昨日の土曜日は朝から仕事のため、地主様と大手ハウスメーカーの間を行き来していました。

 

その時、徳島県ソフトボール協会のS理事長から電話がありました。

 

徳島ソフトボール

「会長、今日は何時ごろ会場に来られますか」と。

 

私が「今日は開会式もなく、夕方16:00開会の定時理事会には出席しますとN事務局長には連絡してあります」と。

 

理事長曰く、「組合せで試合が早く終わると、今日の最終試合に決勝戦を行いますので、昼過ぎには来て頂けませんか」との事でした。

 

12:00分に仕事を切り上げ、会場の吉野川北岸市民運動広場・ソフトボール場へ行きました。

 

ソフトボール

試合会場でM副会長やS理事長と懇談しながら、中学男女・準決勝戦を観ていました。

 

徳島 ソフトボール

その後、Aグランドで男子の決勝戦が行われ、中盤以降に実力差が出てK中学がN中学を下し、2年目15回目の優勝をしました。

 

徳島 ソフトボール 徳島 ソフトボール

試合後、直ちに表彰式に移り私が表彰状と優勝旗を授与させて頂きました。

女子の決勝戦は翌日16日(日)9:00分から行うことになりました。

 

15:30分に後方付けを終え、理事会の開催される会場に行きました。

北矢三町に在るT・R&Tの1階で16:00分から開催されました。

 

吉野川

N事務局長の司会進行で、私の挨拶の後S理事長が議長となり、議事の進行があり5議案が承認されました。

 

理事会終了後、引き続き平成28年度・優秀選手並びに奨励選手選考委員会に移行しました。

 

徳島県ソフトボール協会

記録委員会から提出された資料を基に、小学・中学・高校の専門部長等からの添付資料を参考にし、

各委員から意見の集約がなされました。

 

S理事長になり、チーム数減少に伴い、優秀選手選考数を半減させた経緯があります。

そのため大変厳しい選考にもなりました。

 

どうしても選考定員オーバーになる場合、どうしてもこの選手は落とせないと云う時には、会長推薦でという事もありました。

 

徳島県ソフトボール協会

他には一般(革)・一般(ゴム)・実業団・レディース・壮年・実年・シニア・ハイシニアを選考しました。

またチーム表彰等も選考し、改めてK高校(全国大会3位)が決まりました。

 

昨日の選考結果は例年通り、新聞紙上での発表があるまで箝口令が敷かれました。

勿論、理事会での決定事項については以前からも、絶対に口外禁止とされています。

 

12月4日(日)10:00分からホテル・Sにて表彰式が開催されます。

 

徳島県ソフトボール協会

役員・理事の方々には8:00分集合で、会場の準備設営をお願いしました。

 

助任

今年の事業の締めくくりとなりますので、宜しくお願い申しあげます。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん
べーやんは 2017年も 阪神タイガースを 応援します(57年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

 

昨日は5時30分に起床し、雨戸を開け直ぐ横のS小学校の運動場を見ました。

 

助任校区

すでに数名の教員が運動場を整備されておりました。

 

朝刊を読み終え朝食が済んだ6:45分に、S小学校の教頭先生から電話があり、「今日の運動会は1時間遅れの10:00分から開会しますからと」の事でした。

 

iPhone

自宅から歩いて1分で本部席に着き、受付でT校長先生にご挨拶をし来賓席に行きました。

 

10:00分に児童の司会進行で開会式が行われ、国歌の流れる中で国旗掲揚がなされ、続いて運動会のスローガンの垂れ幕が吊り下げられました。

 

助任 運動会

児童代表の開会宣言の後で校長先生のご挨拶がありました。

いよいよプログラムの始まりで、全児童によるマスゲーム(準備体操)が行われました。

 

助任 運動会

徒競走やリレーを始め、趣向を凝らした種目が次々と学年別に進行して行きました。

12:00分前に午前の部の最終種目で地元のI音頭とマスゲームがありました。

 

助任 運動会

その後にT校長先生が来賓席にこられ、昼食のお弁当を用意しておりますのでどうぞ」とお誘いを頂きましたが、毎年私は午前中で失礼しており、K体育協会会長・T中学校Y教頭先生とともに辞去させて頂きました。

 

その足で、徳島県ソフトボール協会主催のシニアソフトボール会長杯大会の会場に直行しました。

 

