広島カープの優勝はお見事でした。

 

途中(鯉のぼりの季節まで)でだれる事もなく、最後まで緊張感を持って一戦一戦戦い抜きました。

 

25年ぶりという優勝でしたが、誠にアッパレな戦い振りでした。

勝ちゲームの半数が逆転勝ちで勝負強さが光りました。

 

エースの前田投手がメジャーリーグに行き、中心選手が怪我や故障で不在のなか、若手が大活躍をしました。

 

もちろんベテラン選手で、メジャーリーグから帰って来た黒田投手や、阪神タイガースから出戻りの新井選手が大活躍をしました。

 

広島カープファンには誠におめでとうございました。

広島市に在住の妹夫婦家族の喜びは、如何ばかりかと思います。

 

それに比べ我が阪神タイガースは今年は残り11試合ですが、このまま5位(Bクラス)で終わるようです。

 

阪神

今年は金本監督の1年目で、超変革のスローガンで挑戦しましたが、誠に残念な結果に終わりました。

今シーズンは若手を育成しながらの戦いでしたが、まだまだプロ野球に適応していない様子でもありました。

 

阪神タイガース

若手選手の藤浪・高山・北條・中谷・原口・坂本・板山・梅野・江越・横田選手の一軍での期待感が大きくありました。

 

阪神

合格点は新人選手の高山選手と、育成選手から上がってきた原口選手ぐらいなものです。

中堅選手みたいですが藤浪投手はまだ大学卒の新人選手と同年なのです。

 

阪神

体力的に恵まれた横田選手は2軍では長距離バッターでも、1軍ではボテボテのヒットしか打てない情けない状態で、何時の間にか一軍から消えてしまいました。

 

ベテラン西岡選手は怪我ばかりで役立たずですし、4番バッターとして補強したゴメス選手はサッパリでした。

来期ゴメスはクビとの情報がスポーツ紙にもチラホラと記載されだしました。

 

ベテランでは福留選手の活躍が大きかったですが、中堅の大和選手や上本選手は来期は守備要員か不用でお払い箱かなとも思います。

 

またコーチ陣は責任を取らされる人が大勢でてくるでしょうね。

早くも、阪神コーチ陣で就活をしているとネットで書かれています。

 

野球解説者の間ではヘッドコーチの矢野氏の責任が重大だとも。

もっとハッキリ監督に意見具申をしなければいけないとも。

 

広島カープの緒方監督は、コーチ陣とディスカッションをよくし、コーチの意見を採用するのだと。

先発オーダーでも監督とコーチが別々の選手を記載した時には、コーチの意見を聞きそのオーダーを採用するのだとも。

 

そして試合後でのミーティングは投手陣を含め、1軍選手全員で反省点のデイスカッションをされると。

また以前の試合のVTRをを観て、何処が良かったか・何処が悪かったかを検証しているのだとか。

 

昔から優れた大将には良い作戦参謀が付いており、何が正しく何が間違いかをハッキリと意見具申をされたとの事。

 

以前、衆議院議員であった故G先生からお話をお伺いした事がありました。

 

N総理大臣の顧問をされていたI商事のS会長(元・陸軍参謀)は、総理大臣の諮問に対し必ず3案を提出したと。

N総理が、「どの案が一番良いか」と訊ねられると、「それは総理がお決め下さい」と。

 

さすれば「この案はN総理のモノになりますから」と云われたそうです。

 

「誠に参謀の鑑であり、トップに対する有り様を目の当たりに見た」と。

我が阪神のコーチ陣にも、そう有りたいものだと希望します。

 

阪神

若手に切り替える時ほど難しいと思いますが、後2年間は金本監督の采配に文句は言わないつもりです。

 

しかし若手は波に乗せると凄い力を発揮しますが、一度凹むとなかなか立ち上がれないものなのです。

やはり経験不足によるのかなとも思いますが。

 

何事も老・壮・青の三角形のピラミッド型が一番良いと思います。

野球にはズブの素人ですが、阪神を愛する事には誰にも負けない気持ちでいます。

 

阪神

昨日、金本監督が「残り11試合の戦い振りを見て、来期の戦力として遣うかどうかを判断する」と。

そして球団に対し、「若手選手の年俸を少し活躍したからと、たやすく上げないで頂きたい」と申し入れたとも。

 

阪神タイガース

また「彼等若手はチヤホヤされるし、年俸が倍等になると直ぐに勘違いをするから」と。

少し気が早いですが今年のストーブリーグが楽しみです。

 

助任

頑張れ阪神タイガース。

頑張れ若手選手。

頑張れ残り11試合。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年
お陰様で 石部宅建は 今年で 創業30周年を迎えます。
べーやん
べーやんは 2016年も 阪神タイガースを 応援します(56年目に突入)
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。
徳島文理大学から 南へ徒歩1分の場所で 営業しています。

コメント
コメントする