息子(一男)の初孫(私の曾孫)が、生後8ヶ月を迎える事が出来ました。

 

生まれた時の体重が3840gと大きく育った女の赤ちゃんでした。

 

昨年の9月に誕生したのですが、今春の新型コロナウイルス流行で大変心配していました。

私は産まれてから会った事が無かったのですが、妻は昨年に会っていました。

 

そこで孫は毎年正月には帰省していましたが、赤ちゃんに無理はさせられないと、孫一家は帰省しなかったのです。

 

なので少し温かくなった春先に2泊3日の日程で帰省していました。

 

そして私達家族に幸福感を残し、大阪に帰って行きました。

それから少ししてから新型コロナウイルス騒動で、県外の往来は不要不急以外は自粛して下さいとの発出が出されました。

 

幸い孫家族も感染せず、曾孫は元気に成育し大きくなっています。

孫の嫁さんから妻に動画が送信されて来るので、二人で観ながら癒やされています。

 

そして赤ちゃんの成長の早いこと、ただただ驚くことばかりです。

 

次に会えるのは、果たして何時になるのかと思いますが、政府が終息・終焉宣言を出すのを心待ちにしています。

 

話は変わりますが、昨日の朝に孫(二男の息子で私の最後の孫)が事務所に来ました。

息子の嫁さんが出勤時に一緒に連れて来たのです。

 

この孫も新型コロナウイルス対策で、家の中で自粛していたのです。

学校は勿論のこと、学習塾や水泳・柔術等も全て休みでした。

 

なので昨日は久し振りの外出であったとか。

今年から新6年生ですが、未だに授業も受けられていないのです。

 

そして暫く会わない内に孫が一段と大きくなっていました。

身長も体重も妻を抜いているのではと思いました。

 

また何より驚いた事に、変声期になり、声が子供から大人の声になっていたのです。

 

顔は以前のままなのに、声が男性の声に変わっていました。

この事に何故か違和感がありました。

 

見た目と声のギャップに当惑したのです。

 

息子の嫁さんも、「声変わりして可愛げがなくなった」とも。

 

なので私が、「数年先にはヒゲも生え、喉仏も出て来るわ」と。

嫁さん曰わく、「そうなったらイヤやなぁ」と云いながら、孫の顎と喉を触っていました。

 

そして最後に私が、「この子が成人式までは生きたいけど、後8年間は微妙やなぁ」と。

8年後に私は86歳になるのですが。

 

そこで、「せめて大学入学までなら後6年間やけど、それでも84歳なので分らんわ」と。

孫が声変わりしても、何時までも小さいままの孫なのです。

 

また6年後には曾孫も小学校へ入学するのです。

そして、まさかこの歳(77歳)で曾孫が見えるとは思いませんでした。

 

ご先祖様に感謝。

子や孫に感謝・感謝です。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:可愛い孫ちゃ♪

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

コメント
コメントする