最近は毎週歯科クリニックに行っています。

 

昨日の予約は12:00分からでしたので、11:50分に受付に行きました。

直ぐに呼名され、治療室に入り、治療椅子(台)に座りました。

 

その時に私が、「先生、この前の様にバスタオルで枕をさせて下さい」と云いました。

 

O先生曰わく、「此方の方が良いと思いますよ」と大きなバスタオルを貸して頂きました。

私が昨年11月ぐらいから、左頸・左肩・左肩胛骨・左腕・左手・左指等が重く鈍痛が有り少し痺れるのです。

 

なので整形外科クリニックで検診して頂き、治療もして頂きましたが良くなりませんでした。

 

そこで近所の馴染みの整骨院に通院しています。

本当に良くなり、鈍痛も痺れも少なくなりました。

 

しかし、しかしなのです。

歯科クリニックに行くと、治療する時に治療用椅子(台)を後方に倒し、身体を寝させてから更に頭部を下げるのです。

 

すると覿面に左側の頸・肩・肩胛骨等に鈍痛が生じるのです。

 

前回はバスタオルを枕にして治療して頂き、鈍痛を感じませんでした。

しかし昨日は直ぐに鈍痛が始まり、何度も枕の位置を変えました。

 

O先生曰わく、「大丈夫ですか、もう少しだけ起こしましょうか」と。

しかし歯の治療中なので辛抱をしていました。

 

約1時間程で治療は終わりました。

しかし左側の頸・肩・肩胛骨が痛く、左上腕部が痛みました。

 

13:00分に会計を済ませ、事務所に行きました。

 

事務所に行くと、徳島中央警察署生活安全課から書類が届けられていました。

なので、その書類をI地区コミニティセンターに持参しました。

 

I公民館K館長と話を済ませ、16:00分にN整骨院に行きました。

ここは午後の部の診療が16:00分からなのです。

 

そして、左側を治療して頂きました。

私がN先生に理由を説明しました。

 

N先生曰わく、「悪い箇所に負担が掛かりますから」と。

 

最初に電気を当てた箇所を中心に指圧・整骨・整体を施して頂きました。

何時もの事ですが、帰る時には鈍痛も痛みも痺れも無くなっているのです。

 

しかしまた歯科クリニックの予約が11日(土)17:00からなのですが、N整骨院は土曜日は14:00分までなのです。

 

11日の夕方から憂鬱な時間が続きます。

若い時から、歯をもっと大切にしておけば良かったのにと、悔やまれます。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:日々のくらし

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

コメント
コメントする