前日に、徳島県ソフトボール協会のS理事長とN事務局長から電話とLINEが有りました。

 

徳島ソフトボール

31日(日)は9:00分からAグランドで実年(50歳以上)大会の決勝戦があり、終了後に表彰式が有りますのでと。

また13:30分からBグランドでハイシニア(65歳以上)大会の決勝戦があり、終了後に表彰式が有りますと。

 

その後にAグランドで一般男子(ゴム・ボール)の会長杯大会のリーグ戦があり、終了後に表彰式が有りますからと。

 

昨日は朝7:30分に吉野川北岸市民運動広場に行き、8:00分から審判・記録のミーティングに出席しました。

記録のお手伝いに、T商業高校ソフトボール部のマネージャーが5名、お手伝いに来て頂きました。

 

徳島商業

また新人の審判員として、新たにK君をF先輩審判員が連れて来て頂きました。

 

昨日の大会は、S理事長は広島県尾道市で開催中の高校総体・女子ソフトボール競技を視察に行き不在でした。

N事務局長は仕事の都合で欠席し、M審判長(副理事長)とM事務局次長が表彰式を仕切って頂きました。

 

昨日はこの夏では最高の気温でしたが、川風が吹いていたので随分と助かりました。

最近の大会ではS理事長とM審判長との話し合いで、各種大会で3回終了時に給水タイム(5分間)を設けています。

 

これが各チームに大変好評を博しています。

昨日も私がM審判長に「この給水タイムは評判が良いと」言いました。

 

M審判長曰く、「選手は勿論のこと審判員にも大好評なのです」と。

そして「審判員が不足勝ちの中、高齢者の審判員が多いので」と苦笑されていました。

 

試合を観戦しながら私が「S理事長から、高校総体の結果連絡が来ないなぁ」と言いますと、M審判長が直ぐに電話連絡を取りました。

 

すると優勝候補のK学園(鹿児島)とT高校(徳島県)が、5回終了で0-0で健闘中とのことでした。

また「S理事長から結果を連絡します」との事ですとも。

 

徳島県

Bグランドで表彰を済ませAグランドに帰る途中でS理事長から、Aグランドに着いた時にM審判長から電話が有りました。

 

なんと何んと、「T高校がタイブレーカー(8回)で1-0でK学園に勝ちました」と。

T高校はH監督(T高校・女性教師)が病気のため、臨時監督(男性)が急遽指揮・指導をしています。

 

3回戦(ベスト16)の対戦相手は九州文化学園(長崎県)なのですが、どこと当たってもK学園を破った自信を持ち、次の試合に臨んで頂きたいと思います。

 

昨日は一日中吉野川北岸市民運動広場にいましたので、いくらテントの下と云えども日焼けをしました。

それと風下でしたので、革靴やスーツやズボン・カッターシャツは勿論、頭・顔・腕も土埃で白くなっていました。

 

ソフトボール

試合後にM審判長を中心にミーティングをし、私の挨拶後に反省点等のチェックを行いました。

 

本当に暑い最中にお疲れ様でした。

これで前半の事業が終わり、8月28日までは何もない予定です。

 

この何もない時期に、徳島・阿波ロータリークラブ後援の中学女子強化大会を行う予定ですが、8月7日(日)15:00分からの定例理事会で決まる予定です。

 

助任

また同じ日の16:00分から審判委員会も開かれる予定です。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん
べーやんは 2016年も 阪神タイガースを 応援します(56年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

 

意外や意外、ブログデーターで徳島市のブログ村ランキングで第3位になっていました。

 

その理由は簡単明白、ソフトボール競技に関する記事を載せますと、必ずランクアップをするのです。

そして各種大会の試合会場で、見知らぬ方から「あなたのブログを毎回覗いていますよ」と声を掛けられます。

 

べーやん

それは大概と言って良いほど中年男性か中年選手の方々からです。

またそれも県外のチームの選手や役員さん・応援の方からも声を掛けて下さいます。

 

以前には香川県ソフトボール協会のO理事長さんや、M審判長(現・副会長)さんからも「見てますと」と。

愛媛県のシニアチームの監督さんが私を訪ねてこられた事もありました。

 

また先日の中学総体の大会では、AグランドからBグランドに移動中に、応援に来られていた保護者の方(お母さん)が私の顔を見て、「ブログを書かれていますよね」と言われ、「毎回楽しく読んでいますが、もっとソフトボールの事を載せて下さい」とも。