徳島ソフトボール

予定では12:30分から決勝戦が行われる予定でしたが、こちらもグランド状況が悪く、試合時間を1時間遅らせて10:00分から開会でした。

 

12:50分に大会会場の吉野川北岸市民運動広場ソフトボール場に着きました。

 

ソフトボール

A・Dグランドでは四国高校教員大会が行われており、会長杯はBグランドで未だ準決勝戦の2試合目の5回表でした。

13:30分からAチーム対Kチームで決勝戦が行われました。

 

結果は常勝チームのAチームが優勝しました。

 

徳島 ソフトボール 徳島 ソフトボール

直ぐに表彰式に移り、私が表彰状優勝旗を授与させて頂きました。

 

Aグランドでは四国高校教員大会の決勝戦の途中でしたので、試合が終わるまで観戦しておりました。

 

M審判長から話があり、「今日は大会終了後に審判委員会がFコミセンで開催しますので、ご都合が良ければ出席をして頂けませんか」と。

 

私が「審判委員会担当のM副会長が居るのに」と言うと、「M副会長は所要で出席出来ないので」との事でした。

 

全ての試合が終わり、他の審判員会のメンバーが待つFコミセンに急いで行きました。

他のメンバーは1時間以上も待たれており、申し訳ない事をしました。

 

コミセン

早速M審判長の司会進行で始まり、私の挨拶の後すぐに第4回・委員会の研修・反省会に入りました。

 

前回から以後に起きた事例を、M審判長がパソコンでプリントアウトしたものを配布し、検証し反省し研修するものです。

 

どの事例も落ち着いて良く考えれば解るケースなのですが、ジャッジメントは咄嗟に起きたプレーに下す訳ですから

判断が鈍り迷い判定を間違う事が起きるのです。

 

そしてチームの監督からプロテストがあり、審判員がバックネット前で協議し、記録員も加わり責任審判員(1塁審判員)がどうして・なぜそのようなジャッジを下したか当該審判員に確かめます。

 

そして更に副審や球場主任も加わり判定が正しかったか誤りであったかを協議して最終判定を下します。

 

さらに、その判定を審判長に報告し、最終判定結果で両チームの監督に説明がなされプレーが再開となります。

 

昨日の問題は二つのケースでした。

一つはDP・FPの使い方の問題で、2大会で間違いが有ったものでした。

 

従来では、間違いが有ってもアッピールが有るまでは、審判員は無視してそのまま試合を続けると指導がありました。

 

しかしM審判長になってからは、「大きなトラブルになる前に、間違いが有った時点で当該監督を呼び、DP・FPの間違いが有るから訂正するよう指導してあげなさい」と云われています。

 

昨日の問題点でも再出場が良く解っていなかったのです。

ピッチャーがファーストへ先発ピッチャーがリ・エントリーしてピッチャーでしたが1球も投げずベンチに下がりました。

 

そのあたりから審判員も判断に迷いが生じたわけです。

一つ一つ順番に追って行けば何でもない事ですが、僅かの間で判断しなければならず、そこに間違いが起きるのです。

 

そして〇番バッターが2人いるとか、10人で打撃をしていたとか云う事にもなる訳です。

 

M審判長になり、熱心に審判委員会が行われ反省と勉強、ルールの習熟と審判技術の向上を喧しく云われるようになりました。

 

またその多くは審判員研修会等に欠席した人が、トラブルを起こすことが多いと云われています。

 

何事も慣れると緊張感もなくなります。

 

ソフトボール協会

来年には日本リーグの大会が開催される予定ですので、いまから確りと研修を重ねて頂きたいと思います。

 

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん
べーやんは 2017年も 阪神タイガースを 応援します(57年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

JUGEMテーマ:ソフトボール


前日の夜に、徳島県ソフトボール協会のS理事長が電話で、「明日の四国大会は天候不順なので、時間を少し早めようと思いますが」との事でした。

 

徳島ソフトボール

私が「それで結構だと思いますが、では何時に行けばよいですか」と聞きました。

 

S理事長曰く「天気予報では、午後からカミナリ注意報が出るらしいので、開会式も取りやめ代表者会議も早める予定なので7:30分に会場にお越し下さい」と。

 

