昨日は地元JRTテレビ局の番組を録画していたので観てみました。

 

助任

つい先日、徳島県ソフトボール協会のS理事長からも、「この日曜日の15:00分からS放送の番組で、私の娘等が出演するドキュメンタリー番組が放送されます」との事でした。

 

徳島ソフトボール

10日(日)は大会の表彰式や映画鑑賞に行ったので、夜間に録画を観てみました。

また昨日の朝9:30分に、妻が民謡の稽古に行っていた大阪から帰宅したので、夕食時に再度録画を観ました。

 

ばあちゃん

そのテレビ番組は「阿波踊りに掛けた人生」とのタイトルで、私が若い頃からの大ファンでも有る阿波踊り有名連「娯茶平」のストーリーでした。

 

阿波踊り

O連長(私の地元I地区で自宅は北へ徒歩5分程の所)やH副連長(三男の息子と同級生で自宅は北西へ徒歩5分ほどの所)が撮られていました。

 

い北

そして何となんと、「娯茶平」で花形と言われている「もも・桃、若い女性による法被姿の男踊り」の中心メンバーに、徳島県ソフトボール協会のS理事長の娘さんが写っていたのです。

 

それもO連長と同じくらいの割合で、自宅・職場・練習場と追いかけられての撮影の様子でもありました。

 

徳島城

そして驚いた事に、S理事長も自宅のリビングで家族と共にテーブルを囲み、娘さんの踊りのアルバムを観ながらコメントをしておりました。

 

夏場、私は毎晩のウオーキング時に、必ず「娯茶平」の練習場所でもある助任川親水公園の前川橋北詰め東側に立ち寄ります。

 

助任

そこで「娯茶平」の阿波踊りの練習を観ています。

見る阿呆歴50年の私は、特に地元の「娯茶平」が大好きなのです。

 

現在は7代目のO連長ですが、大昔のF連長やS連長の時から見ています。

録画の中の説明でO連長は、38歳の時に連長に就任したそうなので、もう38年間にもなるのだと思いました。

 

私が若い時、隣家の自動車修理工場のS社長に野球の試合が有るのにメンバーが足らないからと頼まれ、徳島市中前川町に在った、旧・紡績工場跡のグランド(現在T自動車の展示・販売場)に行った事が有りました。

 

野球

そこにはO連長がメンバーで居られ、一緒にプレーをした事がありました。

私より1歳半ほど年長であったと思いますが、日焼けして精悍そうなプレイヤーだったのを覚えています。

 

番組の中では加齢に伴い、好々爺の姿が映し出されておりました。

地元S放送のローカル番組でも17:00分から、川柳の選者としても出演されています。

 

自宅では最愛の奥様と息子家族とが映されておりましたが、どことも同じで山の神には頭が上がらない様子でした。

 

つい先日のS理事長の話では、「自宅に何度も撮影に来られましたが、はたして私が写った箇所が放送されるかどうか分かりません」と。

 

そして「もし写ったとしても、本当に数秒間ぐらいと思います」とも。

いやいや中々どうして、S理事長も思ったより長く映り、長い会話が放送されておりました。

 

見ると聞くとでは大違いで、S理事長はいつも、「お袋から娘を何時までも阿波踊りをさせているから縁談が無い、婚期を過ぎると困る」と言われていると。

 

結婚

しかしテレビ番組でも娘(Hちゃん)を見る顔は父親の顔をされておりました。

口では「早く結婚して貰わないと」と言っていますが、本心では無いのがテレビ画面からも感じられました。

 

娘のHちゃんは優しくて色白で美人で愛嬌がありモテモテなのです。

諺にも「知らぬは亭主(いや父親)ばかりなり」といいますので、その内娘のHちゃんが自宅に彼を連れて来ると思います。

 

その時のS理事長の顔を見てみたいと思っています。

 

いつも助任川親水公園での練習で、娘のHちゃんから、「こんばんわ、いつも父がお世話になっています」とご挨拶をしていただいております。

 

そして番組の後半で、今年の「もも」のセンター・トップをS理事長の娘Hちゃんが獲得しました。

責任者として舞台での踊りの演出も手がけておりました。

 

来年に向けますます踊りにもフォーメーションにも磨きを掛けられると思われます。

なので、S理事長のお袋さんは困惑気味でしょうが、S理事長は「仕方ないなぁ」と喜んでいると思います。

 

頑張れ娯茶平。

頑張れHちゃん。

 

助任
健康に留意O連長。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年 お陰様で 2016年に 創業30周年を迎えました。

べーやん

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

べーやんは2017年も 阪神タイガースを応援します(57年目に突入)

JUGEMテーマ:日々のくらし

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。
にほんブログ村

コメント
コメントする