 

徳島 ソフトボール

私の拙いブログを読んで頂いているのかと、大変恥ずかしい気持ちと嬉しい気持ちとが半々でした。

 

「継続は力なり」とは申せ、何年も前に息子に勧められブログに挑戦し始めました。

 

いしべっち

渋る私に息子が「お父さん、若者を始め一般の方々には不動産屋に行くのは敷居が高く、何故か怖いというイメージが有るので、その店のそこの経営者の人と成りを知って頂くのに良いから」と言われて始めました。

 

不動産

あれから何年も経ちましたが、「阿波のおっさんの呟き」と題し、「石部宅建・会長のブログ」と副題に今でも呟き続けています。

 

今から四十数年前に徳島県ソフトボール協会主催の認定講習会で第3種審判員を取得しました。

 

徳島ソフトボール

その後に第2種審判員を、そして昭和59年10月には香川県丸亀市の丸亀商業高校での第1種審判認定講習会で、第1種審判員の認定(筆記試験・実技試験とも合格点80点以上)を頂きました。

 

ソフトボール競技の事を書けば今までの経験(審判員としての)から、幾らでも話は尽きないと思います。

それも審判ミスの(冷汗三斗)方が皆様には面白いかも分かりません。

 

昨日の岡山県の高野連の審判員が決勝戦での最終回で、選手は勝ったと思いホームベースを挟み整列した時に、打者の打球が打者の身体の一部に触れていたのでファールボールにし試合を再開しましたが、勝ったと思ったチームは緊張の糸が切れ逆転負けをし、甲子園行きを逃しました。

 

 

阪神

高野連の審判長が謝罪をされていましたが、なんともはやお気の毒というか、選手に申し訳ないというか、当該審判員は居たたまれないと思います。

 

また広島県の高校野球大会でも審判員がルールを知らず抗議をされ、1時間以上も試合が中断しました。

 

時には人間だから間違いはあると言えない場合もありますが、今回は甲子園出場が決まったと思い、審判もバッターボックスの後ろ側に整列していました。

 

高校野球や軟式野球・ソフトボールでも、審判員の高齢化やボランティア活動に参加される方が減少のため、全国的に審判員不足が顕著になっています。

 

阪神タイガース

高野連は審判員の定年を55歳と決めていますが、各県の高野連では55歳〜70歳までと区々とのこと。

わが徳島県ソフトボール協会も例外ではなく、大半が60歳〜75歳の方々に頼っています。

 

S理事長とM審判長が審判員育成に力を入れています。

教員を始め、チーム関係者の方々に第3種審判員の資格を取得するようにし、帯同審判員の義務化を目指しています。

 

今年から6名の若手・中堅が審判に来てくれだしました。

彼等を良い審判員に育てるのも協会の責務だと思います。

 

ほんとうに拙いブログをお読み頂き有り難うございます。

 

助任

大変、励みになります。

感謝・感謝です。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん
べーやんは 2016年も 阪神タイガースを 応援します(56年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

 

今年度(1月1日〜12月31日)の徳島県ソフトボール協会の事業計画の中で、S理事長が特に意欲的に奨めている一つが、国体出場に向けての成年女子チームの結成です。

 

国体

今年からチームを結成し、来年に愛媛県で開催される国体に是非出場したいとの事です。

来年は四国四県の内、開催県の愛媛は出場権がありますので、残り3県で1枠を競いますのでチャンスなのです。

 

既に高知県や香川県もチャンス到来の来年を虎視眈々と狙っています。

そこでS理事長が遅まきながらも関係各位に協力要請をして廻り、何とか形だけでもチーム(監督1名・選手13名)を立ち上げました。

 

監督は高校教員で高校男子の監督経験者で全国大会にも出場経験があります。

県協会では常務理事で指導者委員長をして頂いています。

 

徳島市K町に在るS大学で、結成後に初めての合同練習が行われました。

S理事長から前日に電話があり、「9:00分から練習を始めますので、会長に激励の挨拶をお願いします」と。

 

大昔、私がクラブ女子の監督をしていた時にはS大学のグランドで、S大学女子ソフトボール部と練習試合をさせて頂いたものです。

その時のS大学チームの監督が、今年の4月に亡くなられたF名誉会長でした。

 

その時のグランドだと思っていましたが、S理事長から7:30分に電話があり、「グランドの場所は判りますか」と。

聞けばS大学の東側に総合グランドが出来ており、行って初めて某マンションの横と判りました。

 

