8:40分に徳島市J中学校に行きました。

 

駐車場ではN事務局長に会場の案内をして頂きました。

また会場前でM事務局次長とB理事(J中学校教員・男子ソフトボール部監督)が受付をされていました。

 

9:00分から開催されました、日本ソフトボール協会公認の第3種公認審判員・記録員の、認定講習会に出席しました。

N事務局長の司会進行で始まり、私の挨拶の後に講師の紹介が行われました。

 

ソフトボール協会

講師は審判担当は徳島県ソフトボール協会のM審判委員長とY記録委員長でした。

M審判委員長は四国ソフトボール協会の審判長でもあり、日本ソフトボール協会の審判委員でもあるのです。

 

なので主として、西日本各地で開催されます、全国大会・西日本大会の派遣審判委員長として、また西日本各地で開催されます、第1種公認審判員の試験責任者として活動しています。

 

そしてY記録委員長は大変生真面目な性格で、優しい指導で記録員にも大変人望があるのです。

 

9:10分から審判・記録に別れての講習が行われました。

 

昨日の審判員・記録員の受講者は、十数人の中に高校女子ソフトボール部の部員も数名いました。

彼女等が近い将来、ソフトボールの審判員・記録員として活躍されたらと思いました。

 

マネージャー

その殆どの生徒は、練習試合での審判や、試合での記録員として資格を取得されるだけなのです。

 

以前には日本ソフトボール協会は第3種審判員・記録員ともペーパーテストと実技テストを実施していました。

しかし現在では、所用の講習内容を受講するだけで、第3種の資格が取得できるのです。

 

ただし第2種からはペーパーテスト(ルール等)と実技(審判)テストが行われます。

なので第3種審判員の資格取得後には、相当な実戦経験が必要になってきます。

 

そのためには、協会が開催する大会に審判員・記録員として出席し、実戦で経験を積む必要があります。

いくらルールを熟知していても、実技で実戦での経験には敵わないのです。

 

私も若い頃にソフトボール選手の時には、よく審判員に文句を言ったものでした。

「今のはアウトや!」とか、「今のはセーフや!」とか、「今のがストライク?」とか、「今のがボール?」とか・・・・。

 

べーやん

それが自分が審判員になると、文句はルールの適用間違い以外は言わなくなりました。

 

そして審判をしなくなった、イヤさせて貰えなくなった今は、岡目八目で外から見ていると人の審判技術の上手さ下手さが良く解るのです。

 

自分が審判員の時には出来ていなかったのに。

 

昨日、M審判委員長の話では、大都市の在る都道府県協会では、第3種審判員資格認定講習会には毎年300人ほどの受講者があるとの事。

 

そして毎年加齢等のため、350名程が審判員を辞めて行くそうですとも。

 

高齢者

なんでも審判員数とチーム数は比例しているのだとか。

 

やはり人口が多い大都市圏の協会は多数の審判員・記録員の登録者数があるのです。

 

徳島県のように人口が減少している協会は、選手数やチーム数・また審判員・記録員の登録者数も減少しています。

昨日の受講者の方々が頑張ってソフトボール競技を愛好者を増やして頂ければと思います。

 

野球

最近に始められたティーボール協議会(徳島県野球連盟・徳島県軟式野球連盟・徳島県ソフトボール協会)が取り組んでいます、幼児や小学生低学年(1~2年生)を対象にした、野球様の遊びを採り入れたリクレーションスポーツ等を通して親しみを持って頂くのも競技に入る切っ掛けにとの考え方からなのです。

 

助任

興味のある方は、次の機会に是非とも審判員・記録員の資格講習に、ご参加頂きたいと思います。

審判は面白いですよ。

 

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

徳島文理大学

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

コメント
コメントする