7:20分に、吉野川北岸市民運動広場のソフトボール・グランドに行きました。

 

ソフトボール

既にA・Bグランドの2面に外野フェンスが張られ、ライン引きの最中でした。

 

また本部席やバックネット裏のテントも建てられていました。

 

ソフトボール

私とM副会長・S理事長・M審判長・N事務局長・M事務局次長・Y副記録長で話し合いました。

午後から雷雨の恐れもあり試合を優先するため、西日本シニアソフトボール大会同様に開会式を取りやめました。

 

西日本ソフトボール

代表者会議も8:20分から行い、9:00分第1試合開始にすることで、代表者会議にお諮りすることとしました。

 

8:20分にN事務局長の司会進行で代表者会議が始まり、私が主管協会を代表して挨拶をしました。

その後に役員紹介に続きS理事長から提案説明が行われ、各チームの代表者(監督)からご了解をいただきました。

 

また各チーム毎に、自己紹介とメンバー変更等について報告がありました。

 

最後に協会からささやかなお土産(鳴門金時芋)とS理事長が前日に収穫したスダチをお渡ししました。

スダチは今が最盛期で臭いも味も最高の時期で、先般の西日本大会でも大好評でした。

 

徳島 ソフトボール

スダチは松茸・焼き魚・漬け物・お吸い物・魚姿鮨・鱧・肉料理等の料理によく合い、東京方面では高級食材だとか。

 

第1試合・9:00分、第2試合10:30分、第3試合12:00分・第4試合(決勝戦)14:00分で行われました。

 

ソフトボール

私が戦前予想したとうり、決勝戦はS急便(香川県代表)ーR澤田(高知県代表)の対戦となりました。

試合結果は今年からチームを結成した創部1年目のS急便が、創部2年目のR・澤田を4-1で破り優勝しました。

 

ソフトボール

2チームとも19歳〜24歳ぐらいの若手選手が大勢いて、試合運びにスピードがありました。

 

他のチームはワンヒットで1塁を過ぎた所で帰塁していましたが、この2チームは全て2塁を狙って走塁していました。

また投手はS急便のY投手がよく投げていました。

 

ソフトボール

やはり、若さ溢れるチームは見ていても溌剌としたプレーが随所に見られましたし、守備が鍛えられているのが良く分かりました。

 

クラブチームは選手個人が仕事の都合で練習時間がなく、練習不足が否めませんでした。

それに若手選手は年頃になると結婚をし出産をし、子育てで選手としての継続が無理ですし出来ない事情が大なのです。

 

そして子供が幼稚園や小学低学年になると、親・夫の理解を得て再活動ができますが、年齢が35歳〜40歳にもなっています。

 

このことは企業チーム(実業団)でも無い限り、大変難しい問題でもあります。

昨日も他県の監督とお話をしましたが、何処の県代表チームも同様との事でした。

 

そんな状況の中で、永年にわたりチームを継続されレディースの灯火を消さないように頑張っていただいていますチーム関係者の方々に敬意を表し、感謝を申し上げる次第です。

 

助任

昨日は九州・福岡県代表を初め、ご参加をして頂きました四国3県からお越しの皆様、本当に有り難うございました。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん
べーやんは 2017年も 阪神タイガースを 応援します(57年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

 

昨日は朝から協会役員や審判員で、大会用に準備していたテントやネットの取り外し作業を行いました。

 

徳島県 ソフトボール

前日の代表者会議の後でS理事長から、「明日は私達で撤収しますので、会長とM審判長はお休み頂いて結構ですから」と。

 

しかし気になっていたので8:00集合でしたが、少し遅れて吉野川北岸市民運動広場に行きました。

 

ソフトボール

自宅を7:30分に出かけましたが、途中で薬のチェーン店に寄りましたが、まだ開店していませんでした。

そこで少し待っていましたが、出勤してきたスタッフに聞きますと9:00分開店でした。

 

また来ますと北岸グランドに向かいました。

 

既にM副会長・S理事長を始め記録長やN事務局長・M次長、S総務委員長・F指導者委員長・T副理事長・D支部強化委員長・Y監事他、元役員・前役員等のベテラン、また新役員や新人審判員の方々も大勢こられておりました。

 

徳島ソフトボール

S理事長に挨拶をし、しばらくしてから元の薬店に行きました。

8:45分から待つこと15分、9:00分に開店したので栄養ドリンク剤を1箱購入し、北岸グランドに引き替えしました。

 

