昨日厚生労働省が発表した簡易生命表では、前年度比で女性が0.13歳、男性が0.16歳延び8年連続のプラスとなったと。

 

日本経済新聞の記事によれば、世界的には女性が5年連続で世界第2位、男性が3年連続で世界3位で有ったとか。

 

     国・地域別の平均寿命(2019年)

順位   男性       女性

 

1   香港82.34     香港88.13

2   スイス81.7      日本87.45

3   日本81.45               スペイン86.22

 

厚生労働省によると、平均寿命とは今後死亡状況が変化しないと仮定し、その年に生まれた0歳児が、平均で何歳まで生きられるかを予測した数値だとか。

 

また厚生労働省の試算では、2019年に生まれた日本人で75歳まで生きる人の割合は、女性が88.2%・男性が75.8%。

90歳まで生きられる割合が女性で51.1%で男性が27.2%でした。

 

また2019年生まれの人が将来、癌や心疾患・脳血管疾患で死亡する確率は、女性が44.74%・男性が49.62%でした。

 

そしてこれらの病気による死亡が0になったと仮定すると、平均寿命はさらに女性で5.45歳・男性で6.65歳延びるとの事。

厚生労働省はまた、介護を受けたり寝たきりになったりせずに生活出来る「健康寿命」を算出しております。

 

最新の2016年は男性が72.14歳・女性が74.79歳でした。

なお日本人の平均寿命は、女性が1984年に80歳を超え、男性は1971年に70歳を、2013年に80歳を超えました。

 

はたして世界的な長寿国となって、日本人は幸せな国になったのでしょうか。

 

先日も知人と話をしていた中で、「健康寿命で90歳とか100歳までの長生きは良いと思うけど、それも考えようによっては、配偶者・友人・知人は勿論の事、場合によれば我が子にさえ先立たれるかも分からない」と。

 

考えてみれば正にその通りでもあり、「やはり85歳前後が丁度良い歳かも分からんなぁ」と。

 

誰しも老いて子や孫に、心配や世話を掛けたくないと思っているのです。

ましてや他人様のお世話になりながら、人生を終わるというのも如何なものかと考えます。

 

果たして自分は故・両親の老後の世話を出来たかどうかと、お盆が近づくと思うようになる今日この頃です。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

コメント
コメントする