昨日は10:00分に自宅を出て、10:20分に徳島県板野郡松茂町に在る、徳島県自動車運転免許センターに行きました。

 

前日には一緒に運転免許証更新に行く予定であったK家主様から電話があり、「急用が出来たので申し訳ないですが、明日は一緒に行けなくなりました」と。

 

なので9:00分出発を10:00に変更して行きました。

前回に次いで2度目の運転センターでした。

 

以前は徳島市論田町に在ったのですが、徳島空港が拡張されたのに伴い、空港ビルが滑走路が延長された海側に移転し、その跡地が運転センターとなりました。

 

なので県道(旧国道11号線)を右折すれば直ぐ目の前に旧・空港ビルが目に入ります。

 

広い駐車場に車を駐め、運転センターに入りました。

入り口でスタッフから、免許証更新ですか」と聞かれましたので、「はい」と答えると、「左奥の2番が空いております」とのこと。

 

2番の受け付け窓口で、H自動車教習所から頂いた書類と、県運転センターからの案内ハガキを提出しました。

そこで更新手数料2500円と交通安全協会会費1350円を支払いました。

 

直ぐに、「6番窓口に行って下さい」とのこと。

6番窓口では、「免許証ケースは何色が良いですか」と聞かれたので、「紺色を」と云いました。

 

その後、「この書類を持って行き、向こうで視力検査を受けて下さい」とも。

 

視力検査では、「眼鏡使用ですね」と。

そして左右の視力検査と両眼検査も受けました。

 

そこでまた、「前で写真撮影がありますので」と。

 

写真撮影が済むと女性スタッフから、「12番でお待ち下さい」とのことでした。

5分間ほど待つと女性スタッフが来られ、「お待たせしました、順番にお名前をお呼びしますので」と。

 

呼ばれて机の前に行くと新しい免許証を渡され、「住所・氏名・生年月日等に間違いはありませんかご確認下さい」と。

そして受領サインをしました。

 

後期高齢者はゴールドか否かに関わらず、免許証有効期限は3年間なのです。

なので期限は、「2023年(令和05年)12月13日まで有効」となっていました。

 

確認しながら、果たして次回の更新時期には81歳なので、ここに来ることになるかどうかと思いました。

 

皆さんが云うには、「あんたは元気なので、次の更新も心配ない」と云うのですが。

しかしこればかりは神仏のみしか判りません。

 

昨夜も息子(三男)が来て、「これで握力を測定してみて」と。

この前のNHKテレビ番組、「ためしてガッテン」で、握力が強い人は長生きするとのことでしたので。

 

立ったままでの測定で2回づつ計り、右が44,6と44,5で、左が38,5と38,4でした。

その握力測定器の付録雑誌には75歳〜79歳が30,0でしたので、まぁまぁ軽くクリアしていました。

 

息子(三男)曰わく、「やはり毎晩のウオーキング時に2kgづつの重りを装着しているので、下半身や体幹が鍛えられているからだ」とも。

 

そして、「テレビ番組で言っていた通り、お父さんは長生きするわと皆が言っている」と。

そこで私が息子に握力の測定をするように言いました。

 

先程もしたけどと言いながら右で握力測定器を握りました。

なんと75,4の数値が表示されていました。

 

やはりウエイトトレーニングをしているので凄い測定値でした。

他にもジムに通っている人はまだまだ凄い人もいるのだとか。

 

因みに息子(二男)の高校時代のレスリング部顧問T先生は、私の友人が経営するスポーツ店で測定した時には、何度計測しても最高の100まで達して計測不能でした。

 

この前のNHKテレビ番組に出演されていた人は、特別測定器で測ると確か156でしたが。

 

上には上がおられるものです。

 

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

コメント
コメントする