前日に、徳島県ソフトボール協会のS理事長とN事務局長にLINEを送り、「私用のため、30日(日)の大会には欠席させて貰います」と。

 

LINE

N事務局長からは直ぐに「了解しました」と返信がありました。

 

なので昨日は雨天の中を10:00分に、徳島県営・鳴門運動公園のSOYJOY(ソイジョイ)武道館に妻と共に行きました。

 

トヨタ

それは私の一番下の5番目の孫が、ブラジリアン柔術の大会に出場するので、それを応援するためでした。

丁度、開会式の途中でした。

 

ブラジリアン柔術

広い駐車場には県外NOの車で満杯でした。

徳島県は勿論のこと、香川、大阪、兵庫県(姫路・神戸)等々の車でした。

 

また、ここの県営運動公園の施設は、全てがO製薬の製品の名前が付けられておりました。

陸上競技場・野球場・武道館にはテレビコマーシャルで有名な製品のネーミングでした。

 

S武道館で息子(二男)から、「今日の試合はNO23番・NO53番だから」と伝えられました。

また息子から、「今日は子供の試合で、出場選手のセコンドを務めるから、ビデオ撮影を頼みます」とカメラを渡されました。

 

いしべっち

ビデオカメラなどは使用した事がなかったのですが、案外簡単な操作でしたが、上手く撮影出来たかどうか判りません。

 

二つの試合会場で奥側が成人、手前側が子供の開場で、小さな子供から順番に試合が始まりました。

昨年の大会で孫は優勢で押し倒していましたが、相手に逆手を取られて負けました。

 

石部宅建

※写真は昨年のモノ

試合後には悔し涙を流していましたが。

 

今年は5年生で4分間の試合でしたが、試合開始と同時に下半身にタックルして相手選手を押し倒し、ポイントを挙げた直後に上乗りになりまたポイントを獲得、その直後に相手選手の腕を取り逆手(腕十字)で一本を取り勝ちました。

 

ブラジリアン柔術

※写真は腕十字が決まった瞬間

昼過ぎに息子から、「午後の試合14:00分ごろになると思うから、公園前のコンビニで何かランチを買って来て食べさせてやって」と。

 

なので私が12:40分頃に、コンビニで適当に買い物をしました。

試合前に余り食べたらダメではないかと思いましたが、本人曰く、「お腹が空いたらアカンから大丈夫」と。

 

おにぎり2個とカラ揚げ、ジュル飲料を食べて、13:20分に1階の試合会場に降りて行きました。

 

第一試合は2階の東側席の一番前からビデオ撮影をしたので、第二試合は2階の正面席の一番前で撮影しました。

 

レフェリーに呼ばれ試合場に進みました。

レフェリーと握手し、次に対戦相手とも握手して試合が始まりました。

 

直ぐに下半身にタックルして相手を倒し、上から抑え込みと同時に利き腕を逆手で決めて勝ちました。

 

ブラジリアン柔術

今回は2戦2勝でした。

 

妻もスマフォの動画で撮っていました。

試合後に息子(二男)の嫁、息子(一男)、息子(三男)、三男の息子(孫)等に動画を送信していました。

 

しかし私はビデオ撮影をしていたので、応援の気が乗りませんでした。

昨年は会場の傍で観て応援していたので、凄く力が入ったのですが。

 

それでも孫が勝ったので嬉しく思いました。

試合後に孫が2階の観覧席にきたので、「今年は良く練習して頑張ったなぁ」と云いました。

 

孫はニコッとしただけで、1階に降りていきました。

 

14:30分に息子にカメラを返し、会場を後にしました。

 

川内町で、徳島ラーメンのM店でラーメンを食べて帰宅しました。

小雨が降っていましたが、鳴門球場では野球の試合をしていました。

 

なので吉野川北岸・徳島市民運動広場・ソフトボール場では、今日の大会が行えたかどうかと心配でした。

吉野川大橋を渡りながら、そんな事を考えながら帰宅しました。

 

7月7日(日)は全日本実年県予選大会、7月13日(土)・14日(日)は近県小学生男女大会、7月14日(日)・15日(月・祝)は中学校総合体育大会ソフトボール競技が、7月21日(日)四国吉野川杯レディース大会が、7月28日(日)には四国ハイシニア大会県予選、会長杯一般男子大会が開催されます。

 

早く梅雨が明けてくれる事を願うばかりです。

 

 

助任

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

JUGEMテーマ:可愛い孫ちゃ♪

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

コメント
コメントする