グランドは4面とも水浸しの中、全員が精力的に片付けていきました。

S理事長とD常務理事が車2台にテント類を乗せ、徳島市体育振興公社の倉庫に返納に行きました。

 

徳島市立体育館

S理事長は小学校の教員ですが、何か大会があれば大変な気の使いようで、毎朝4:00分には起床をしていました。

M審判長によれば、5:00分には「グランドに行って状態(状況)確認に行こう」と電話が掛かるとの事でした。

 

本当に現在の役員・理事の方々は良く活動をして頂き、感謝・感謝です。

彼ら役員・理事、または協会関係者・チーム関係者のボランティア活動により、協会の事業を推し進めることができています。

 

今回も大変お世話になり誠に有難うございました。

 

撤収作業が終わり、私とS理事長がお礼の挨拶をし、続いて補足説明を兼ねM副会長からも挨拶が行われました。

 

早く終わりましたので昼には帰宅してシャワーを浴び、テレビで天気予報を見ながら、九州からお越し頂いたチームは昨夜のうちに無事帰り着いただろうかと思いました。

 

台風

震災・秋雨前線による連日の大雨・台風と九州地方・北海道地方は大変です。

 

助任

さらに台風16号の追い討ちにならないよう、ただただ祈るばかりです。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん
べーやんは 2017年も 阪神タイガースを 応援します(57年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

 

昨日は朝6:00分過ぎに、徳島市吉野川北岸市民運動広場に行きました。

 

ソフトボール

第20回西日本シニアソフトボール大会、第二日目の試合を行うか中止にするかを決定するためです。

 

西日本ソフトボール

前日には32チームにより1回戦16試合が行われました。

第二日目も第一試合が8:30分・第二試合が10:00分・第三試合が11:30分と決まっていました。

 

前夜からの雨で、昨日の朝はグランドコンディションも最悪でした。

各チームには前日に、大会を行うか中止にするかは、午前7時の時点で決定し連絡しますからと。

 

しかし県外からお越しのチームからは心配をされ、事務局に5:30分ごろから電話が鳴りだしたとの事。

 

6:20分に私とM副会長・S理事長・M審判長で協議をしました。

 

そしてS理事長が西日本ソフトボール協会の理事長に電話を掛け相談をしました。

「台風16号と秋雨前線の影響で、天候の回復の見込みがないのなら中止も止むを得ないですね」と。

 

台風

「ただし16チームの監督による代表者会議で諮り決定すること」、「もしも中止の場合でも16チームの優勝ではなく、抽選等で来年の西日本シニア・ソフトボール大会への出場権獲得の2チームを決めておいてください」と。

 

そこで7:00分からN事務局長とM次長が手分けし、各チームの代表者に電話連絡をしました。

「10:00分からSホテルで代表者会議を行い、今日の試合をどうするか協議をしていただきます」と。

 

どうしても代表者会議に出席が難しいチームは、「大会事務局に一任し決定事項には従いますと」のことでした。

 

徳島 ソフトボール

9:40分に12チームが揃い、N事務局長の司会進行で始まりました。

私の挨拶後にS理事長が状況を説明されました。

 

徳島 ソフトボール

早朝、北岸グランドには数チームが状況を確認しに来られており、試合が出来る状態でないことをご存じでした。

 

勝ち残り16チームの内8チームが九州地区のチームでした。

 

徳島 ソフトボール

代表者の方々は「台風が九州に接近しており、今日は試合を中止しても明日の19日は試合が行えるのかどうかも判断が難しいし、明日もダメなら帰れなくなります」と。

 

そこでS理事長がお諮りをし、今大会は優勝・準優勝チームはなく、記録的には1回戦16チームが勝ち二日目以降は台風のため荒天で大会が中止されたという事でよろしいですか」と。

 

徳島 ソフトボール

全代表者のご賛同を頂き、そこで事務局が急造で抽選用紙(コピー用紙に1番・2番と手書き)を作りました。

 

事務局が16枚の用紙を袋に入れ、九州・中国・四国の順番で引いて頂きました。

事情で先に帰られたチームは、同じ地区のチーム代表者の方に代理抽選をお願いしました。

 

