今を遡る事77年前の1942年(昭和17年)11月13日・午前8:00分に、徳島県三好郡池田町新町字サラダで、父・石部清一、母ツヤ子の第2子・長男として誕生と、私の臍の緒の入った箱に記載されています。

 

その時代は丁度、太平洋戦争の真っ只中で、父親は徳島県土木部・池田地方事務所・土木課へ土木技師として勤務していました。

 

私は池田町の記憶は全くありませんが、昭和13年生まれの姉は4歳であり、薄々記憶が残っていたそうですが。

その私が生まれた時に父親は姉の写真を持って、戦地の中部支那方面軍の○○部隊で兵役に就いていたとも。

 

そして私が生まれたら、半年前の昭和17年5月に戦死された軍神・加藤建夫陸軍中佐(後2階級特進で少将・陸軍隼戦闘機隊隊長)の名前を貰って命名するようにとの事であったと。

 

そこで建雄と命名したとの事ですが、建雄と建夫の違いがありましたが。

 

因みに徳島県宅地建物取引業協会での登録業者の代表者に、建雄・建夫・建男と3名の代表者が居たことがありました。

 

その事で話をした事は有りませんが、皆さん軍神・加藤少将のお名前から命名されたのかどうか判りません。

 

私は77年前の戦時中の食糧難や物資不足の無い時代で、国家が産めよ増やせよの号令の下に誕生したのです。

軍人を調達するための徴兵制度で、赤紙(召集令状)1枚(1銭5厘)で幾らでも召集出来る時代でした。

 

なので私の兄弟姉妹は戦中に姉・私・妹と戦後に妹・弟の5名なのです。

昔は兄弟姉妹が5〜6名はザラに居ましたし、10〜12名の家庭も有りました。

 

そして子沢山の家庭は表彰してくれたとの事でした。

 

そして私が3歳になる少し前の8月に終戦(敗戦)となりました。

 

今でも父親が、徳島県那賀郡長生町の疎開先の母の実家(祖父母の家)に帰って来た時の状況を、おぼろげ乍らも薄々と記憶に有ります。

 

父親が徳島県土木部に復職し、富岡町の借家に移転しました。

戦後の大変な時期を富岡町(現・阿南市)で10年間暮らしました。

 

誕生から77年間の間には色々な事が有りました。

25歳で結婚し、子供(男子)3人を授かりましたし、孫も5人授かり、また今年の9月には曾孫も授かりました。

 

私の両親は既に鬼籍に入っていますが、私も数年後には親の居る所に行く予定です。

ほんとうに77年前に、母親には大変な苦痛を与えた日が誕生日なのだと思います。

 

少しでも元気に長生きする事が、両親に対する恩返しかなとも思います。

昨日の朝に、母親の里から従兄の息子が自家栽培の富裕柿を沢山持って来てくれました。

 

母親の姉の子(私の従兄)も既に故人となっていて、その息子も還暦を過ぎ、その息子さんが跡を取っています。

そのようにして段々と親戚付き合いも薄れて行き、また新しい親戚が出来てくるのでしょうね。

 

昨日の誕生日には子や孫から、祝いのLINEが次々と着信がありました。

また友人からの電話もありました。

 

夜には妻と一緒に出掛け、カラオケを楽しみました。

人生で一番面白く充実した年代が70歳代だと云われる人も居られます。

 

私が還暦の時の同窓会で恩師であったM先生曰く、「60歳の定年後も70歳までは老後のために働きなさい、そして70歳になったらどのような事でも良いからボランティア活動をしなさい、そして80歳になれば静かにお迎えが来るのを待ちなさい」と。

 

現在では再雇用制度で定年が65歳なので、それからすると、75歳までは働き85歳まではボランティア活動をし、その後にはお迎えを待つと云うようになっているのでしょうか。

 

果たして85歳まで生きられるかどうかです。

 

先日の同窓会でも皆さんが、「傘寿(80歳)の同窓会が最後になるわなぁ、その次の米寿(88歳)まではとても生きられないから」との事でした。

 

全員が笑いながらも、何処か寂しそうな感じでした。

傘寿・米寿・卒寿目指して、元気で健康に頑張ろうと思った昨日でした。

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:日々のくらし

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

徳島文理大学

徳島文理大学生さん必見、学生マンション入居予約受付中!!

徳島文理大学
敷金&礼金ゼロ、ネット無料、学生専用、女子専用物件多数あります。
詳しくはココ↓
http://tokushima-bunri.net/

コメント
グレートゼブラさん、コメント有り難うございます。

私もこの歳になって50肩なのかと思いましたが、酷い肩凝りでした。

お互い同年配のようなので、余り無理せずにマイペースで行きたいものですね。

それと爺さんは頑固になりがちなので、可愛らしい爺さんを目指しています。

ゼブラさん、お迎えが来るまで元気で子や孫に迷惑を掛けないように、頑張って行き(生き)ましょうね。
  • by べーやん
  • 2019/11/15 10:56 AM
誕生日おめでとうございます。

毎日のように拝見、拝読しておりますが最近は肩凝りが酷くコンピューターを打つ事はあまりしておりませんのでコメントを控えておりました。

優しい御家族に囲まれた良い誕生日ですね。

お互い元気で長生きしましょう。
  • by グレートゼブラ
  • 2019/11/14 1:07 PM
コメントする