

 

車の時計を見ると16:00分でした。

最後の企業に着いたのが16:15分、駐車場を探しコインパーキングに車を駐めました。

 

直ぐに社員の方が代表者に連絡をして頂き、「お待たせしました」とお越し頂きました。

そこでも同じように広告依頼文をお渡しし、大会説明をあせて頂き、広告料を頂戴致しました。

 

コインパーキング時計を見ると16:45分で、慌てて車を走らせ家主宅まで行きました。

 

家主様の駐車場で時計を見ればジャスト17:00分でした。

 

それからリフォーム済みの部屋を内見させて頂きました。

家主様から、「社長さん(息子)には、LINEで子細をお伝えさせて頂きましたから」との事でした。

 

LINE

そして応接室で、駐車場料金の消費税増税後の対応について話し合いました。

10月1日から10%になると、内税と外税では大きな差額になるからです。

 

以前では駐車場代は勿論の事、賃貸料金でも消費税を貰っていない家主様も居られるのです。

 

18:00分まで居て、そこから近くのFスーパーで買い物をし18:30分に帰宅しました。

 

昨日は急な、そしてまたご無理なお願いを致しまして申し訳ございませんでした。

またご協力して頂き誠に有り難うございました。

 

締め切りに間に合って良かったと感謝しています。

 

全国大会まで後1ヶ月となりました。

 

この大会には徳島県I知事のご出席を賜り歓迎のご祝辞を頂く予定ですが、全国知事会会長にご就任されたので、ご多忙の中スケジュール調整が果たしてどうなるのかと心配しています。

 

県庁

後は台風やゲリラ豪雨が来ないようにと願うばかりです。

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

10:15分に吉野川北岸・徳島市民運動広場・ソフトボール場・Bグラウンドに行きました。

 

M副会長・S理事長・M審判長に挨拶をし、10:30分に第2試合が始まったので、私は所用のため事務所に行きました。

そして13:00分まで事務所にいて、近くのふれあい健康観2階の研修室に行きました。

 

徳島古代研究所の講座に出席するためです。

昨日の講座は、「邪馬臺国(やまとこく)阿波の証明(1)」との検証報告シリーズ靴任靴拭

 

講師は徳島古代研究所S所長でした。

 

予約は80名でしたが、何時もながら100名以上の受講者で満席でした。

13:30分〜16:00分となっていましたが、受付が混雑し13:40分〜16:30分までの講座でした。

 

「三国志・魏志」巻三十東夷伝・倭人「魏志」倭人伝の記述を基に、大昔からの論争や争点を踏まえ、東大の九州説、京大の畿内説の矛盾や、九州説の方角の矛盾や水行・陸行の矛盾等々の説明がなされました。

 

講座資料の最終ページには魏志倭人伝の和訳も添付されておりました。

 

またその中の記述に、「真珠・青玉を出だす・・・」や、「その山に丹(朱)を有り・・・」云々の説明もなされました。

 

そしてついこの前に徳島県阿南市(旧・那賀郡・ナガノ国)加茂谷町で発掘された古代集落遺跡(加茂宮遺跡)の朱の生産関連で、遺跡近くに在る若杉山遺跡「古代の丹(朱)採掘跡)の説明もありました。

 

加茂宮遺跡は、新聞報道では三重県で発掘された遺跡よりも数十倍の大きな規模の遺跡だとか。

なので全国の考古学者からも注目をされています。

 

昨日の講座での魏志倭人伝の記述には、女王が朱を魏王に朝貢したと記述されているのです。

この事だけでも九州説・畿内説には無理があるのだとも。

 

この時代には何処にも丹(朱)が採掘されていた記録がないのです。

 

私が子供の頃(小学生)に住んでいたのは徳島県那賀郡富岡町と云う所でした。

故・父親が徳島県地方事務所・土木部(後に・徳島県阿南土木事務所)に土木技師として勤務していました。

 

そのため道路建設や補修で測量・設計をしていたのです。

なので父親が、「明日から仕事で丹生谷へ行く」とよく云っていました。

 

那賀郡富岡町から那賀郡内の、鷲敷・相生・木頭・木沢方面、所謂山奥を丹生谷地方と言っていたようです。

子供の頃はなんとも感じなかったのですが、高校生の時に丹生谷(つまり丹を生産する谷)の意味を知りました。

 

高校で地理のK先生(後に徳島文理大学教授)から教えて頂きました。

 

社会科(地理・歴史)が大好きであった私は、中学校の社会科のY先生から何時も褒められていたのも、社会科大好き人間になった要因かも分かりません。

 

また理科のK先生から教わった勝浦郡勝浦町で化石が多く採取されるとの事で、今は亡き同級生のO君と日曜日に勝浦までバスに乗り、化石採取に行きました。

 

バス停から直ぐ近くの谷間に入り、金槌で石を割りました。

運が良かったのか、二人とも直ぐに化石を見付け、バスの時間もあり帰途につきました。

 

月曜日にT中学校でK先生に化石を渡しました。

先生も驚いていましたが、「これは理科室に置いて皆に見て貰うから」との事でした。

 

昨日の阿南市加茂谷町の加茂宮遺跡の発掘調査に3年程知人が行っていて、丹(朱・辰砂)の生産道具類を掘り当てました。

そのモノが昨日の資料の写真に掲載されていました。

 

その時の喜びは、いかばかりで有ったのかと思いました。

 

魏志倭人伝に曰わく、「その国は四方を海に囲まれ、海を越えればまた倭種の国が在り・・・」と。

しかし方角・距離・人数等々には中国独特の誇張表記がなされていると。

 

しかしS所長は何十冊・何百冊もの大学教授の発行本や、各種の資料で40年間も研究をされおられるとか。

 

資料に基づき比較研究されていて、魏志倭人伝の記述通りピタッと当て嵌まり、矛盾がないのが邪馬臺国は阿波だと言われておられました。

 

私のような古代史にはズブの素人には、「その山(邪馬臺国の山)に、丹(朱・辰砂)有り・・・」の記述だけでも阿波説が正解ではないのかと思います。

 

また次回の研究発表講座を楽しみにしています。

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:歴史

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。