結果は1番(優勝)四国・愛媛県、2番(準優勝)九州・長崎県に決まりました。

 

代表者会議が終わり、皆さん足早にホテルを後にされました。

 

それぞれ「フェリーは出航されているだろうか」、「瀬戸大橋は通行止めになる前に通過しないと」と云いながらマイクロバスで出発されました。

 

熊本県のチームの代表者は、「震災地に近く表通りは復興していますが、裏に入れば手つかずのままで、これに秋雨前線で大雨の被害が重なり、また台風が来ると大変なことになります」とも。

 

「なるべく早く帰らないと」と急がれていました。

 

私が「せっかご遠のところお越し頂きましたのに、このような事態になり誠に申し訳ありません」と申し上げました。

 

S理事長も「これに懲りずに、また徳島で大会が行われましたら是非ともお越しください」と。

 

ソフトボール

各チームの監督さんからは、「初日の1試合だけでも出来たので良かったです」と、逆に慰められました。

今回は晴れ男の異名を持つS理事長も、「私の手に負えないです」と。

 

第20回・西日本シニアソフトボール大会・徳島大会へ、県外からお越しくださいました各チームの皆様、本当にありがとうございました。

 

助任

また大変申し訳ございませんでした。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん
べーやんは 2017年も 阪神タイガースを 応援します(57年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

 

前日の代表者会議を受け、昨日は朝6:00分過ぎに大会会場に行きました。

 

既にM副会長やS理事長・M審判長・N事務局長を始め役員・理事や大会関係者が大勢来られていました。

 

徳島 ソフトボール

前夜の小雨も上がり曇天でしたが、何とか大会が開催できそうだと喜び合いました。

試合1時間半前には、第一試合の8チームが来場されていました。

 

M審判長が各グランドの確認作業を4班に分け、各班長(各・球場主任)を中心に手際よく行いました。

 

その後、M副理事長(審判長)の進行で審判員・記録員・放送補助員・補助員全員でミーテイングを行いました。

私の挨拶に続きS理事長の挨拶があり、M審判長から全体の説明がなされました。

 

徳島 ソフトボール

そして審判員・記録員に分かれてのミーティングがあり、審判員はM審判長が詳細に説明と注意をされ審判割が発表されました。

また記録員はM記録長・Y副記録長・N副記録長等が説明と注意をされました。

 

補助員はS大学女子ソフトボール部や部活顧問の先生方に引率されたK高校男子ソフトボール部・J高校女子ソフトボール部・N中学男子ソフトボール部の選手やマネージャーの皆様でした。

 

本当に早朝よりご協力を頂きありがとうございました。

 

日が差すと雨上がりで蒸せる中を第一試合より順調に試合が進行しましたが、昼ごろから天候が急転し雨雲に覆われ突然の大雨になりました。

 

各グランドのテントや本部席のテント三張りにも、次の第四試合で待機中の選手が大勢避難してきました。

 

徳島 ソフトボール

それでも各グランドは試合続行中でしたが、本部席で私とS理事長・M審判長で試合の一時中断を決めました。

 

S理事長・M審判長が各グランドに伝令に走り試合を中断しました。

 

本部席のテントで天候を心配されるチームに私が「徳島市の天候は前の眉山が見えなくなると雨が止まず、見えてる間は晴れるから心配ないですから」と申し上げました。

 

助任

ほどなく雨が止み、少しグランドを整備して試合を再開しました。

風が出てきて涼しくなり、最後の第四試合は絶好のコンディションでした。

 

何とか第一日目が終わりましたが小雨模様が続き、私とM副会長・M審判長・N事務局長・M事務局次長が本部席で翌日第二日目の競技をしました。

 

明日の第二日目の18日(日)は今夜の天候次第ですが、明日は6:00分に大会会場に集まり、7:00分に16チームに連絡をする事になりました。

 

徳島 ソフトボール

打ち合わせが終わり会場を後に帰宅しました。

大会会場の吉野川北岸から自宅まで、車で約10分足らずです。

 

トヨタ

帰宅後にシャワーを浴び、テレビのデータ画面で天気予報で台風16号の進路状況や、雨雲レーダーで四国・徳島の天気状況を何度も確認しました。

 

台風

晴れ男のS理事長は理事長就任後3年間、今まで雨天で大会が中止になった事は無いように思います。

 

