前夜に徳島県ソフトボール協会のS理事長から電話がありました。

 

「会長、この雨ですが、明日は雨も上がり天候が回復するらしいので、朝からグラウンド整備をし、時間を遅らせてでも終わらしますから」との事でした。

 

また、「中体連の役員等にも協力して貰い、グラウンドに溜まった雨水を汲み出し、土入れをしますので」とも。

 

なので私は7:30分に大会会場に行きました。

すでにグラウンド整備は終わり、前日と打って変わって最高のグラウンド・コンディションになっていました。

 

その上に太陽光が注ぎ、風が吹いていて、少し湿ったグラウンドの状況が最高でした。

理事役員も、「昨日・一昨日と代わっていれば良かったのに」と言われる程のグラウンドでした。

 

徳島県中学校総合体育大会・ソフトボール競技は前日の14日(日)午後からと・15日(月・祝)の開催でした。

しかし前日は雨天で午後からは試合が出来る状態では有りませんでした。

 

なので県ソ協会S理事長やM審判長と中体連M専門部長等の役員との話し合いで、「15日の1日で決勝まで遣りましょう」と。

 

そこで県ソ協会側は早めに試合を開始したいので、開会式も省略してはと提案したのですが、ソフトボール競技の係校長の先生も来られているしとの事でした。

 

なそれなら早めに開会式を始めましょうとなり、8:00分から開会式で8:30分にベンチ入り、8:40分プレーボールとなりました。

 

中体連専門部の役員により開会式が始まりました。

 

グラウンド内に出場チームの男女選手が整列し、審判員が3塁側に、各チームの監督さんが1塁側に、役員がネット前に並びました。前年度の優勝旗の返還の後に、何時もとは逆に県ソ協会会長の私の挨拶と、中体連の係校長のご挨拶が行われました。

 

その後には専門部長による、競技上の注意がおこなわれ、最後に選手宣誓がなされました。

 

開会式後には直ちにAグラウンドで男子チームの試合が、Bグラウンドで女子チームの試合が行われました。

 

私は、Bグラウンドで女子の決勝戦を、Aグラウンドでは男子の決勝戦を観ました。

 

Bグラウンドの女子はMAIのエースが、さすがに全日本Uー15のメンバーに選抜されただけだけあって、中学生離れしたピッチングをしていました。

 

男子の決勝戦は上八万・鳴門市第一中学校連合チーム対、鳴門教育大学付属中学校の対戦でした。

 

最後まで伯仲した接戦でしたが、時間超過の5回裏に附属中学校の攻撃で、塁上に走者を置いて打者が見事にサヨナラヒットを打ちました。

 

試合後には直ちに表彰式・閉会式が行われました。

 

係校長から附属中学校に表彰状と優勝旗が、連合チームに準優勝の表彰状が授与されました。

同じく私からも、附属中学校と連合チームに表彰状を授与させて頂きました。

 

最後に係校長の講評があり、「優勝・準優勝のチームは、愛媛県で開催される四国大会で頑張って下さい」との言葉があり、役員の閉会の言葉で閉会となり解散しました。

 

記念撮影の後で後片付けをし、最後にM審判長(副理事長)の司会進行でミーティングとなりました。

いつものようにM審判長は各球場主任に、「何かトラブルやミスは有りませんでしたか」と尋ねていました。

 

昨日は、あの場合は守備妨害を採るかどうか、また審判員がボールカウントを間違え打者が三振と思いベンチに下がったが、他の審判員の指摘で打者席に戻したとかの報告と、其れ等にいかに対処した事の報告があり、M審判長から解説と指導が行われました。

 

いつもM審判長が言われている、「どのような小さな事でも、必ず球場主任は報告して下さい」と言われているのが徐々に浸透しています。

 

またM審判長は、「大きなミスやトラブルは私からS理事長に報告を上げ、S理事長から県外チームならば各県の理事長に連絡し事案の報告をしますから」とも。

 

最近は大きなミスやトラブルは殆ど無くなりましたが、小さなミスは時々起きています。

 

私も審判員の経験から、ボールカウント2-2の時に1塁走者が2塁に盗塁をし、捕手から2塁上に送球した場合に、2塁上のアウトセーフに目を奪われ、インジケーターでカウントしたかどうかを忘れる時がありました。

 

恥ずかしい事ですが3塁塁審にインジケーターを示し、カウントを教えて貰ったものです。

一般の公式戦の準決勝・決勝では記録員が居ますので、記録員に尋ねますが。

 

なにわともあれ、大会が終わりホッとしています。

 

夜にS理事長から電話があり、「会長、お疲れ様でした、後は10月初旬の全国シニア大会の準備をしなければ」との事でした。

 

そのために、8月4日(日)にFコミセンで、県ソ協会の定例理事会を開催します。

理事の方々の出席をお願いします。

 

この3連休は、悪天候の中を大変お世話になり、有り難うございました。

 

ご年配の審判員もおられますので、お風邪など召さないように十分お身体ご自愛下さい。

いつも乍ら、感謝・感謝でございます。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

コメント
コメントする