8:30分に吉野川北岸市民運動広場ソフトボール場に行きました。

 

徳島 四国 ソフトボール

丁度、審判員・記録員のミーティングが始まったところでした。

M審判長(副理事長)が、「会長、一言ご挨拶を」とのことでした。

 

私に続いてS理事長が挨拶後に、M審判長から審判割りが、Y副記録帳から記録の割り振りが発表されました。

 

ミーティング後に直ちにA・Bの担当グランドに別れて行きました。

 

徳島 四国 ソフトボール

Aグラウンドでは全日本教員大会・県予選の決勝戦が行われました。

Bグラウンドでは全日本シニア春季大会・県予選が行われました。

 

徳島 ソフトボール

またAグラウンドでは11:00分から、全日本一般男子(ゴム球)大会・県予選が行われました。

全日本教員大会では眉山クラブがウイングスを下し、優勝され全国大会に出場されます。

 

徳島 ソフトボール

10:30分に試合が終わり直ちに表彰式が行われ、私が表彰状と優勝旗の授与をさせて頂きました。

 

徳島 ソフトボール

優勝旗が約60年前にNゴム様(ゴムボールメーカー)より寄贈されたもので、ボロボロになっておりました。

 

S理事長がそれを見かねて、「Nゴムの営業マンに新規に寄贈して頂けないか相談してみます」とのことでした。

 

Aグラウンドでの全日本一般男子(ゴム球)の試合が進み、いよいよ決勝戦が行われました。

こちらはMARC(吉野川市体育協会・青年部)が加茂体育協会を下し優勝されました。

 

徳島 ソフトボール

またBグラウンドでは全日本シニア春季大会も順調に進行し、来週の14日(日)に準決勝・決勝戦が行われる予定です。

 

徳島 ソフトボール

昨日は天候に恵まれ風が強かったですが、順調に試合が消化されることができました。

風に乗って黄砂が多く、車にもうっすらと被っていました。

 

トヨタ

16:00分に後片付けをしミーティングが行われ、S理事長が鳴門市での交流試合を観に行き不在のため、M審判長(副理事長)が進行しました。

 

「A・Bグラウンドとも、何かミスやトラブルは有りませんでしたか」と。

 

A・Bグランドとも試合後にM審判長の講評が行われています。

また、各試合ごとに審判長や副審判長から、それぞれジャッジやコンビネーションについて指摘されています。

 

最後の全体ミーティングでも、昨日は大したミスもなく終了したようでした。

最後にM副会長(財務委員長)の閉会の挨拶、「何もなし、解散」の言葉で1日が終わりました。

 

昨日も昼の弁当を食べながらS理事長やM審判長から、「会長、昨年審判員として資格取得し、今年も熱心に出席してくれております若手・中堅の人8名を大事に辛抱強く育てて行こうと思います」との事でした。

 

そして、M審判長も、「暫くの間は厳しいことは何も言わず、ドンドン審判の経験を積ませて行くつもりです」とも。

 

また、S理事長も、「何事も経験に勝るものはないので、塁審は勿論のこと球審も積極的に割り振って行けば良い」と。

 

べーやん

財務全般はM副会長が、協会全般はS理事長が、審判員はM審判長が、記録員はM記録帳とY副・N副記録帳が、事務局はN事務局長とM次長が、また総務委員会はS委員長が、広報委員会はM委員長が、技術委員会はT委員長が、指導者委員会はF委員長が女性委員会はH委員長が、国体委員会はT副理事長がそれぞれの立場を弁えて努力して頂いております。

 

来年の平成30年6月には、徳島県ソフトボール協会の創立70周年記念(昭和23年・1948年6月)の行事が予定されております。

 

徳島ソフトボール

その時には新しい会長にバトンタッチが出来ていれば良いと思っています。

私は最初の約束通り、テンポラリーランナーとして、任期(1月〜12月末)一杯まで頑張ります。

 

徳島市 ソフトボール

昨日のS理事長やM副理事長(審判長)との会話の中で、協会も前途洋々だと安心致しました。

昔から、最強の組織は上から老年・壮年・青年のピラミッド型と云われています。

 

しかしながら私の持論ですが、いつまでも高齢者が出しゃばるようでは、組織運営は巧く行かないのです。

 

助任

昨日は朝から一日中グラウンドに居て、その事を強く感じたことでした。

 

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年 お陰様で 2016年に 創業30周年を迎えました。

べーやん

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

べーやんは2017年も 阪神タイガースを応援します(57年目に突入)

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。
にほんブログ村

コメント
コメントする