助任

昨夜は必ず晴れて下さいと、神仏に祈るような気持ちで就寝しました。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん
べーやんは 2017年も 阪神タイガースを 応援します(57年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

 

一昨日の16日(金)は第20回西日本シニア・ソフトボール大会等の準備で大変でした。

 

西日本ソフトボール

16日は早朝から大会会場の設営と準備で、役員・審判員ともども吉野川北岸市民運動広場に集合しました。

 

私は仕事の都合で午前中は参加できず、徳島県ソフトボール協会のM副会長(兼・財務委員長)・S理事長・M副理事長(審判長)等を中心に試合会場を設営しました。

 

徳島ソフトボール

A・B・C・D各グランドの外野ネット張り(200F・61M)やライン引き、1・3塁側ベンチへのテント張りやバック・ネット横のネットやテント張りを済ませました。

 

徳島県 ソフトボール

12:30分にS理事長から電話があり、「全て皆さんにご協力を頂き終了しました」と。

そして「会長には17:00分からSホテルで開催します代表者会議にお越しください」とも。

 

16:00分にSホテルに行きますと、既にS理事長・M審判長・M記録長・N事務局長が代表者会議の準備をしていました。

 

徳島 ソフトボール

17:00分にN事務局長の司会進行で、西日本各地から参加された32チームの監督による代表者会議が始まりました。

会議に先立ち先般の熊本県地震(大分県の一部を含む)の犠牲者の方々に哀悼の意を表すため黙とうをしました。

 

始めに私が主管協会を代表して挨拶をし、その後は理事長の挨拶と説明がありました。

 

続いてM記録長に、各チームの監督がチームの紹介とメンバーの変更等を申し込み順に申告されていきました。

 

その後M審判長により大会規約・大会ルール等の説明がなされ質疑応答がありました。

 

徳島 ソフトボール

最後にS理事長からの提案で、「台風16号と秋雨前線の影響でこの3日間は荒天が予測されます」と。

 

そこで明日17日(土)の大会初日の開会式は取り止め、第一試合を8:30分・第二試合を10:00分・第三試合を11:30分・第四試合を13:00分から開始にさせて頂けませんかとお諮りしました。

 

助任

全チームのご賛同を頂き、最後に監督さん全員の記念撮影をし解散しました。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん
べーやんは 2017年も 阪神タイガースを 応援します(57年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

9月17日(土)・18日(日)・19日(月)の3日間にわたり、第20回西日本シニアソフトボール大会が開催されます。

 

西日本シニアソフトボール大会

9月16日(金)は朝から大会準備でグランド整備や設営を行い、夕方からはSホテルで代表者会議が行われます。

 

ソフトボール

週間天気予報が気になり毎日何度も見ていますが、初日の17日と18日が雲と傘マークになっています。

また別のテレビの週間予報では雲マークのみで、降水確率40%になっています。

 

徳島県ソフトボール協会のS理事長やM審判長とも話しましたが、「何とか大会中は、特に第1日目は曇り空のままで過ぎれば」と淡い希望を抱いていました。

 

徳島ソフトボール

以前にも書きましたがS理事長は晴れ男で、今までの大会でも前日までの大雨でも当日は試合が出来ました。

また前夜から試合当日の朝まで降っていた雨も早朝には止み、試合時間を少し遅らせて大会が出来ました。

 

この前の9月4日の大会は徳島県主催でしたので、台風という事もあり中止にしましたが、私は晴れ男のS理事長の事なので多分大丈夫だろうと思っていました。

 

雨

結局、大会最終日の4日は中止になりましたが、台風も逸れて熱帯低気圧になり、大会会場は何事もありませんでした。

 

大会実行委員長(大会競技委員長)を務める理事長は、最終的に判断し決断しないといけませんので責任重大です。

 

先日もS理事長は、「大会会場のグランドに雨水が溜まれば、汲み出してもやるつもりです」との事でした。

私が「雨男の私と違い、S理事長は晴れ男だから大丈夫です」と云いました。

 

しかし最近の天気予報はアメダスや気象衛星により、的中率が90%ほどの確立なのです。

それでも天気予報会社により、週間天気予報がまちまちなのは気になります。

 

