最近、毎晩のように徳島中央公園内で出逢う、ウオーキングをされている方とお話をする機会が有りました。

 

先月ぐらいからお見掛けするようになりました、高齢者で60歳代の男性なのです。

 

私の知人や知人夫婦と4名で休憩していると、直ぐ目の前でストレッチやスクワット運動をしていました。

 

此方からお声掛けをしますと、彼の人曰く「お宅等ご夫婦でウオーキングされていて仲がイイですね」と。

1組は夫婦でしたが、私と知人は休憩時に一緒に居ただけなのですが。

 

昨夜も鷲の門で休憩中に、彼の人に会いました。

彼の人が近づいて来て色々とお話をする事が出来ました。

 

その話の中で、彼は親の跡を継いで骨董商を営まれているとの事でした。

「初めは嫌で有ったけど、今では楽しいし面白い」とも。

 

なので何でも興味を持つ性格の私が、人気テレビ番組の「○○鑑定団」の鑑定家等についてお聞きしました。

 

その中で興味深くお聞きしたのは、「○○鑑定団」で値段が付くと、実際に業者が買い取る価額はその10%ですよ」と。

 

骨董品鑑定にはズブの素人の私は驚きました。

彼再度曰く、「300万円の値付けがされると、業者が買い取るのは30万円ですよ」とも。

 

なので骨董店の経営者は、「○○鑑定団が高価格の値付けをしてくれるので、業者は喜んでいますよ」とも。

 

しかしテレビ番組で犯したミスについても、裏話を聞く事が出来ました。

 

彼の人はつい先日でもブログに投稿した方なのですが、夜にNETでの営業をされているのだとか。

 

そしてまた彼の人の話の中で、店舗に来られる来客で、○○国のお客様が来ると要注意なのだそうです。

4〜5人で来て、此方のお客様の対応をしている隙に、店頭に並べて置いてある骨董品を盗るのだそうです。

 

また、「最近は新型コロナウイルス感染拡大防止策で、来日客が激減したので来店も無くなりました」と。

 

その代わりに変な外国人がNET検索をし来店しているとも。

店舗の入り口付近でウロウロしていて、此方から声を掛けると帰るのだそうです。

 

なので、「これらの外国人にも注意が必要だと」か。

 

そして、「先日も委託販売の骨董品が無くなっており、委託者に事情を話して弁償をさせて貰いました」とも。

 

また、「NETで売れたので発送をと思い陳列棚を見に行くと、その品物が無くなっているので、買い付けられたお客様には商品を破損させたのでと苦しい言い訳をし、謝罪し取引は出来ませんでした」との事。

 

骨董店を経営されている方のお話を初めて聞く事が出来ました。

 

昨夜は大変興味深く勉強になりました。

 

彼の人曰わく、売買するなら骨董店でも、「陶器では伊万里焼専門とか、刀剣専門とか絵画専門等々と得意が有るので、その道の専門家に依頼すればよい」とも。

 

なので私がテレビ番組の、「○○鑑定団」の鑑定家の事をお聞きしましたら、彼の人は笑いながら、「彼は話し方が上手ですから」と笑いながら色々と話して呉れました。

 

毎晩、ウオーキングをしていると、思いがけない方にお会いするものです。

 

大変勉強にも参考にもなったウオーキングでの出来事でした。

 

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

コメント
コメントする