四国大学

昨年に某マンションにお客様をご案内した折りに、隣りに大きな総合グランドが在るなぁと思っていた場所でした。

 

8:45分に初めてS大学グランドに行き管理棟の横に駐車しました。

既にS理事長や選手達・M特別コーチが来ており、F監督も到着しました。

 

四国大学

S理事長の進行で、私の激励の挨拶の後にS理事長・F監督・M特別コーチ・選手等の自己紹介がなされました。

現役大学生・現役実業団選手・元実業団選手が初めて一同に会しました。

 

ソフトボール

この他にも、現役1部リーグチームの投手等も加わる予定です。

 

先日、私とS理事長とI徳島県知事にお会いした時に、S理事長が「知事、今年の国体予選大会(香川県開催)にチームを結成し出場しますから、応援よろしくお願い致します」と申し上げました。

 

そして「来年の愛媛国体はチャンスと考えていますので」と。

I知事曰く「徳島県ソフトボール協会はえらい積極的ですね」と。

 

徳島ソフトボール

他の競技団体は「どうせ勝てないのだからと言うけど、ソフトボール協会は前向きですね」とも。

また「私は徳島県体育協会会長ですから、必ず応援しますから」との事でした。

 

結成したチームの選手の中には、大昔に私と共に全国大会(クラブ女子・一般女子)に行った選手の孫さんも居て驚きました。

またI中学校の選手でT商業高校に進学し、ソフトボール選手として活躍した選手の娘さんも居りました。

 

徳島商業

激励では本当に大昔、国体四国予選大会の決勝戦で、延長戦で香川県代表に負けた事もお話しました。

この延長記録は今でも破られていないのではないかと思います。

 

現在では7回終了後に延長戦(タイブレーカー)になり、ノーアウト・ランナー2塁から始まります。

 

その大昔の決勝延長戦の時に、2回ほどサヨナラ勝ちのチャンスが有りました。

ワンアウト・ランナー1塁・3塁、私の出したサインはスクイズでした。

 

若いバッターは初球をスクイズしましたがピッチャーフライでダブルプレーでした。

さらに延長戦の回が進み、同じ場面でしかもバッターも同じでした。

 

またまた私の出したサインはスクイズでした。

打席に入る前に若いバッターに言いました「確実に3塁方向に転がせばこの試合は勝つから」と。

 

しかしまた若いバッターは初球を打ち上げピッチャーフライで、ダブルプレーでスクイズ失敗でした。

 

その後に1点を取られ負け、香川県選抜チームが国体に出場しました。

 

そのプレイの後に横に控えで座っているベテラン選手を見て、「しまった、彼女ならバンドの名手だし試合経験も豊富で確実にスクイズを決めたのに」と悔やみましたが後の祭りでした。

 

これで、このスクイズで勝つとの気持ちがはやり、その気持ちが若い選手に伝わって緊張の極限に達していたのかも判りません。

 

私のベンチワークの拙さと経験不足のせいで、全ては監督である私の責任でした。

今でも国体四国予選大会と聞くとトラウマになっていることを感じています。

 

8月21日(日)10:00分開始の試合は、香川県の土器川グランドまで応援に行くつもりです。

頑張れ徳島県選抜成年女子チーム。

 

助任

頑張れ徳島県選抜少年女子・少年男子、成年男子チーム。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん石部宅建
べーやんは 2016年も 阪神タイガースを 応援します(56年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

 

昨日も7:30分に、吉野川北岸市民運動広場・ソフトボール場に行きました。

 

ソフトボール

8:00分にM副理事長兼審判長の進行で、朝の審判員・記録員のミーティングを行いました。

 

私とS理事長の挨拶の後で、M審判長が注意と審判割を発表しました。

M記録長からは、「各グランドから優秀選手を選考するので、記録員は必ず候補者を知らせて下さい」と。

 

ソフトボール

Aグランドで決勝戦が行われました。

1塁側・美馬少女ソフトボール部(徳島県)ー3塁側・多肥ブルーウイングスでした。

 

前半は多肥ブルーウイングスが1点・1点また1点と点を入れて行きました。

 

後半になり、それまで多肥の好投手に抑えられていた美馬の打線が爆発しました。

ワンチャンスをものにした美馬が、相手投手に集中打を浴びせ逆転勝ちをしました。

 

子供ながら見事なもので、優勝戦に相応しい試合でした。

しかし観戦していると、戦力的には多肥が1枚上の感じがしました。

 

