昨夜は20:15分、日課の夜間ウオーキングに出掛けました。

 

助任

少し歩きますと聞き覚えのある阿波踊りのお囃子の鳴り物の音が聞こえて来ました。

 

助任

あれ可笑しいなぁと思いながらも、旧・NHK跡前・旧・貯金支局前に在る前川橋北詰めの親水公園に行きました。

 

なんと何と、私が贔屓の阿波踊り有名連G連が練習をしていました。

練習と云うより、○○テレビ局が取材撮影に来ておりました。

 

練習は先日で終わっていたと思っていたので儲けものでした。

 

女性

※写真はイメージ

 

しかも今夏最後の練習で、しかもテレビ局の取材撮影でしたので、全員が気合いを入れ最高の阿波踊りを披露していました。

 

阿波踊り

G連は自称連員300名と云われていますが、昨日は殆ど全員が練習に参加され鳴り物だけでも50名からの陣容でした。

 

awaodori

※写真はイメージ

 

流しの撮影では何時も通りに鳴り物の三味線を先頭に、横笛(篠笛)・締太鼓(小太鼓)・鉦・竹・大革(テンテン)大太鼓(オオド)の順番で入って来て、一礼して左右に分かれて並びました。

 

その間を男・女チビッコの踊り子を先頭に、少し間隔を置き若い女性法被踊り(桃)が続きました。

その後を女踊りの集団が続き、最後は男踊りの集団が進んで行きました。

 

途中で鳴り物が踊りの前に出て進行を遮り、阿波の徳島の地元民謡をアレンジしたお囃子でその場で踊りも変えていました。

毎年違った踊りを工夫して趣向を凝らしています。

 

そして流しの最後には鳴り物集団により、ハイテンポなリズムを刻み鉦のカンという音で終わりました。

 

昨夜は毎晩の様に観て聞いていましたG連の踊りの練習でも最高の出来でありました。

阿波踊り

やはり練習の最終日で11日には前夜祭には出演、12日から15日まで選抜阿波踊りに出演と夜間は演舞場での流し踊りと阿波踊り本番になるので、気持ちや気合い・意気込みが違っていました。

 

阿波踊り

私はもう練習は終わったと思っていたので、昨夜は思いがけず得した気分でした。

大勢の見物人からも最後に大きな拍手が送られたほどでした。

 

門

それから何時ものコースで徳島中央公園・旧徳島城大手門の鷲の門広場へいきました。

前日から組み立てていました特設ステージが完成しておりました。

 

毎年恒例で、地元の大企業O製薬グループの主催でイベントが開催されるのです。

今年はよく分かりませんが元・宝塚スターの公演があると聞きました。

 

助任

其処からの帰路、徳島城のお堀端を歩きながら水面を覗きました。

そこには最近見なかった淡水エイの子供が1匹泳いでいました。

 

淡水エイの親は大きな躰でスイスイ泳いでいるのを見掛けますが、小さな淡水エイの子供は久し振りに見掛けました。

 

徳島でエイ

水温む春先には2匹が泳いでいましたが、初夏ごろからどこかに行ったのかと思っていたのです。

 

昨年某テレビ局の全国放送で、「お城の堀でエイが泳いでいるのは全国でここだけです」と香川県の○○城趾を紹介されておりました。

 

そんなことはなく、我が徳島城跡のお堀にもエイは泳いでいるのです。

 

それにしても阿波踊りの期間中、徳島城跡には大勢の県外客が来られますがお堀の水や底が汚い事。

予算が無いとばかり云わず、なんとかゴミだけでも清掃できないのかと思います。

 

観光の宣伝が下手くそなのは以前からですが、阿波踊りの起源が徳島城完成を祝って踊った盆踊りだと云う説も一部にはあります。

 

助任

家祖・蜂須賀小六政勝、藩祖・蜂須賀家政、初代藩主・蜂須賀至鎮公が泣いていますよ。

 

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて30年 お陰様で 2016年に 創業30周年を迎えました。

べーやん

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

べーやんは2017年も 阪神タイガースを応援します(57年目に突入)

JUGEMテーマ:夏休み

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。
にほんブログ村

コメント
コメントする