昨夜は久し振りにウオーキングに出掛けました。

 

助任

梅雨時には当然の事ですが雨天が多く、その都度ウオーキングを取り止めていました。

 

昨夜は19:50分に自宅を出て、前川橋北詰めの徳島市民・助任川親水公園へ行きました。

私の贔屓の阿波踊り有名連のG連の練習風景を観るためです。

 

地元の連なので、子供の頃から馴染みがあるのです。

また知人も連員として、未だに踊り子として頑張られています。

 

勿論O連長やH副連長も地元I地区の住民ですし、ご自宅も私の近所なのです。

O連長は私より1歳上ですし、H副連長は息子(三男)と同級生なのです。

 

 

今から70年前に地元I地区の有志によりG連が創られ、今年は阿波踊り協会創立50周年になるのだとか。

 

い北

今では県下最大の連に成長され、連員は300名にもなるのだとか。

 

昨夜は阿波踊り本番で、阿波踊り協会の合同舞台練習が行われたとかで、女踊りと女法被踊り(モモ)、チビッコ踊りの精鋭が不在でした。

 

なので男踊り(法被・浴衣)の男踊りと、残りのチビッコ・モモの練習でした。

中でも男踊りはG連独特のお囃子に乗せて、4拍子・8拍子・16拍子の超スローモーションの踊りを練習されていました。

 

休憩時間になりH副連長等とお話をしていました。

なんでも、「今年は本番前に梅雨明けが遅く、練習が中々出来ないので困ります」と云われていました。

 

雨

以前私が体育協会の会長の時に、「何処か学校の体育館を借りる事が出来ませんか」と相談をされた事がありました。

地元の学校は空き日ならOKなのですが、「必ず周辺の地元住民の同意を貰って来て下さい」との事でした。

 

そんなこんなで、未だに雨天日には遠方の建物に練習に行かれているとか。

 

最近でも徳島中央公園での練習に、周辺住民(新しく分譲マンション購入者)から苦情が来たらしいとか。

以前からの住民は、有名連の練習は19:00分から21:00分までの間と承知していますが。

 

しかし新住民の中には、阿波踊りが好きでない人もおられるし、鳴り物の音が喧しいとクレームが警察署に来るそうです。

 

また警察署も、阿波踊り協会や阿波踊り振興協会との申し合わせで、時間厳守・路上駐車禁止の徹底を約束しているそうです。

 

徳島 警察

それでも住民で病人もおられるでしょうし、翌朝の早朝勤務等で早く就寝されている人もおられるかも分かりません。

 

しかし何と言っても徳島の最大の観光資源なのですから、2ヶ月余り(6月初めから〜8月8日ぐらい迄)なので、辛抱をお願いするよりないのでしょうね。

 

私などは小さい頃から鳴り物(お囃子)の音を聞くと、身も心もウキウキして来るのですが。

 

有名連でも鳴り物の上手下手はあるのですが。

 

下手な鳴り物(特に鉦)はガンガン打ちまくり、本当に喧しいと感じます。

昨夜も永年鳴り物をされている方がご夫婦で散歩に来られていて、鷲の門内広場で会いました。

 

なのでその話になると、「最近の鳴り物奏者の腕が落ちていまるし、舞台等でも鳴り物のリーダー面したいのか、鳴り物の方に顔を向け、お客様にお尻を向けている」と。

 

昔の有名連の連長なら、このような事は決して許さなかったものです」と。

 

また、「女踊りは品良く・優雅にお色気を漂わせて踊っていたものですが、最近の女踊りは足を跳ね上げて、下駄の裏を見せてている」とも。

 

ホテルや旅館で踊る時には、「女踊りの踊り子は、絶対につま先を伸ばして足袋の裏を見せなかったものです」とも。

 

石部宅建

※写真はイメージ

そして最後に、「最近の連長は厳しく指導しないし、厳しいと踊り子が集まらないし止めて行くから、甘やかしているのだ」とも。

そして、「昔の有名連の連長は独特の踊りで、個性豊かな人が大勢居た」と。

 

また、「それぞれが踊り方や鳴り物を、厳しく指導されていた」との事でした。

そして、「阿波踊りは踊り子が一番なので、その踊り子が踊り易いようにと注文を付けていたモノです」と。

 

その方も鷲の門で練習していた鳴り物の人が、「○○さん、練習に行かれていますか」と声掛けをされていました。

なんでも今でも有名連で鳴り物をされているとか。

 

其の方は、大太鼓・締太鼓(小太鼓)・大革(テンテン・大鼓)・三味線・鉦・笛となんでもござれの方なのです。

永年の観る阿呆(聞く阿呆)なので、其の方の云われる事が良く理解が出来るのです。

 

今年も阿波踊り本番まで残り25日ほどとなりました。

阿波踊り大好き人間は、毎晩ウオーキング時にアチラコチラの有名連の練習を観て廻っています。

 

今年は昨年の悪評の名誉挽回の阿波踊りにして欲しいものです。

 

頑張れ阿波っ子・阿波踊り。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

JUGEMテーマ:日々のくらし

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

コメント
コメントする