西日本シニアソフトボール大会 西日本シニアソフトボール大会

西日本各地から32チームの参加で3日間の大会ですが、準備(協賛広告・プログラム印刷・弁当注文・宿舎・補助員の依頼・設営)等で大変な手間暇を掛けています。

 

助任 

大会当日まで後4日ですが、今の内に雨が降り大会中は何とか晴れて欲しいし、悪くても曇りか小雨程度でお願いしたいと思います。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん
べーやんは 2016年も 阪神タイガースを 応援します(56年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

昨日は徳島県ソフトボール協会主催の、少女ソフトボール秋期大会が、徳島県美馬市民グランドで開催されました。

 

徳島ソフトボール

S理事長が今年から、少女ソフトボール大会は登録チームの地元で開催するとの方針で、春期大会はH・Jイーグルスの地元住吉小学校で行われました。

 

今回はIビクトリー・M少女ソフトボール部の地元である、美馬市民球場で行われました。

 

先日、M審判長から「ご遠方を表彰式にお越し頂くので、そのついでに審判もお願いします」との事でした。

 

そして道順は、「徳島自動車道を走行されるなら美馬ICで下りて、鳴門〜池田線を東に引き返すと美馬郵便局が有り、美馬市民球場は直ぐ裏側に在りますから」と聞いていました。

 

また所要時間は「自動車道を利用なら、約1時間もあれば着きますので」とも。

前日の夜に知人に道順を教えて頂きましたし、カーナビを設定しておきました。

 

トヨタ

またS理事長から電話があり、「私は軽自動車で北岸グランドに行き、ネットや杭とライン引き・ベース等を積み込み、そこから7:00分には美馬市民球場に行きますから」と。

 

そして「会長は8:00分までにお越し頂いたら」との事でした。

 

最近はスマフォでグーグルアースやグーグルマップで詳細な画面や地図で確認する事が出来ます。

大変便利ですが、ストリートビューなら個人の家屋も拡大画面で、洗濯物等まで見えてしまいます。

 

個人情報云々の時代に、ストーカー等に悪利用される心配があります。

 

それにしてもカーナビは便利ですね。

音声案内もしてくれますし、到着予想時間や後○○kmと距離も表示してくれます。

 

昨日は自宅を6:30分に出発し、徳島市川内町ICから徳島自動車道を走行しました。

美馬ICまで車両の通行も少なく、7:20分には着きました。

 

既にS理事長やM審判長が設営をしており、私も外野フェンスを張るのを手伝いました。

8:00分には設営も終わり、試合開始の9:00分までに審判服に着替えたりしながら時間待ちをしました。

 

久し振りの審判で第1試合・3塁審判、第2試合・1塁審判、第3試合・2塁審判の3試合を担当しました。

 

べーやん

大会終了後にS理事長の司会進行で表彰式を行い、優勝チームのH・Jイーグルスに優勝旗と賞状を、準優勝のM少女ソフトボール部・3位のIビクトリーに賞状を授与しました。

 

女子ソフトボール 女子ソフトボール 女子ソフトボール

その後に私の講評を行い解散しました。

 

昼食抜きで3連チャンの審判でしたので、美馬市民グランドから少し東に戻った所に在るGうどん店に立ち寄りました。

 

S理事長はザルうどん、私達3名は肉うどんを注文しました。

ランチ時を過ぎていて店員さんが、「うどんを今から茹でますので暫くお待ち頂いても宜しいでしょうか」と。

 

暫く待って出されたうどんを美味しく頂き帰途に就きました。

M審判長に帰る道順を聞き、帰途は一般道を走行して帰りました。

 

結局、そのまま北島町に行き旧・国道11号線に突き当たり、旧・吉野川橋を渡って帰宅しました。

 

それにしても、少女ソフトボールは部員不足で休部されるチームがあり、減少どころか消滅の危機がある頭の痛い問題です。

 

女子ソフトボール

なんとか存続して、現在の5年生〜1年生の部員が活動出来るような対策をしなければいけません。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん
べーやんは 2016年も 阪神タイガースを 応援します(56年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

9月3日(土)・4日(日)に群馬県高崎市で開催されました、Japanカップ国際ソフトボール・群馬大会で日本がアメリカを9-1のコールドで破り2005年以来6大会ぶりに2度目の優勝をしました。

 

