ここ数日間、天気予報で雨天日が続いています。

 

テレビニュースの天気予報での解説では、梅雨前線と秋雨前線を説明されていました。

 

徳島 ソフトボール

それは太平洋側から押し寄せて来る気圧(温かい)と、大陸側から下がって来る気圧(冷たい)が、日本列島上でぶつかり合う所に大雨が降るのだとも。

 

なので線状で九州地方に留まり、大雨を降らしているのもそうだし、また紀伊水道を上がって来た太平洋気圧が、大陸側から下りて来た気圧と大阪の淀川沿いで線状化し大雨を降らすのだとも。

 

徳島 ソフトボール

二つの気圧がぶつかり合い、温かい気圧が上に冷たい気圧が下になるのを繰り返し繰り返して、積乱雲が発達し大雨を降らし続けるのだとか。

 

テレビ報道では、収穫前の水田が水浸しになり、米も野菜も全滅状態になっています。

また家屋への浸水で居住されるのにも困難な状況だとか。

 

女性

本当に地球温暖化現象なのか、最近では世界中で豪雨被害に遭遇しているようです。

 

それでもアメリカの大統領は国際会議で京都議定書には反対で署名をしませんでした。

またブラジルの大統領も「世界の肺」と言われて世界中に酸素供給源のアマゾンの密林を開発し、森林を伐採しています。

 

それに加えて開発推進者の大統領支持派が放火し、アチコチで森林火災が起き、既に日本の四国と同じぐらいの面積が焼け野が原になっているとの事。

 

イギリスの首相等が非難声明を出し、渋々軍隊を出動させ消火活動に掛かりました。

これもアメリカ大統領がアマゾン流域の開発を応援し支持していたからとの事。

 

今や世界中が自国ファーストの時代なのです。

なので今回、フランスで開催されたG7も全く機能しなくなっています。

 

そして国の指導者には独裁的な人物が就任し、国民もそれを歓迎している状況です。

 

しかし自然環境を破壊し続ければ、いつかは其のシッペ返しを自らが受ける事になるとも言われています。

 

海部

でも考えてみれば、自分達(先進諸国・経済大国)は平気で自然破壊(大気汚染・河川汚染・海洋汚染・大地汚染)等をし、後進国(低開発国)がこれから発展しようとの政策にはクレームを言うのでは説得力も無いのかも分かりません。

 

なので先般日本(大阪)で開催されたG20でも、あまり効果がないような気がします。

 

顧みて我が徳島県でもI知事が、二大国難「人口減少・大震災」が現実的なモノとなった現在の政策・施策を発表されておられます。

 

徳島県

また今回、全国知事会の会長にもなられるとの事。

持てる力を十分に発揮され、徳島のため、日本のため、世界のために頑張って頂きたいと思います。

 

最近の雨は、豪雨という呼び方が合っているのでしょうか。

何せ、1時間に120mmもの降雨量が計量されるのですから。

 

昔は1時間に60mmも降れば大変な事であったと記憶していますが。

 

我が徳島県は剣山系の何棟斜面方向(福原旭)が降水量が多いので有名ですが、最近では旧・三好郡や旧・海部郡、旧・那賀郡も豪雨の地区となっています。

 

小僧

貯水調整用のダム建設も地区住民の反対等で難しいし、自然のダムといわれている水田も農業従事者人口の減少が激しいし、一体全体この国はこの県はどうなるのでしょうか。

 

人口減少を踏まえた国づくり、県づくりが必要でしょうね。

 

雨が降らなければ水問題で大変が起きるのですが、雨男と言われている私は、本心は雨が大嫌いなのです。

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:日々のくらし

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

コメント
コメントする