なにわともあれ、美馬少女ソフトボール部には、優勝おめでとうございました。

 

午後12:20分に中体連のM専門部長(県ソ協会・常務理事(広報部長)が本部席にきて、「会長、スミマセンが中学総体ソフトボール競技大会の開会式をDグランドで行いますので、お越しくださいませんか」と連絡を頂きました。

 

急ぎDグランドに行き開会式に出席しました。

係校長のT校長が前年度の優勝旗・準優勝旗の返還を受け、それぞれレプリカを授与しました。

 

その後に私の祝辞(激励のことば)とT校長のご挨拶がありました。

解散後にDグランドで男子の試合が・Cグランドで女子の試合が行われました。

 

全ての試合が終了し、本部席前に集合しミーティングを行いました。

私とS理事長の挨拶の後に、M審判長から各グランド主任にそれぞれ報告を求めていました。

 

徳島ソフトボール

一つだけ近県少女大会の試合で、走者2塁・1塁で飛球がショートに飛び、2塁走者と接触し双方が転倒しました。

その時、走塁妨害なのか守備妨害なのかで、4名の審判員がバックネット前で協議した事です。

 

M審判長から「走塁妨害なら2塁審判員または3塁審判員が腕を横に出しディレードのサインを出し、成り行きを見てジャッジを」。

 

また「守備妨害なら直ちにアウトの宣告をしないとイケナイ」と。

そして「守備機会があれば、守備優先でジャッジを」とも。

 

べーやん

ディレードのサインは、ランナーが触塁の時に野手に触れたり当たるとよく出します。

その時には成り行きに任せますが、守備妨害か走塁妨害かの判断は、咄嗟の場合には間違うことが有るのです。

 

またM審判長から「故意四球の時にはタイムではなく、ボールデッドのコールです」と注意がありました。

長年、審判の経験者のベテランであっても、咄嗟にジャッジを下すのを迷うこともあるのです。

 

またM審判長から、「プレーが混雑した場合には、初めに起きたプレーのみを考え、その後に起きたプレーは考えないことです」とも。

 

昨日は本部席から観戦しながら、40年以上も昔しに審判員の先輩から云われた事を思い出していました。

 

その先輩が云われるには、「新米審判員の時には、小学生女子大会や中学生女子新人大会の審判には必ず行きなさい」と。

 

「それらの試合では、何(どのようなプレー)が起きるか判らないので、大変勉強になるから」と。

最近は審判長は、私とS理事長は審判員から外しています。

 

そして「いくら現役の審判員で有ったとしても、会長や理事長は審判はご遠慮ください」と。

そのためか最近では岡目八目、審判員の良い所・悪い所が良く観察ができます。

 

M審判長は「気が付いた所は遠慮なく、どんどん指摘してください」と云いますが、審判長や副審判長を差し置いては越権行為になります。

 

審判も、すればするほど、やればやるほど奥が深いものです。

何年・何十年しても、いつも勉強しなければ遅れます。

 

審判長や他の審判員の意見を参考に研鑽すれば良いと思います。

M審判長の話では、「今日の大会に出席している中堅・若手の審判員は、皆さん将来の審判長候補者です」と。

 

助任

厚い最中の審判、誠にご苦労様です。

お世話になり有難うございました。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん石部宅建
べーやんは 2016年も 阪神タイガースを 応援します(56年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

昨日は7:30分に吉野川北岸市民運動広場・ソフトボール場に行きました。

 

ソフトボール

8:20分から監督会議が、8:40分から開会式が開催されました。

代表者会議ではN事務局長の司会進行で、私の挨拶の後に役員紹介があり、また各チームの監督から自己紹介とチーム紹介がなされました。

 

M記録長に対し、各チームから選手登録・抹消等の変更報告がなされました。

その後にS理事長が大会要項について説明をしました。

 

M審判長からも試合のルールや徳島県独自のスイングゾーン、3回終了時に水分補給タイム5分間等の説明がありました。

 

開会式では愛媛県3チーム・香川県3チーム・徳島県3チームの計9チームが整列しました。

残念ながら高知県からの参加はありませんでした。

 

徳島県

今回は9チーム参加のため変則リーグ戦にしました。

Aグランド・Bグランド・Cグランドで、それぞれ愛媛・香川・徳島チームがリーグ戦をしました。

 

それぞれのグランドで1位・2位・3位を決め、二日目の17日(日)にまた1位リーグ・2位リーグ・3位リーグを行います。

 

