同業者のT社長から電話があり、「この前の新聞記事のお悔やみ欄で尋ねられた件ですが、やはり同業者の社長のお母様でした」と。

 

スマホ

なので私が、「年齢が合わないと思いますが、間違いないのでしょうか」と。

同業者の社長曰わく、「本人から電話があり、その時に確認したので」と。

 

私がお礼を言って、「自分の親の葬儀に参列して頂いたので、直ぐにお悔やみに行って来ます」と云ってお礼を述べました。

 

連絡を頂いた社長も、「私の所も親の葬儀に来て頂いたので、私も行くつもりです」との事でした。

 

直ぐに徳島市S町に在る同業者の事務所に行きました。

 

助任

事務所前に車を駐め、中に社長が居るのを確認しました。

 

お悔やみを述べながら話をしていると、電話連絡を頂きました社長がお悔やみに来られました。

 

なので私が、「先程はご連絡を有り難うございました」と。

 

この社長お二人と私の弟は、私の地元のT中学校の同窓生なのです。

彼等が中学生の頃には、昭和22年・23年・24年生まれの中学生でした。

 

所謂、戦後のベビーブームの時代でした。

なので地元の中学校では、1クラス50名〜55名で、私の時は12クラスでしたが、弟の時には18クラスも有りました。

 

赤ちゃん

1学年に990名ほどで、全校生徒で3000人近くも居りました。

彼等は昭和23年生まれの子年で、今でも多くの友人達がいるのです。

 

お悔やみの時の話でも、「71歳にもなるとアチコチと身体にガタが来だした」とも。

そして、「兄さんは元気ですね」と。

 

「またこの前の徳島宅建協会の新年互礼会で、兄さんとこの息子さんに会ったので、お父さんは元気だが、叔父さん(私の弟で、彼等の同窓生)は色々な病気で大変やなぁと云いました」と。

 

徳島 不動産 徳島文理大学 新年会 ソフトボール 学生マンション

その時に息子さん曰く、「お父さんは若い時から酒も飲まず、タバコも吸わず、健康に留意していたから叔父さんとは違いますと云っていた」とも。

 

そして、「兄さんは若い時からスポーツをし、審判員等で身体を鍛えているから、そんなに元気なんでしょうね」と。

 

なので私が、「暴飲暴食せず睡眠を十分に取り、規則正しい生活をしていたら元気に居れるのでは」と。

 

そして「今でもウオーキングをして続けているし、昨年11月の誕生日からは足に装着する重りを、片足に倍の2kgづつにして歩いています」と。

 

助任

彼曰く、「歩けないようになると不自由だし、他人に迷惑を掛けるようになるから」とも。

 

そして、「実は母親も昨年に転倒し大腿骨骨折をし入院・転院し、最後に再転院した病院で肺炎で亡くなりました」とも。

 

その時に彼も杖を傍に置いているので私が、「自分の体調はどうなんですか」と聞きました。

 

彼曰く、「私も昨年に○○ビルの2回から階段を踏み外し、救急車で病院に搬送されました」と。

そして、「大腿骨と腕の骨を骨折し、ボルトで固定しています」との事でした。

 

体重も50kgを切り、ガリガリに痩せていたので、無理矢理食べて10kg増やし何とか58kgほどに回復しました」と。

 

彼等戦後のベビーブームの時代に生まれた彼等も、古稀を過ぎると何やかやと病気や怪我をするものです。

 

厚生労働省も彼等のような、戦後22年・23年・24年生まれの者が70歳以上になると、年金や医療費が増大し厚労省予算40兆円の内16兆円も必要になるとの事で、数十年前からから対策を講じているが、少子化で計算通りには行かないとか。

 

お悔やみに行った席で、彼等とは色々な事を話ました。

 

それにしても電話を頂いたお陰で、不義理をせずに済みました。

 

助任

1月中にお悔やみに行くことが出来ました。

 

お世話になり、有り難うございました。

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

徳島文理大学

徳島文理大学生さん必見、学生マンション入居予約受付中!!

徳島文理大学
敷金&礼金ゼロ、ネット無料、学生専用、女子専用物件多数あります。
詳しくはココ↓
http://tokushima-bunri.net/

コメント
コメントする