昨日は朝から妻と一緒に、家主様宅にお中元をお持ちし、ご挨拶にお伺いしました。

 

某家主様宅にお伺いした妻が、中々辞去して来ないのです。

 

雨が強く降り出して来たので、失礼とは思いましたが門内に車を乗り入れさせて頂きました。

 

雨が小止みになって妻が玄関から家主様共々出てきました。

なので車から降りてご挨拶をさせて頂きました。

 

その時妻曰く、「○○様宅はメダカが沢山産卵し、孵化していますよ」と。

そして、「チョット見せて頂けば」と。

 

なので、玄関脇に置かれた多数の大谷焼の壺を覗かせて頂きました。

口径1尺〜2尺ぐらいの壺が十数個も置かれていますたが、全てにメダカが泳いでいました。

 

奥様の説明では、「初めは、息子が飼育していた大きな魚の餌として購入したメダカでした」との事。

 

「それが段々と数が増え続け、このように増えてしまいました」とも。

 

そして壺の中にはグレー・ホワイト・レッド・グレーにシルバー色のメダカが泳いでいました。

 

孵化した多数の稚魚も泳いでいました。

家主様曰く、「もう少し成長したら差し上げますから」と。

 

なので私が、「自分も飼育していますが、直ぐに水が青くなり苔が生え、水槽の底にヘドロが溜まるのです」と。

 

家主様曰く、「私は南向きの庭で日当たりが強いので、午後からは葭簀で日除けをしている」との事。

そして水草は私の所と同じモノでしたが、数倍も大きく育っていました。

 

また、「毎月、水替えをしてやり、水槽を清掃し、水草も綺麗に根元から洗ってやりますと水も青く変色しにくいですよ」と。

 

5~6年ほど前に、徳島県ソフトボール協会のN役員から、メダカ(ブラックダイアモンド)を頂戴したのが初めて飼育したメダカでした。

 

その時、N氏からも、「半日ほど日当たりの良い場所で、半日は日陰になる場所が飼育するのに適していますから」とお聞きしていました。

 

また、「そんな場所が無ければ、日除けの簾か葭簀張りをして調整してやればよい」とも。

 

昨日の家主様宅では、水槽の大きな壺に水草が生え日除けも有り、その壺を置いた上には日陰の樹木の葉が茂っていました。

 

なんと云っても我が家と違うのは、敷地面積が広く、門から玄関までの間にも、玄関から奥の日本庭園に行く間にも水槽用の壺(大谷焼)がズラッと並んでおりました。

 

事務所近辺の家主様宅は殆どが元々農家の方々が多く、所謂ところの屋敷に居住されて居られます。

殆どの屋敷には、日本庭園に池が造られ、錦鯉が泳いでいます。

 

我が家の狭隘な庭ではなく空間(空き地)には、メダカ用に10鉢もの水槽を置くと一杯一杯なのです。

 

昨日ほど、庭の広いお宅を羨ましいと思った事はありません。

錦鯉でも金魚でもメダカでも飼い放題なのです。

 

妻と辞去する時に、門の横に建っている大きな2階建ての納屋から、家主様宅の大型愛犬に吠えられました。

 

直ぐに妻が、「どうしたん、何を吠えてるん」と声掛けすると静かになりました。

そう云えば、妻が門を入って行った時には吠える声がしなかったのです。

 

やはり、あれは私に吠えたのでしょうね。

どこのお宅の飼い犬でも、妻には決して吠えないのですから。

 

帰宅後すぐにメダカの水槽を覗きましたし、強雨除けの為の水槽の蓋も除けてやりました。

今の所はブラックもグレーも順調に成育しています。

 

餌もベビー用からネクスト用に代えて遣ろうかなと思っています。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:めだか メダカ

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

コメント
コメントする