毎年のように全国大会に出場しているチームや、今年初めてチームを結成されて参加をして頂いたチームとか様々でした。

 

また6年生が多いチーム、6年生が少ないチームそれぞれ悩みもありました。

来年は6年生が卒業すると3年生や4年生が主体になるチーム、また入部者が少なければ休部に追い込まれるチームもありました。

 

徳島県ソフトボール協会に登録されているチームも同様でした。

 

徳島ソフトボール

小学生・中学生チームで合同チームはありますが、何としてでも休部や廃部にはしたくありません。

 

平成30年(2018年)6月で徳島県ソフトボール協会・創立満70年を迎えます。

そのためS理事長やM審判長とも話をしましたが、「今から準備をし、近県少年少女ソフトボール徳島大会としませんか」と。

 

近県との事なので四国はもちろん、中国・近畿・九州からでも良いと始めました。

しかし最近では殆どが、四国からだけの参加になりつつあります。

 

今年のリオデジャネイロ(ブラジル)でのオリンピックを機に、またソフトボール競技が盛り上がれば良いと思います。

 

日の丸

そして4年後の東京(日本)オリンピックで野球・女子ソフトボール競技が復活されます。

その時には現在、高校や大学・実業団・日本リーグで活躍されている選手から選ばれます。

 

ソフトボール協会

現在、ソフトボール競技をされている小学生や中学生には、大変な励みになると思われます。

 

大会を観戦しながら、一生懸命にプレーをしているチビッコ選手に感動を頂いています。

 

助任

がんばれ優勝をめざして。

がんばれ練習の成果を十二分に発揮して。

がんばれチームのために。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん石部宅建
べーやんは 2016年も 阪神タイガースを 応援します(56年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

徳島県ソフトボール協会の第5回定例理事会が、徳島市Fコミセンで16:00分から開催され出席しました。

 

コミセン

N事務局長・M次長が共に欠席のため、S総務委員長が司会進行をしました。

M副会長(兼・財務委員長)の開会の言葉、私の挨拶で始まり、S理事長が議長になり議事の進行をしか行きました。

 

西日本シニア大会の件では、プログラムの詳細検討と広告料の集金集計をしました。

また大会記念に作るポロシャツの件でも、カラー・ロゴ・サイズ等の検討がなされました。

 

カラーは徳島県カラーの藍色(インディゴ)で、ロゴは英語の筆記体でTOKUSHIMAと左袖口に、サイズはそれぞれS〜4Lまで自己申告をして決まりました。

 

またロゴの徳島県協会マークは県当局より使用不可との指摘を受け、創立70周年(平成30年6月)を控えており、新たに作成する事になりました。

 

徳島ソフトボール

理事会でも意見は有りましたが、S理事長の意向で予算も無くT科学技術高校(工業デザイン科)T商業高校(商業デザイン科)M高校(芸術科)等にお願いしてはどうかとの事になりました。

 

その他にもソフトボール関係者の中で募集する事も承認されました。

 

S理事長より、国体徳島県選抜チームの成年男女、少年男女の監督・選手13名が選出されたとの報告がありました。

少年女子は本日の午前中に決まりましたので、8月の定例理事会で書面にし配布しますとの事でした。

 

国体

S理事長の熱意で、今年は久し振りに成年女子チームを出場させる事が出来ます。

実業団や大学で活躍している選手を、故郷選手として呼び戻すことになりそうです。

 

他には元・実業団で活躍していた選手や、現チームからも選抜して編成しました。

来年は四国・愛媛県で国体が開催され、四国3県から1チームが国体へ出場可能なので、大変有利な条件になります。

 

四国では、高知県と香川県も徳島県同様にチャンス到来と狙っています。

少数激戦になりますが、何とか頑張って頂きたいと願っています。

 

8月20日(土)・21日(日)、香川県では他に何か大イベントが開催されるそうで、ホテルが満室で宿泊が出来ません。

 

助任

そのため坂出市土器川グランドに応援に行くには、2日間とも日帰りで行くことになりそうです。


地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん石部宅建
べーやんは 2016年も 阪神タイガースを 応援します(56年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

徳島県ソフトボール協会のS理事長から、県協会のロゴマークの件で話が有りました。

 

「県協会のN事務局長(県職員)が、県の当局の担当者から注意を受けました」と。

 

