半年ほど前から左肩や左腕に痛み(鈍痛・怠い)が有ります。

 

なので当初は整形外科クリニックに行きましたが、これという治療もされなくて、理学療法のみでした。

一向に回復しないので、そのままにしていたら繁忙期に入りました。

 

そして3月末には繁忙期も終わりましたが、新型コロナウイルスの流行で、整骨院にも行ってなかったのです。

 

昨日、久し振りに15:30分にN整骨院に行きました。

何と午後からは16:00分からの開業でした。

 

1度引き返し、16:10分に再度行きました。

 

まだ誰も居なく、私が午後から初めての治療者でした。

前日に腰痛を感じていたので、腰と左肩と左腕に電気をビリビリと10分間ほど当てて頂きました。

 

その後に、N整体師(整骨師・鍼灸師)が腰を先に整体して頂きました。

 

そして左側が具合が悪いのですが、左右の肩頸・肩・肩胛骨・二の腕・腕・手の甲を整体し、最後には左側を丁寧に整体して頂きました。

 

帰る時にN整体師が、「暫く通院してみて下さい」と。

なのでこれから毎日帰宅後に行く予定にしています。

 

夕食を済ませ、19:00分からNHKテレビニュースを見て、20:00分から日課の夜間ウオーキングに出掛けて行きました。

 

気のせいかどうか、何時もよりは左肩や左腕の痛みや怠さが少ないのです。

 

また就寝時間の23:00分にベッドに潜り込んでも、左肩や左腕の痛みや怠さが少ないのです。

 

昼間、事務所では息子(二男)が心配して、「肩や腕の痺れは放って置けば悪くなるから、自分が通院していたM整骨院に行ってみたら」との事でした。

 

しかし、これなら当分の間はN整骨院に通院してみようかと思いながら、昨夜は眠りに就きました。

 

半年間ほど放ったらかしていたので、直るまでに半年間は掛かるかも解りません。

それにしても神の手は存在するものですね。

 

私が何も言わず説明をきいたのみで、痛い箇所や怠い箇所をピタリと指圧したり、整骨されるのですから。

 

私のように指圧や按摩・マッサージはズブの素人には、何時もながら神の手にしか思えませんでした。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

コメント
N整骨院 N本先生です?

ゴッドハンドの持ち主ですね。引っ越し作業でぎっくり腰、3日後には壇上で証書受領の総代、しかも草履とはかま姿。この危機をみごとに乗り越えさせたのはN先生。

留学生、母国でのけんかで脱臼、以後なんども再発。公立病院の整形外科医が戻せなかった肩をみごとに修復。
  • by 門前不動産屋さんの応援団
  • 2020/06/02 1:01 PM
コメントする