それは妻の知人で神戸市に居住されておられる方なのです。

 

その方は中国に工場を持たれていて、その方の中国人の友人の知人が武漢の新型コロナウイルスの研究者だとか。

 

その研究者の方が、「新型コロナウイルスは非常に熱に弱いのが判りました」と。

 

そして、「この武漢ウイルスは耐熱性ではなく、26℃〜27℃の温度で殺される」。

 

「従ってより多くの湯を飲みなさい、あなたは、あなたの友人や親族に防止のするために、より多くの湯を飲むように教えなさい」

「それは治療ではなく、飲温水は全てのウイルスに効果的である」。

 

また、「氷水や冷たいものは厳禁ですよ」とも。

そして、「いつも温かいお茶などをポットに入れて持ち歩いて飲んでいたら外にいても大丈夫ですよ」と。

 

最後に(あまり上手い日本語の翻訳ではありませんが)と。

 

妻の友人曰く、「絶えず温かい飲み物を飲むことですね」。

「ポットに温かい飲み物を入れて持ち歩き、マスク・手洗い・消毒が新型コロナウイルスの対策には大切なんですね」とも。

 

私は妻に送られてきたLINEを読みながら、「ホンマかいな、絶えずお湯を飲むことで防止出来るのかなぁ、熱湯ならともかくも、ぬるま湯なら余計にウイルスが繁殖するのではないかなぁ」と思いました。

 

しかし以前にテレビ番組で、医師がインフルエンザ罹患患者を診察した後には、必ず手洗い消毒と濃い緑茶を一口づつ飲んでいるとの事でした。

 

しかし中国の、それも中国人研究者が提唱しているのに、なぜ中国政府や武漢当局者がそれを採用し発表しないのかとも思います。

 

やはり医学的知識のないズブの素人の私には、真実な事なのか、フェイクニュースなのか判断が出来ません。

なのでこれは各人が判断するしかないのですが。

 

そして息子(二男)からのLINEで、「お父さんのブログ・アクセス数が凄いよ」との事でした。

 

何となんと、昨日は徳島マラソンの事と新型コロナウイルスで各種の催し物が中止になっている事を投稿しましたが、アクセス数がブログを投稿しだしてから、昨日は過去最高の一日1723件ものアクセス数を記録しました。

 

本当にこれには新型コロナウイルスより驚きました。

 

そして、何時も私の拙い文章のブログにアクセスを頂き誠に有難うございます。

いかに世間が、いや日本中が、新型コロナウイルスに敏感になっているかが良く理解できました。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

徳島文理大学

徳島文理大学生さん必見、学生マンション入居予約受付中!!

徳島文理大学
敷金&礼金ゼロ、ネット無料、学生専用、女子専用物件多数あります。
詳しくはココ↓
http://tokushima-bunri.net/

コメント
ほえるさん!湖面と有難うございます。

全く同文と思います。
私がブログ投稿の時に文章を簡略したのです。

私も眉唾モノかなと半信半疑なのです。

それは温度(26〜27℃にしても、36〜37℃にしても、低温すぎると思いましたので。

何か新しい情報が入れば投稿したいとおもいます。
  • by べーやん
  • 2020/02/23 9:15 AM
こんばんは。はじめまして。突然のコメント失礼いたします。私の母にも同じ内容のメールが来ました。26〜27度ではなくて36〜37度になっているのが違っているだけであとは概ね同じ内容です。私も嘘か本当か判断に迷っていて色々検索してこのメールにたどり着きました。母以外の方にも送られていたのですね、温度が違っているしなんだか怪しいなぁ〜という気持ちの方が強くなりましたが・・どうなんでしょうね(^^;また何か情報が入ったら投稿してくださいね。
  • by ほえる
  • 2020/02/22 8:13 PM
コメントする