帰宅して郵便受けから数個の郵送物を取り出しました。

 

その中の1通の封筒は、日本スポーツ協会からのモノで、「SPORT・JSPO・OFFICIAL・LICENSE」が送られて来ました。

 

これは迷った挙げ句に最後の更新と考えた、「競技種目・ソフトボール」のソフトボールコーチ1」のモノでした。

 

その他には地元T中学校やN教育大学F小学校の校長からのモノで、「4月○日に入学式を行いますが、今年は新型コロナウイルス対策のため、規模を縮小して行いますので、誠に申し訳ございませんが・・・・ご理解を賜りますようお願い申し上げます」との事でした。

 

この分なら多分近日中には、地元S小学校やS幼稚園からも同じ内容の書状が送られて来ると思います。

 

本当に毎年楽しみにしていましたので、誠に残念ですがこれもまた致し方のない事だと思いますので。

 

また3通目は徳島市からのモノで、「後期高齢者用の市バス無料乗車券でした。

これは2通が送付され、1通は妻宛名のモノでした。

 

私も妻も昨年初めて徳島駅〜沖浜ふれあい健康館を1度だけ利用しました。

私は日常は自家用車を使用していますので、市バスに乗ることは有りませんでした。

 

ふれあい健康館〜徳島駅前まで行く乗客の中で、T町から乗って来られた若者以外は、私を含めて皆さん無料乗車券での利用者でした。

 

それも乗客はパラパラでしたので、市交通局は赤字だろうなと直ぐに解りました。

なので、現在は市バスの運転代行を、民間に委託しようとしているのが良く理解出来ます。

 

これらと同様に、最近では財政難からか、清掃事業も民間に委託していて、最近では黄色のゴミ収集車が増えています。

 

今回の新型コロナウイルス騒動で、政府は企業から徴収する税金を1年間延期するとの事でした。

納税が延期されても、次年度で納税が出来る収益が上がっているかどうかなのです。

 

という事は、国税・県税・市税等々で財政を賄っている自治体の収支は如何なることやら。

 

市・交通事業も市・清掃事業も市・水道事業もこの先々の事は全てが民間事業となるのでしょうか。

他県の市では、其れ等民間移行の実行を検討されているとか。

 

今後はますます、コンパクトシティを考えての行政となって行くでしょうね。

 

徳島市長選挙は明日29日が公示日となり、次の日曜日の4月5日が投票日となります。

綺麗事ではなく、誰が首長に相応しいかを見極めて、清き一票を投じるつもりです。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:ボランティア

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

コメント
コメントする