県庁

先日、協会から徳島県に提出しました大会書類の表紙に、徳島県のマスコットキャラクター・すだち君にソフトボールのユニフオームを着せ、その胸に県協会のロゴマークを付けていました。

 

そのロゴマークは徳島県の県章の中心にボールをあしらったモノでした。

 

徳島ソフトボール

私が県協会の審判員として、またクラブ女子の監督として全国大会に出場していた頃、そのロゴマークの入った県旗を県協会から借り開会式の入場行進に使用していました。

 

既に協会旗として40年以上も使用しています。

 

また全国教員大会や皇太子ご夫妻が来県され、鳴門市で開催されました全国身体障害者スポーツ大会・盲人野球大会でも使用していました。

 

私も古くからの県協会の元・役員に、それまでの経緯をお伺いしました。

 

其れ等の話では、どこの大会に参加出場するにも県旗かチーム旗が必要なので、この際に協会旗を作成しましょうと決まり、当時の事務局担当者(県職員)が県当局にお伺いし許可を得たとの事でした。

 

しかし先日の報告では県章を使用させた事はないし、勝手にロゴ等を加えて加工したものでもダメで不可との事でした。

 

徳島県

元・役員等は「40〜50年前の事を現在の県当局者が知るはずもなく、また許可書類も残っていないのだろう」とも。

 

また「その当時の県協会の役員は殆どが中学・高校の教員でしたので、違法と知りながら無断で使用などは絶対にしていない」と。

 

しかし、違法なモノをそのままにしておいて使用は不可能ですし、さりとて県協会にも許可書が残存していません。

 

そこでS理事長と相談し、徳島県ソフトボール協会(創立・昭和23年6月)70周年記念(平成30年6月)に合わせ、新しく県協会のロゴマークを作成しようと決めました。

 

前回の理事会で創立70周年記念事業委員会を設けたばかりです。

次回の理事会(7月3日(日)17:00分Fコミセン)で諮る予定です。

 

徳島文理大学 石部宅建

私の会社でも息子が県・市に許可願いの申請書を提出し、県から「すだちくん」「ちっかーず」市から「阿波踊り娘・トクシイ」の許可書を頂いています。

 

法律では社名・社章・商標等は特許庁に申請し、登録済許可を受けなければなりません。

それを怠ると其れを登録した者から商標等の侵害等で、訴訟される恐れが大なのです。

 

卑近な例ですが某喫茶店が商標登録を怠り、新たに登録した方から使用不可を訴えられ、永年親しんできた店名を変更した事案が有ります。

 

事ほど左様に、商標とかロゴマーク作成・使用には細心の注意が必要ですね。

 

ハトマーク

先の東京オリンピックのロゴマークでも然りでした。

 

県協会にはそのための予算がなく、県協会所属のチームを対象に募集し、賞品としてボールを○ダースか差し上げたらと思います。

 

その時には、各チーム関係者の皆様には奮って応募して頂けたらと思います。

 

助任

特に中学生・高校生チームの選手には、期待すること大であります。

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん石部宅建
べーやんは 2016年も 阪神タイガースを 応援します(56年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

8:45分に徳島科学技術高校に行きました。

 

徳島科学技術高校

9:00分から開催されました、第2回審判員・記録員第3種認定講習会の開講式に出席するためです。

M事務局次長の司会進行で始まり私の挨拶の後に、講師の紹介がなされました。

 

審判担当・徳島県ソフトボール協会M審判長、記録担当・同Y副記録長でした。

その後審判・記録別に分かれて講習会が始まりました。

 

徳島ソフトボール

私は直ぐに吉野川北岸市民運動公園ソフトボール場へ行きました。

12日・19日に予定していた決勝戦が雨天で延び延びになっていました。

 

徳島 ソフトボール

昨日もD・Cグランドは前日までの雨天の影響で使用不能でした。

また決勝が延期続きで仕事や用事のため選手が揃わず、棄権したチームが有り結局二大会の決勝戦2試合だけでした。

 

それでBグランドで9:00分からレディースの決勝戦を、10:30分から実年の決勝戦を行いました。

 

徳島 ソフトボール

またAグランドでは10:00分から、国体・徳島県選抜・成年男子の強化試合が3試合行われました。

 

徳島 ソフトボール

対戦相手は和歌山県から2チームが来られていました。

 

Aグランドに行きますとN事務局長から紹介され、和歌山県チームの帯同審判員で理事・指導者委員長S氏と名刺を交換させて頂きました。

 