日の丸

土曜日の夜、ウオーキングに出掛けた所で知人に会い、「今夜ソフトボール国際大会JAPANカップのテレビ放映が有りますね」と。

すっかり忘れていたので妻に電話をし、録画を頼みました。

 

石部宅建

帰宅後に直ぐ見ましたがアメリカにHRを打たれ、負け試合で日曜日に同じくアメリカと決勝戦となりました。

日曜日はテレビの前で決勝戦を観ていました。

 

日立の山田選手は凄い選手ですね。

小柄な身体に似合わずパワフルなバッティングで、今大会4本のHRを打ちました。

 

投げては先発の太陽誘電の藤田投手が4回をソロHR1本に抑え、5回から日本のエース上野投手が1回無失点で5回コールドゲームでした。

 

上野選手

守っては内野陣の堅守で得点を与えず、4-6-3のダブルプレーなどは、プロ野球並み(バックハンドトス)のナイスプレーでした。

 

なにわともあれ、2020年の東京オリンピックに向け幸先の良い優勝になりました。

若手選手もドンドン育って来ていますし、山田選手のようなベテランも気を吐いています。

 

毎試合球審はISF派遣審判の外国人審判員でしたが、1塁審判員は日本人の女性審判員でした。

 

永年の癖で試合もさりながら、どうしても審判員のジャッジや動きが気になります。

ISFから派遣された審判員が、日本人審判員よりもどれほど審判技術が上手かどうか判りません。

 

以前のオリンピック大会の時でも、大リーグの審判員同様に個性的な審判をされていました。

ストライク・ボールの判定でも高さはともかく、コーナーサイドは微妙に違うような気がしました。

 

日本人選手も時々困惑顔で球審の方を見ていました。

 

徳島県ソフトボール

以前に国際大会に出場した経験者に聞いた事がありますが、サイドはボール1個分外側に外れていても、ストライクを取られる可能性があると。

 

以前某チームは、国際大会前の練習ではホームベースを二重に重ね、上のベースは規格ベースを下のベースは両側ボール1個分大きなベースを貼り合わせたモノを使用していたとも。

 

ソフトボール

国際試合なので当たり前かも分かりませんね。

同じ日本国内でもストライクの高低で四国は低めを取り、関東は高めを取るとも云われています。

 

ルールブックや競技者必携でも、また審判中央研修会や地方研修会でも、全国統一ルールで競技大会の審判に臨むように云われています。

 

ソフトボール協会

しかし、地区により高低が微妙に違います。

 

2年前の長崎国体の視察に行きましたが、徳島県選抜少年女子チームの選手は高めの球をボールと思い見送ると、ストライクを取られ困惑していました。

 

国体

またピッチャーがストライクと思った球が低いと判定されボールと、そしてボールと思った高い球がストライクと取られていました。

しかし、その試合の球審の癖を早く察知するのも試合の内なのです。

 

ソフト

同じ四国でも高知県の審判員は、「自分がストライクとジャッジした球がストライク」だと。

香川県の審判員は「全てルールで決められた通りにジャッジしています」と。

 

愛媛県と徳島県の審判員は捕球したキャッチャーが「今のがボール?」と球審に大声で聞くと、次回から微妙に調整して来るのだと。

 

徳島県

四国大会・西日本大会・全国大会に常時出場しているチームの、選手(捕手)と話の中での言葉でした。

 

こころして審判をしなければイケナイと思ったものでした。

投球の高低はホームベース上の、打者がバッティング姿勢をした両脇の線から下、膝頭の上と決められています。

 

ソフトボール

それと一番審判員(1・3塁審)の主観でジャッジしているのが、打者がバットを振ったか途中で止めたかの判定です。

 

テレビのスローモーションビデオを見ると、腕が伸び利いているけどバットのヘッドが廻っていないのが多いのです。

これを実際の試合中に捕手から球審に判定を求められ、さらに球審から1・3塁審に指差され判定を求められます。

 

ソフトボール

その時には審判員の見た目や感じた通り、判定をしないといけないのです。

プロ野球でも判定にビデオを採用しています。

 

先のオリンピック・リオ大会でも、全ての競技にビデオ判定が多用されていました。

 

助任

これから2020年東京オリンピックに向け、ますます審判員の技術向上が求められる時代になるのでしょうね。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん
べーやんは 2016年も 阪神タイガースを 応援します(56年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。