今年の阪神タイガースのスローガン、「挑む」を掲げての金本阪神が開幕から今のところ好調です。

 

阪神タイガース

心配だった若手中心の起用も、順調な成長ぶりを見せてくれています。

 

阪神

まだ投手陣はメッセンジャー以外は安心して観られませんが、それでも若手中堅が先発や中継ぎを任され、押さえは外国人の二人に託されています。

 

私の大好きなベテラン鳥谷選手は今期からサードにコンバートされ、昨夜は連続試合出場1766試合に伸ばし、金本監督の持つ歴代2位に並びました。

 

阪神

今年35歳の鳥谷選手は2004年に早大から自由枠で入団後から出場を続けています。

2012年の開幕戦から続けていた連続試合全イニング出場は、昨年7月に歴代4位の667試合で途切れました。

 

鳥谷

昨年の鳥谷選手は大変コンディションが悪く、成績が振るいませんでした。

 

彼のような名選手・名ショートでもと思うようなプレーも見受けられ、金本監督の決断で先発メンバーから外れました。

 

彼はプロ野球選手が選ぶポジション別の投票でも、最近では常に第1位の評価選手でした。

今年から監督の意向でサードを守っています。。

 

後任のショート北條選手も、「このポジションを十数年間も守って活躍されたのは凄い事だと思います」と。

それも華やかさはなく、黙々とショートを守ってきたわけですから。

 

今年は金本監督が耐えて忍んで遣い続けている若手が成長しています。

 

高山選手が頭一つ抜けていて、後は昨年まで育成選手であった原口選手が続き、昨夜はベテラン福留選手に替わり4番打者でした。

 

他にも中谷選手・糸原選手が頑張り、江越選手や横田選手も居てチーム内競争が激しくなっています。

また何と言っても新加入の糸井選手が打撃陣の主軸として活躍しています。

 

阪神タイガース ソフトボール

そして今年は正捕手に梅野選手が定着し、全試合にマスクを被るようですので楽しみです。

試合ごとに、投手毎に捕手が変わるようではダメな事は、野球にはズブの素人の私でも判ることです。

 

金本監督はインタビューで、「現在の状況は自分の考えていた事より、少しだけ良すぎます」と云われていました。

 

阪神タイガース

現在はセリーグで昨年の覇者・広島カープに次ぎ2,5ゲーム差で2位ですが、何とかこのままオールスターまでAクラスの3位内で行って貰えばと思います。

 

毎試合ヒヤヒヤしながら、ブツブツ文句を言いながらテレビ観戦をしています。

 

頑張れ阪神タイガース。

 

阪神

今年も甲子園に応援に行くぞ。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年 お陰様で 2016年に 創業30周年を迎えました。

べーやん

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

べーやんは2017年も 阪神タイガースを応援します(57年目に突入)

JUGEMテーマ:プロ野球全般

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。
にほんブログ村

コメント
コメントする