19:50分に自宅を出て、20:00分に助任橋南詰の親水公園・市営駐車場に行きました。

 

月極駐車場

助任橋北詰に差し掛かった時に、お囃子の鳴り物が鳴り止みました。

丁度、休憩時間になったようでした。

 

助任

そのまま阿波踊り有名連のA連が休憩している所に行き、私も飲料水を取り出し飲みながら時間待ちをしました。

 

awaodori

※写真はイメージ

 

10分間ほど休憩し、連長の「練習を始めます」との声で、笛が鳴り、鉦が鳴り、大太鼓(オオド)と三味線が続いて鳴り出しました。

 

ここのA連は昔は大勢の連員が踊り、その中心には名物連長の故・O連長の独特の汽車ポッポ踊りが人気の的でも有りました。

 

阿波踊り

※写真はイメージ

 

また鳴り物も独特の鳴り方で、アップテンポの軽快なリズムを打ち出しています。

鉦も小型でチャッ・チャッ・チャッ・チャッと小さく鳴らし、オオドも軽やかに太鼓の縁近くを打っているのです。

 

昨夜は三味線の人数が二人なので、あまり聞こえませんでした。

知人の話では、以前には三味線の名手が居たらしいのですが。

 

また締太鼓(小太鼓)を打つ人は来ていなく、笛はよく鳴っていました。

 

踊り子の方は人数も少なく、まだまだ本格的な練習にはなっていないようでした。

 

本番では毛槍を持った法被姿の男性が踊子の両端を進行方向に走り、その間を女踊りや男踊りが進むパフォーマンスをしていました。

 

石部宅建

阿波踊り有名連の中でもつとに有名な連長が居る連の一つでも有りました。

 

昨夜の練習では舞台練習もしていなく、また目新しい踊り方もしていなく、お囃子の鳴り物にも目新しいモノは有りませんでした。

 

阿波踊り

有名連の中には、以前のままの踊り方や鳴り物を踏襲し、伝統やその連の歴史を大事にされている連が有ります。

また反対に、伝統的な踊り方を継承しながらも、常に新しい踊り方やお囃子の鳴り物を取り入れていく連が有ります。

 

阿波踊りにはズブの素人の私には、どちらが良いのか判断が難しいのですが、踊る阿呆・観る阿呆の受け止め方でしょうね。

 

昨夜は練習に来ていた連員が少なく、一部の連員がホテル等に呼ばれて行っているのかとも思いました。

他の有名連では本番の阿波踊りまで1か月を切りましたので、熱気が溢れ連員も大勢が参加されています。

 

阿波踊り

A連は今、阿波踊り実行委員会と揉めている協会の所属ではなく、前夜祭にも出演されると思いますが。

観る阿呆ながら、昨夜はA連の事を心配しました。

 

阿波よしこのには、「私しゃ負けるの大嫌い」、「瓢箪ばかりが浮き物か、私の心も浮いてきた」、「1掛け2掛け3掛けて、4掛けた踊りは止められぬ、5掛け6掛け7掛けて、8(やっぱり)踊りは止められぬ」と囃します。

 

助任

頑張れ阿波踊り。

頑張れ有名連。

 

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2018年に 創業32周年を迎えます。

べーやん

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。
石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

地域の皆様に支えられ、地元に根付いて31年

石部宅建
おかげさまで 石部宅建は 2018年に創業32年を 迎えます。

石部宅建
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。 

コメント
Sちゃん!イヤ新社長!コメント有り難うございます。

置物の鳥は息子が記しているとうり故・親父の家に有ったモノです。

S社長!医師の診断でのアドバイスなら、本気で今後の事を考える必要がありますね。

社長のご近所の方の父親は施設に入所して、5〜6年以上も元気に過ごしたとかお聞きした事があります。
  • by べーやん
  • 2018/07/18 9:21 AM
いつも登場する鳥は 祖父宅にあったモノで、取り壊しの時に持って来ました。

想い出の品です。
  • by いしべっち
  • 2018/07/17 2:14 PM
ジィ様が 存命なうちに、私も腹をくくらなければ いけませんね。ジィ様が、必死で今も守ろうとしている仕事ですからᕦ(ò_óˇ)ᕤ
  • by 不本意な後継ぎ
  • 2018/07/13 10:11 PM
石部さん、いつも登場する、この『鳥』は?今日、N外科内科で、ウチの血圧のお薬処方してもらう時に先生がおっしゃってました。『1.2度命拾いした人は10年生きる。施設はドタキャン出来るので 検討した方がよい』と。🙄
  • by 不本意な後継ぎ
  • 2018/07/13 9:58 PM
コメントする