私も以前には徳島県選抜成年男子チームの帯同審判として、県外遠征に行った事を思い出しました。

特に高知県に遠征した時の元・TセンターのN投手の投球の速いことに驚きました。

 

以前にも吉野川グランドでN投手の投げる試合の審判をしましたが、その時は3塁審判員でしたが投球速度に目を見張りました。

 

しかし高知県の春野に在るソフトボール専用球場でのピッチングは、周囲のスタンドに囲まれた中での投球で一段と速く感じました。

 

昨日の国体強化大会を観ながら、全日本のエースで有ったN投手を越える選手が未だに出て来ていない事を思いました。

 

国体

また昨日の実年大会ではNクラブのS投手が健在でした。

彼は若い時からバッテリーを組むT捕手(兼・監督、県協会常務理事・技術委員長)と共に、何度も全国優勝をしています。

 

そしてまた、徳島県でもS投手を越える選手が、未だに出て来ていないと思いました。

かのNチームは全国大会に出場し、年齢と共にクラブ・壮年(40歳代)・実年(50歳代)と何時も優勝・準優勝の成績を残されています。

 

野球やソフトボールはピッチャー次第と良く云われますが、阪神タイガースは投手が良くても打てなくて勝てません。

やはり投打のバランスが取れていないと勝つのは難しいのです。

 

助任

頑張れ徳島選抜チーム。

頑張れ阪神タイガース。

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん石部宅建
べーやんは 2016年も 阪神タイガースを 応援します(56年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

何事かと思いLINEを見ると、少女ソフトボール関係者の方から私のブログにコメントが寄せられていました。

LINE
5月29日(日)に開催された、徳島県少女ソフトボール大会へ参加されたチームの保護者(母親)からでした。
S理事長から相談があり、今年から少女ソフトボール大会は参加チームの地元で開催したいとの事でした。

地元で開催すれば、少女ソフトボールの普及・啓発に良いと思いますからと。
今年はJイーグルスの地元、J小学校の運動場にネット(51m)を張り大会を行いました。

その日は4大会が重なり、会場には私とS理事長のほか4名の審判員で担当しました。

私が3塁審判・S理事長が2塁審判の時に、それは起こりました。

つい先日のブログにも書き込みましたが、I少女ソフトボールチームの先頭打者(3番打者)がオーバーフェンスのホームランを打ちました。

2塁審判のS理事長が左中間の外野まで追いかけました。
私は3塁と2塁の間の内野に移動して飛球の行方を見ていましたら、S理事長の右手が頭上でグルグル回りました。

試合後にF監督からお話を聞くと、「初球から思い切っていけ」と送り出したが、「まさかオーバーフェンスのホームランとは」と驚かれていました。

本当に試合会場が大歓声に包まれました。
対戦相手からも次の試合の待ちチームからも大拍手が沸き起こりました。

そのチームは大会は負けたのですが、試合後に母親がバックネット裏にこられホームランボールを記念に頂けませんかと。

昨夜見たブログは、その後の出来事の書き込みでした。
お母様が私のブログを覗き、ホームランを打った選手の娘さんにも見せましたと。

また選手の祖父母が孫娘の応援に行きたいと云っていたが、孫娘がアガルといけないからと応援に行くのは我慢をされたらしいのです。

そしてあの記念のホームランボールは、爺ちゃん婆ちゃんの結婚記念日だったのでサインをしてプレゼントをしましたとも。

子を持つ親として、いや孫を持つ爺として良く理解出来ます。
本当に何よりも嬉しかった結婚記念品になった事と思います。

記念のボールをとの話は、T審判員がS理事長にS理事長から私に話が有りました。
S理事長が、これも普及の一環だと差し上げました。


徳島ソフトボール
こんなに喜ばれるとは思いもよらなかったものです。
昨夜は早速コメントにお返事をさせて頂きました。

早速S理事長にも伝え、7月3日(日)の定例理事会でも報告させて頂きますと。
なぜか心が温まるコメントで嬉しく思いました。


助任
今後ともソフトボール競技にご支援ご協力の程をお願いいたします。
誠に有り難うございました。

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん石部宅建
べーやんは 2016年も 阪神タイガースを 応援します(56年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。
10:30分に、徳島県ソフトボール協会のS理事長と、徳島駅前で待ち合わせました。

