一昨日の昼に、私の地元のI体育協会のK会長から電話が有りました。

 

い北

その電話の内容は、「今日、徳島市教育委員会の方が、私が会社の仕事中で不在の自宅に来られました」と。

 

そして私に替わって対応した家内の話では、「今年から、阿波踊り臨時駐車場で使用されている地元T中学校の運動場の使用を、有料にする事になりましたので」との事であったと。

 

阿波踊り

また、「その使用料金を規定により算出しますと、T中学校は阿波踊り期間中4日間で約24万円になります」と。

その他にも、「雨天等で運動場を駐車車両で痛めた場合には、その補修費も支弁して頂きます」とのこと。

 

徳島

今までにも阿波踊り期間中には必ず1日ぐらいは雨天の日が有りました。

 

ゲリラ豪雨

なので阿波踊りが終わった翌日には、体育協会の役員等が運動場を補修しておりました。

 

しかし何の前触れもなく、何の相談もなく、行き成り来られて今年から使用料金を頂きますとのことでした。

 

K会長からの電話の後で、今年から新しく立ち上げた徳島市阿波踊り実行委員会に電話をしました。

電話にでられたK氏は、「臨時駐車場の担当者では有りませんが、包括していますのでお話をお伺いします」とのことでした。

 

宝くじ

そして、「学校の施設等の使用許可等は、学校長や教育委員会が担当をされていますので」とも。

私が、「昨年までは使用料金が免除されていたのに、今年から急に徴収するのはどういう事なのか」と。

 

するとK氏曰く、「今までが全てナァナァみたいな感じでやられて来ておりましたので、今年からは運営をキチッとして行くことになりましたので」との事でした。

 

しかし今までも、徳島市観光協会と徳島市役所は一体で阿波踊り実行委員会を設け、共同責任で運営をされていたと思いますが。

 

徳島市役所

また阿波踊り実行委員会の方から、「阿波踊り期間中に市内中心部での駐車場が不足して困っています」と

 

「I地区でも隣接地区のU地区がU体育協会がU小学校の運動場を使用し、臨時駐車場を運営されているのでI体育協会でもT中学校の運動場を使用して、何とかご協力を頂けませんか」と数十年前に相談があり今年にまで至っております。

 

助任

そして、「運動場の使用料金等は公共性があるので、免除させて頂きますから」との事でした。

 

何度も理事会で協議し、反対意見も有りましたが阿波踊り期間中4日間とその前後の計6日間を体育協会の役員理事・会員有志等で運営することになりました。

 

阿波踊り

I体育協会のK会長の話では、「今夜、理事会を招集して審議しますが、もし臨時駐車場の運営から撤退することになっても良いかどうか」との相談でも有りました。

 

私が以前に体協の理事の時に始め、理事長時代(10年間)や会長時代(10年間)も、徳島市の阿波踊りのために協力させて頂きました。

 

なので現在はI体育協会の顧問なので、継続するか撤退するかをK会長から相談をされた訳なのです。

 

そして実行委員会のK氏には、「もし理事会で撤退する事が決まれば、早めに報告しますから」と申し上げました。

K氏曰く、「数百台も駐車可能なT中学校なので、出来れば存続をして頂けると有難いのですが」とのことでした。

 

K理事長の話では、「余剰金の内から使用料金を支払うと半額になりますし、もし運動場整備費を請求されると赤字になる恐れが出てくるのです」とも。

 

I体育協会のみならず、U小学校(体育協会)・T小学校(PTA役員)・S小学校(PTA/教員)が運営されている臨時駐車場がなくなれば駐車場が不足して困るのは徳島市なのではと思いますが。

 

徳島市

しかし数年前から吉野川河川敷を臨時駐車場にし、シャトルバスで県外客やマイカー客を送迎されているので、臨時駐車場は不要なのかも分かりませんが。

 

ソフトボール

しかし一言の相談もなく、1ヶ月半前になり急に使用料金をとは、はなはだ納得がいきません。

ボランティア事業でも収益が出ると、そこに目を付けたのでしょうか。

 

ボランティアの皆さんも、盆休みには家族や親族と過ごしたいのを我慢して協力して頂いています。

I体育協会は臨時駐車場から撤退しても、喜ぶ人はいても、困る人は誰もいないのです。

 

K会長には、「撤退は何時でも出来るので、他地区の状況や情報も得ながら決めれば良いのでは」と申し上げました。

 

助任

徳島市も徳島市観光協会とのトラブルで等で、何やかやと問題が出て来ているそうです。

 

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2018年に 創業32周年を迎えます。

べーやん

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

JUGEMテーマ:ボランティア

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。
石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

地域の皆様に支えられ、地元に根付いて31年

石部宅建
おかげさまで 石部宅建は 2018年に創業32年を 迎えます。

石部宅建
石部宅建は 不動産業を 通じて 地域の皆様に 貢献致します。 

コメント
コメントする