矢野新監督になってから、オープン戦での勝敗はサッパリでした。

 

徳島 ソフトボール 阪神

勝てないのです。

それは即、打てないのです。

 

以前から投手陣はAクラスなのですが、打撃陣はBクラスいやCクラスなのです。

いくら投手が踏ん張っても、打撃の援護射撃が無いのです。

 

阪神

キダタロー氏ではありませんが、「阪神、ほんまに打ったれや」なのです。

 

イヤイヤ監督を引き受けた金本監督から、同じ東北福祉大学の野球部であった矢野氏が監督に就任しました。

 

これもイヤイヤと思ったらしいのですが、選手には常に「前向きで積極的に」と言ってる手前、監督を引き受けたとの事。

矢野新監督のイメージは、少し優しすぎるような感じがしました。

 

就任時の記者会見では、「元・監督であった野村氏や星野氏の良い面を参考にさせて頂きます」との事でしたが。

 

しかし気になったのは、前年の1軍コーチスタッフを2軍コーチ陣に、2軍コーチ陣を1軍コーチ陣に入れ替えてだけなのです。

 

徳島 ソフトボール 阪神

最下位になった責任は金本氏のみだけではなかった筈ですが。

球団フロント陣の考え方ややり方には大いに疑問を持ちますが。

 

矢野新監督の意向を採用したのは1軍ヘッドコーチのみと思われます。

 

一昨日からいよいよプロ野球が開幕しました。

阪神タイガースは京セラドーム大阪球場で、ヤクルトスワローズとの3連戦が始まりました。

 

そして毎試合がヒヤヒヤ・ドキドキの2連勝でした。

とくに昨日の試合は仕事の合間にテレビを観ながら、手に汗を握る戦いでした。

 

投手陣の先発岩貞投手はストレートが良く、ヤクルト打線を完全に抑え込む力投でした。

7回途中まで打たれたヒットは1本で無失点の好投でした。

 

3回には3連続フォアボールで大ピンチでしたが、後続打者のバレンティン等を抑えて凌ぎました。

 

また阪神の投手リレーで岩貞ー桑原ージョンソンードリスと繋ぎ、初回の糸井選手のホームランでの1点を守り切りました。

 

阪神タイガース

この3連戦に勝ち、開幕ダッシュをして勢いを付けた貰いたいものです。

 

しかしながら相変わらず、ここ1番という時に打てないのです。

ピッチャーが良いのですが、バッターが今一なのです。

 

あの強力打線のヤクルトを抑える投手陣と、打てない・打てなさすぎる打撃陣の差が大きすぎるのです。

 

今年も、何やかんやと嘆きながら、ブツブツと文句を言いながら、大好きな阪神タイガースの応援をしていきます。

 

助任

頑張れ阪神タイガース。

噴気せよ、打撃陣。

 

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

徳島文理大学

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

JUGEMテーマ:プロ野球全般

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

コメント
コメントする