徳島文理大学 石部宅建
11:00分から駅ビルのクレメントホテルで開催されました、K徳島県議会議員の第101代副議長就任祝賀会に出席するためです。

徳島県ソフトボール協会
4Fで受け付けを済ませ、待合ロビーで開場を待ちました。
10:15分に会場入り口の金屏風前にKご夫妻や後援会長・発起人代表の方が並ばれました。

館内放送でロビーの出席者の方々に入場案内がなされました。
私もS理事長と共にK県議会議員(前・徳島県ソフトボール協会会長)にご挨拶をし入場しました。

10人掛けのテーブルが40台ほど設置され、私達はテーブルナンバー28番でした。
発起人や来賓の方々が登壇され、最後にKご夫妻が壇上に登られました。


徳島県ソフトボール協会
K氏・A女史の司会進行で祝賀の詞・「詩吟・O氏(K議員の甥)尺八・I氏」が朗々と吟じられました。

その後に開会のことば、T発起人代表あいさつ、M後援会会長あいさつがありました。

来賓祝辞ではI知事・G衆議院議員・F衆議院議員・N参議院議員(代理令夫人)・M参議院議員・S議会議長・N徳島大学学長が祝辞を述べられました。


徳島県ソフトボール協会
続いて来賓紹介と祝電披露がありました。
最後にK議員のお礼と感謝のご挨拶がありました。

祝宴に移り、阿波ぞめき・祝の舞、阿波ぞめき三味線「渦の会」主宰・F氏と、徳島県一の尺八の名手と自他ともに認めているK県議会議員の共演が行われました。

見事なコラボに会場は静寂を保ち、後半に阿波踊り(一人の女踊り)の時まで聞き惚れました。
その後にE徳島市長により乾杯がなされ、祝宴が始まりました。


終盤には私の地元の阿波踊り有名連、G連の女法被おどり(桃)が会場に躍り込んで来ました。
そのまま舞台に上がり洗練された阿波踊りを披露されていました。

なんとその中央で踊っていたのは、S理事長の娘・Hさんでした。


徳島県ソフトボール協会
本来なら連長等とともに、スペイン公演に出かけているはずですが、K議員の娘さんも同じG連で女法被おどりをされており、このたびは友情出演になったと思われます。

K議員の娘さんと共にに上手に踊っていました。

S理事長は「娘は好きな踊りをしているから」と理解されていますが、母親からは「踊りばかりさせてないで、早く結婚をさせないと」と急かされているそうです。

いつも私はS理事長に「親に似ず美人だから、心配しなくても彼氏は居るから」と嗾けています。
S理事長曰く「それが彼氏は未だに誰も居ないのです」と嬉しそうに言われています。

昨日も娘さんが祝賀会に踊りに来ることは知らされていないようで、ガラケイで娘さんに電話をして確認していました。

会場内では大勢の知人の方々にお会いし、ご挨拶をさせて頂きました。

G衆議院議員・I県知事・E徳島市長・Y阿南市長・H元県議会議長・O県議会議員・I県議会議員・K化学会長・G寺O住職・A道路H専務・県視覚障碍者N事務局長・阿波踊り保存協会U理事長・俳句会主F女史・阿波ぞめき渦の会F会主等でした。

渦の会F会主は40年以上前からの知人で、妻とも阿波よしこの大会等で知り合いでした。
私が「妻は現在では、北海道の日本民謡S連合会S・M家元に教えを受けています」とお話ししました。


佐々木基晴
彼は驚いた様子で、「S・M家元様は日本一の民謡の大家ですよ」と云われました。
他からも聞きましたが、なんでも民謡をされている方々なら皆さんご存じで、中々教えて頂けない先生なのだ」と。

少し前にも県内で民謡を教えられている会主様から、S・M家元様が徳島に来られる時があるなら、たとえ1時間でも30分でも教えて頂けないものだろうかと相談された事がありました。

徳島には阿波踊りに10度ほど来られています。
妻は毎月のように大阪に稽古に行っています。


大阪
来月は北海道に行き民謡大会に出場しますし、家元さん・M先生と心安く呼んで懇意にさせて頂いています。

昨日は帰宅後に妻に改めて言いました。
6月「15日から大阪に行き、S・M家元様から直接民謡の指導をして頂くのなら、くれぐれも失礼のないように」と。


徳島県ソフトボール協会
昨日は他にも知人が大勢来られていたので、ご挨拶をと思いながらも出来ない内にフィナーレの阿波踊りとなりました。

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん石部宅建
べーやんは 2016年も 阪神タイガースを 応援します(56年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。