8:00分に徳島市のH自動車学校に行きました。

 

自動車教習

8:30分から受け付けが始まり、高齢者自動車運転免許証更新に伴う認知症予備検査を受けました。

 

今年中に75歳になる人や既に75歳以上の人が8名来られていました。

黄色の更新予約ハガキと運転免許証を渡し、検査手数料650円を支払いました。

 

待合室では大勢の男女若者が次々と来られ、交通法規の勉強のため2階の教室に上がって行きました。

また別の若者達は何人もの教官が書類を手に名前を呼び、教習車に乗せててコースに出て行きました。

 

女性

※写真はイメージ

 

私達は別棟に案内され狭い教室に入り、仕切りのある机に座るように指示されました。

 

担当男性教官と女性スタッフが居られ、男性教官から予備検査の説明がなされました。

机上には認知症テストの解答書が置かれていました。

 

女性

※写真はイメージ

 

教官から、「私の指示が有るまでページを開けないで下さい」と。

そして、、「解答中は声を出さないようにして下さい」とも。

 

また、「携帯電話等は電源を切るかマナーモードにして、時計と共にポケットかバッグにお仕舞いください」との事でした。

 

女性

※写真はイメージ

 

第1問・「本日の年月日と曜日と現在の大体の時間を解答欄にお書き下さい」。

 

あれだけ事前に教官から、「解答中は声を出さないように」と云われているにも関わらず、「えぇ〜と、今日は何日だったかいなぁ!」とか「今日は何曜日かいなぁ、この前の日曜日が3日か4日だったから」とか云うのです。

 

第2問・4つのモノが描かれた絵(4枚)を前に垂らされたスクリーンにスライドで映し出します。

 

それを教官が絵を指差しながら、「動物の馬です、楽器のアコーデオンです・武器の刀です、花のヒマワリです」という風に説明して行きます。

 

それを4枚で計16種類の絵を見せながら説明して行くのです。

 

次に他のモノの説明があり、その後で、「先程お見せしました絵16種類を思い出しながら、順番はどうでも良いので全て解答書に記入して下さい」と。

 

「NO1番〜16番迄に、平仮名・漢字は問いませんので、名前が解らなくても全部お書き下さい」と。

 

その次の第3問では、「先程の絵を思い出し、解答欄の左側にヒントが書かれていますので、その横に名前を記入して下さい」と。

 

左側にはヒントで、動物・昆虫・野菜・花・乗り物・大工道具・身体の部位・台所用品・衣類・武器・鳥・楽器・筆記用具・果物・家具・電器製品と書かれていました。

 

梅雨

各絵を1分間ほど見せられましたが、認知症の人は見た後で直ぐにでも解答が書けないそうです。

 

それもスライドで絵を見た後で他の事の説明があり、その後に先程の絵の名前を思い出して解答欄に記入しなさいと云われるので尚更なのです。

 

そして最後の問題は、「時計の文字盤を書いて下さい」と。

そこで昨日は、「書いた文字盤に11時10分を書き入れて下さい」との指示でした。

 

昨日の一人の方は数字で11時10分と書き入れ教官から、「数字ではなく時計の文字盤を書き、そこに時計の針で示して下さい」と注意されておりました。

 

お見かけしたところでは、80歳を過ぎた年齢にも見えました。

全ての問題には制限時間が有りましたので、慌てられたのかも解りません。

 

30分程で終了しましたが、教室から受付待合室に戻りました。

そこで長時間,皆で待ちました。

 

偶然にも8名の中にK家主様や、徳島県ソフトボール協会が利用しお世話になっている、R&TのT店のIオーナーも来られておりました。

 

徳島ソフトボール

また待っている間に或男性高齢者が受付で、「先日ここで高齢者更新の予備検査で時計の時間が書けなくて、公安委員会(警察)から病院に行き医師の検査を受診するように云われた」と怒りながら文句を言いに来ていました。

 

注射

※写真はイメージ

 

また「その結果を公安委員会(警察)に持参すると、免許証更新はダメだと云われた」と。

理由を聞くと「予備検査の結果です」と云われたが、「お宅の自動車学校がそんな権限が有るのか」と凄い剣幕でした。

 

警察

待合室で教習の順番待ちをされている若者達が驚いて、怖がっていた程の剣幕でした。

 

男性責任者らしき人が対応されていましたが、「私どもは公安委員会から委嘱されているだけですので」と何度も気長に説明していました。

 

高齢者の男性は、「あんたも高齢者になれば理解出来ると思うが、少しぐらい情が有ってもイイのでは」と。

そして「時間ぐらい時計を見たら判るし、今ここで文字盤や時間を書けば書けるから」と食い下がっていました。

 

また「車の運転が出来なくなると生活にも困る」と云い乍らも、「国が公安委員会(警察)がそんな法律を決めたのなら仕方がないけどな」と云って不承不承帰って行きました。

 

jaf

一緒に検査を受けた人も、「私も一緒ですわ、身に詰まされます」と。

思った通り、その方は一番遅くまでテスト会場に残され、一番早く検査結果の発表に呼ばれておりました。

 

K家主様は84点で、私は98点でした。

 

16枚の絵の名前を書く途中で、最後の絵は何だったかと考えている時に、「時間です、鉛筆を置いて下さい」と云われました。

 

ボールペン

※写真はイメージ

 

何の会でも会場でも何時も一番前に座るので、昨日も教官の机の前なので後から書き入れられませんでした。

 

16枚の絵の中でズボンが思い浮かばなかったので、マイナス2点でした。

次の問題ではヒントに衣類の欄があり、あっと思いましたが後の祭りでした。

 

76点以上は認知症検査で全く異常なしとの事なので安心しました。

 

前日の(公・社・法)徳島県宅地建物取引業協会の本部研修会での認知症サポーター講座でのテストでも、「1分間に何種類の野菜の名前を書けますか」で21種類の名前を書きました。

 

不動産

先日のブログでも書きましたが、認知症の心配が無いのは、70歳以上では13種類・65歳以上では15種類でした。

それなので昨日は自信を持って行きましたが、100点満点は取れませんでした。

 

6月に実施されました、全国損害保険機構の商品取り扱い一般試験(火災・自動車・傷害)でも98点で100点満点は取れませんでした。

 

損害保険

加齢に伴い、何処かウッカリしたり忘れたりポカが有るものです。

 

昨日は11月21日(火)に予備検査の実地予約をしました。

視力(機器にて測定)・判断力(テレビ画面を見ながら運転)・運転技術能力(コース走行)のテストを受けます。

 

メガネ

それに合格すれば松茂町の運転免許センターに行き、運転免許証(3年間)を交付される運びとなります。

基本的には国(公安委員会・警察庁)は、後期高齢者には運転免許証を交付したくないのが本音なのでしょうか。

 

助任

昔と比べ、手間暇が掛かります。

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年 お陰様で 2016年に 創業30周年を迎えました。

べーやん

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

べーやんは2017年も 阪神タイガースを応援します(57年目に突入)

JUGEMテーマ:日々のくらし

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。
にほんブログ村

コメント
コメントする