全国高校野球選抜大会の第6日目の2回戦、石川県・星稜高校ー千葉県・習志野高校の試合でした。

 

野球

1-3で習志野が勝ちましたが、試合後には星稜の林監督が控室に2度も行き、「サインを盗むなんてフェアじゃない、証拠は有りますよ」と猛抗議したとか。

 

それは4回に1-1に追いつき、なおも2死満塁の時、またその直前の1死2塁の時にもサイン盗みを指摘し、審判員が集まり協議した結果、疑わしい行為はなかったと。

 

そのまま試合が継続されたので、星稜は捕手からのサインを変更し、そのため捕手が気をとられ捕逸をしたとも。

 

大会審判員の窪田副委員長はサイン盗みは判断できなかったし、現段階では無いというのが結論ですとの事。

また習志野の小林監督は、「その時にも審判員からは何も注意を受けていない」とも。

 

しかし星稜の林監督は、「1回戦でも習志野のサイン盗みは確認していた」との主張でした。

そして、「誰が見てもサインを盗み打者に伝えていたのが分った」とも。

 

大会規則では走者等が捕手から投手に指示するサインを盗み、打者にコースや球種を伝える行為を禁止しています。

またその疑いが有る場合には、審判が当該選手や攻撃側ベンチに注意をし止めさせる事になっています。

 

なので審判員は、「疑わしい行為は無かったが、以後は紛らわしい行為はしないように」と注意したとの事。

しかし習志野の小林監督は、何の注意も受けなかったと。

 

なので審判団は次からの試合前に、お互いがフェアプレーで試合に臨みましょうと、再確認するとの事でした。

 

負けた星稜にしてみれば、今秋のドラフトの目玉の一人である奥川投手を擁し、優勝候補に挙げられていたのだから、カッかするのは当たり前なのかも分かりませんね。

 

私達の日本ソフトボール協会のルールブック・競技者必携にも、これら走者等によるサイン盗みは禁止されています。

 

ソフトボール協会

走者等によるサイン盗みが確認された場合には、直ちに審判員が当該プレーヤーに注意し、そのチームの監督にも厳重に注意するのです。

 

しかし2塁上の走者から打者に対して盗んだサインを伝えるのは、巧妙になり中々分かりずらいモノが有るのです。

 

捕手がインコースに構えると、2塁走者は右側(耳・腰・太腿)を掻くとか、アウトコースなら左側を掻くとか。

また高めに構えると胸を掻き、真ん中に構えると腹を掻き、低めに構えると膝を掻くのです。

 

なので走者が出塁すれば、球審を始め審判員はその事にも目を配る必要があるのです。

 

あるベテランのバッテリーに話を聞きますと、「そんなことは日常茶飯事なので、こちらとしてはその逆をするのだ」との事でした。

そして、「それらも試合の内、駆け引きの内だと」も。

 

また、「野球やソフトボールはイニングごとに攻守交替があり、その間にチームでバッテリーで打ち合わせ相談が可能なのです」とも。

 

「だから考えるスポーツの野球やソフトボールは、面白いし楽しいのです」との事でした。

 

阪神

しかし昨日の試合は高校野球での出来事でしたので、問題になったのでしょうか。

 

他のチームでも同じような行為をしているとの声もあるらしいのですが。

 

助任

スポーツはルールを厳守するのが基本でもあります。

今後の高野連の動きが注目されます。

 

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

徳島文理大学

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

JUGEMテーマ:ソフトボール

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

コメント
コメントする