つい先日の地元S放送・テレビニュースで、助任川に落水した男性の救出の状況が放映されていました。

 

助任

その場所は私が毎日通勤途上で車で通り、また毎晩のウオーキング時に歩いている場所でした。

 

イルミネーション

テレビニュースによれば、新・助任橋の上で中年の女性が大きな声で喚いているのを、たまたま橋の北詰の袂でビラ配りをしていたT大学工学部の男子学生が聞きつけ川面を覗き込んだとの事。

 

徳島大学

すると中年の男性が水面を浮き沈みしていたので、小学校の時に教わった水難事故の救助方法を思いつき、配布用ビラが濡れないように持参していたゴミ袋(ビニール製45L)に空気を入れ、川に何個も投げ入れたとの事でした。

 

徳島 助任 阿波踊り

また他の男性も手伝ってくれ、そのうち消防署の救助隊が駆けつけ救助されたと。

 

昨夜、他人から聞きましたが、その学生は同業者(不動産業者)が雇ってビラ配りをしていた学生アルバイトでした。

 

何故、落水したのかどうかの報道はなされませんでしたが、その模様はS放送の屋上カメラで撮影されていました。

 

以前にS放送に勤務された方から聞いた事がありますが、あの手のカメラは県内アチコチに設置してあるとの事でした。

 

三好市(池田ダム)、美波町(大浜海岸)、鳴門市(千畳敷)、徳島市(吉野川大橋)、(眉山山頂)、(本社社屋屋上)等らしいのです。

 

徳島市 眉山

カメラの性能も大変良くて○○km先の被写体でもハッキリと映し出せるとも。

先日の事故現場の助任川はS放送から僅か150m程の距離なので、バッチリと鮮明に撮られておりました。

 

水面でビニール袋にしがみ付き浮き沈みしている男性らしき人(顔面に暈しが入り不明)や、救助隊員がロープを付けて川岸から川面に飛び込み救助する様子が映し出されていました。

 

助任

また川岸の救急車や救助隊の車両・野次馬の人達も映し出されていました。

無事に救助されましたが、落水の理由は未だに報道されていません。

 

毎日通行利用している助任橋ですが、川に落ちるような箇所はありませんので不思議に思います。

欄干を乗り越えるか、川岸の歩道から1.2m以上もある護岸を乗り越えるしか落水しないのです。

 

なにわともあれ無事救助され良かったと思います。

さてさて、かの男性学生アルバイトは人命救助で表彰されるのでしょうか。

 

実際には消防署の救助隊が救出したので、果たしてどうなるのかなと思います。

しかし咄嗟の判断で小学生の時の教えを思い起こし、ビニール袋を投げ入れたのは素晴らしい事だと思います。

 

是非とも彼には人命救助表彰を差し上げて頂きたいものです。

 

また彼をアルバイトに雇われた会社からは、その間の時給よりも高い金一封が出るかも判りませんね。

 

助任

なんにしても良かった良かったニュースでした。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年 お陰様で 石部宅建は 創業30周年を迎えました。

べーやん

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

べーやんは2017年も 阪神タイガースを応援します(57年目に突入)

JUGEMテーマ:日々のくらし

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ
にほんブログ村

コメント
コメントする