先日、知人から教えられたJA大津前に在る、「えがお直産物販売所」に行きました。

 

そこにメダカの、「ブラックダイアモンド」を販売していたとの事でしたので。

 

11:00分に自宅を出て、国道11号バイパスを北に向かい走行しました。

この前には息子(二男家族)と妻は、同じ鳴門のI農場に行きました。

 

なので妻曰わく、「この前に行った所と同じ所なん」と。

 

私はI農場へは行った事がないので、何処に在るのか分かりませんが、JA大津前の「えがお」は知人に詳しく場所を聞いていたので、直ぐに分かりました。

 

妻曰わく、「ここはこの前に来た所と違うわ」と。

 

先に「えがお」でメダカを見てから、鳴門市北灘町に在る北灘漁協が経営しているレストランでランチをする予定でした。

 

妻は「えがお」に着くと、梨や野菜・お菓子類を購入したりしていました。

私は横側で販売しているメダカを見に行きました。

 

やはり知人に教えられた通り、「ブラックダイアモンド」が「ブラック・1尾1000円」で売られていました。

 

阿波市D町の夫婦の販売主が、「このブラックは珍しいですよ、如何ですか」と。

なので私が、「内にもブラックは沢山いますので、他の品種を見せて下さい」と云いました。

 

販売主曰わく、「ええっ、このブラックを沢山飼育されているのですか」と。

「それなら、このメダカは如何ですか、目が赤いメダカです」と。

 

なので私が、「ブラック・オロチは居ないのですか」と。

 

販売主曰わく、「オロチは次に持って来ますので、今日は此方の珍しい三色メダカ(白・赤・黒)を番で如何ですか」との事でした。

「番で1800円ですが、安くしておきますので」と。

 

なのでその三色メダカを購入し、薦められて水槽水・浄化液剤も購入しました。

 

販売主がメダカをビニール袋に入れながら、「1時間以内に水槽に放してやって下さい」との事でした。

ペットショップでは、ビニールふくろに酸素を入れてくれるので、長い時間でもOKなのですが。

 

なのでランチをするのを取り止め、「えがお」で○○料理店が販売している丼物を購入して急いで帰りました。

 

自宅に着くなり、水槽に新しく作った水にカルキ抜き、買ったばかりの浄化液剤を入れ、そこに三色メダカを放してやりました。

 

その後、他の水槽も底に溜まったモノを清掃し、浄化液剤を入れてやりました。

 

そして銀色のメダカで背中に筋が入っているメダカの中で、ダルマ(短躯)のモノを掬いだし別の水槽に入れてやりました。

この銀色メダカは500円で販売されておりました。

 

各水槽のメダカに少し餌を遣り、簾を覆い被せて日除けをしてやりました。

 

1年程前に、徳島市川内町の○○団地の知人宅に行く途中で、メダカの水槽を清掃している方に合い、住居所在地を尋ねました。

 

その時の立ち話で、その方の水槽を見ると、オロチが多数泳いでいたものです。

それ以後にはペットショップでも知人宅等でも、オロチを見掛けた事は有りません。

 

最近ではオロチも数が増え、値段も下がっているとかですが、ブラックが未だ1000円もするのなら、2000円は最低でもするだろうなと思いますが。

 

「たかがメダカ、されどメダカ」なのです。

そして、生き物は手間暇が掛かります。

 

「えがお」の駐車場で、お客さんが愛玩犬を連れて来ていたのを見ながら、「やはり犬が飼いたいなぁ」と二人で眺めていた昨日でした。

 

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

コメント
コメントする