昨日のJ党総裁選挙は、選挙前から勝ちが決まっている出来レースでした。

 

昔からJ党員である私にも、J党徳島県連から投票用紙が送付されてきました。

 

早速、意中の人の氏名を記入し返送しておきました。

 

マスコミ報道でも巷の噂話でも、S氏が断トツで優位のままの総裁選だと。

 

S氏が苦労人で、高校卒業後に就職のため秋田県から上京し、段ボール会社に就職するも直ぐに止め、アルバイトしながら貯金をし、学費が一番安かったH大学に入学したとも。

 

そして日本の国を動かしているのは政治家だと気付き、H大学の先輩の紹介でO議員の事務所に出入りし、その後Y市の市議会議員になり、政治家の道を歩み出したとの事。

 

これらが日本人の気持ちにピッタリと来て、マスコミが大いに採り上げだしたのです。

昔の田中角栄氏を思い出すような報道振りでもありました。

 

田中角栄氏は尋常高等小学校を卒業後に新潟県から上京し、土建業を始めた後に政治家の道に入り、最後には総理大臣まで上り詰めた方でした。

 

T大学出身のエリート官僚から政界入りされる方々が多い中で、家柄も学歴も無い叩き上げの人物を国民やマスコミは「今太閤」と呼び、日本人の多くが好むのです。

 

新聞報道によれば、今回も数ヶ月前からA首相の次はS氏をとJ党幹部が動いていたとも。

K氏なんかは、「未だ早い」と云って勝負所を逃したのだとも。

 

またI氏は党員に人気が有っても議員には受けが悪く、頼みの党幹部にもソッポを向かれたとの事。

I氏は昔に、J党が困窮している時に党を割って出た経歴が、今でも影響しているのだとか。

 

昨日は出来レースとは言え、権力闘争を見ているかのようでした。

 

それと話は変わりますが、I徳島県知事とN徳島市長の会談でのテレビニュース報道でした。

N市長が、「徳島市民ホールの代替案として、旧・市民文化センター跡地に県民ホールを建設して頂きたい」との事。

 

それに対しI知事が、「事前に知らされていなかったが、大胆不敵ならぬ大胆で素敵な提案です、さすが全国最年少の女性市長さん」と持ち上げていました。

 

この会談も私達県民・市民から見れば、「出来レース」だと見えました。

 

第一、この様な高額の金額を伴う案件を、事前の交渉もなく、いきなり申し出たのを直ぐに了承出来るはずもなく、J党総裁選と同様に県民・市民は醒めた目で見ていたと思います。

 

市有地・県有地の問題も棚上げしておいて、市議会・県議会もそれらの事は承認しているのかと思いましたが。

 

そして徳島市も徳島県も、○○○億円もの予算編成をする余裕が有るのかなとも思いました。

徳島市も聞くところによれば、もう少しで赤字再建団体に落ちる懸念があるとか。

 

それでも我々県民・市民は、今まで何人もの市長が県市協調との言葉を発して来た事かを記憶しています。

今回も県市協調との言葉が全面にでていました。

 

文化ホールの問題、徳島駅周辺のJR高架問題も前向きに進捗されると良いのですが。

 

I知事曰わく、「文化ホール建設で、喉に刺さっていた骨をN市長が抜いてくれたので、前に進みますよ」との事。

 

我々も大いに期待をする所です。

頑張れ県市協調。

 

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

昨日も息子から云われて早退し、13;30分に事務所を出て帰宅しました。

 

自宅近くのH理容店前を通ると、誰も店内に居りませんでした。

 

なので、そのまま車をH理容店の駐車場に駐め、毎月、一度の割合で50数年間ほど通っているH理容店に行きました。

 

H店主夫婦が居て、「台風後は朝夕が涼しくなりました」と。

 

直ぐに散髪に掛かりました。

私が、「今日は14:00分からデーゲームで、阪神ー広島戦が行われテレ中継も行われているのでは」と云いました。

 

奥さんが直ぐにDスポーツ新聞を見て、テレビのチャンネルを選んでくれました。

そして正面の鏡から少し回転させ、テレビと正体させてくれました。

 

散髪をして貰いながら、「サンズはホンマもんやなぁ」とか、「大山を3番に、サンズを4番に、ボーアを5番に据えたら良いのに」とか言いながら観ていました。

 

なんとその時に打者大山が18号・スリーランホームランを打ち、早くも3-0にしました。

奥さんが、「今日は幸先がイイし勝つのでない」と。

 

しかし大ファン神ファンで有る私達は、異口同音に、「7-0で最終回まで勝っていても、終わってみれば7-7の同点にされるから、安心は出来ない」と。

 

昨日は先発、の秋山投手が8回まではナイスピッチングでした。

しかし3-0のまま8回途中で2人の四球で交代させられました。

 

リリーフのガンケルが3-1にされましたがチェンジになり、9回表は最近の守護神スアレスが抑えて逃げ切りました。

 

秋山投手はもう少しで完投勝利でしたが、矢野監督のインタビューで、「秋に勝たしてやりたかったし、チームとしても負けるわけにはいかなかったので、あそこではリリーフを投入した」と。

 

これで3連勝でしたが、残り1つの広島戦を勝って、東京ドームの巨人戦位望んで貰いたいと思いました。

 

H店主との話で、「藤川投手が引退するけど、残り試合を1軍で投球しても5セーブは難しいなぁ」と。

また、「人情的には250セーブさせてあげ、名球会入りさせて上げたいけど・・・」と。

 

また、「頑張ってくれた福留選手も歳には勝てないし、バッティングフォームを変えた高山選手もダメ、江越選手もダメ、中谷選手もここ一番の所で今日みたいに打てないからダメ・・・云々」とボヤいていました。

 

そしてアナウンサーと解説者が、「明日は阪神は藤波投手が先発ですね」と云うのを聞いて、「ええっまた藤浪、せっかく勝ムードになっているのに、何であの気の弱い腕の振れない、インコースに投げられないダメ投手の藤浪を投げさせるのか」と。

 

2人して、「矢野監督の采配や選手起用には、疑問が有るなぁ」と。

 

「それに比べて巨人の原監督は、温情も有るけど、ダメな者はベテラン選手でも容赦なく2軍に落とすし、トレードにも出す」と。

そして、「それぐらいの指揮官でなくては、優勝は出来ないのでわ」と。

 

「巨人は何時の間にか若手選手が育っているけど、はんしんは中々若手選手が育って来ないなぁ」とも。

なので私が、「最近ではセカンドに小幡選手を使っているぐらいかなぁ」と。

 

最後には、「サンズは韓国球団でホームラン王を獲得したぐらいやから、アジア人の野球に慣れていたのかも分らんなぁ」と。

「それなら、来年からは韓国球団で活躍した元・大リーガーを獲得すればイイかも」と。

 

とかく阪神は外国人助っ人を獲得するけど、モノになる選手が大変少ないのです。

阪神を止めて他球団に行くと活躍したり、アメリカに帰国すると活躍するのですから。

 

しかしサンズ選手と抑えのスアレス投手は何とかモノになりそうです。

 

昨日は勝ちましたが、巨人も勝ち、DeNAも勝ち、ゲーム差はそのままなのです。

次の巨人戦での結果では、巨人に優勝マジックが点灯する可能性が有るのです。

 

原監督が就任した直後には、「あのようなタレントみたいコーチ陣(宮本・元木・水野)で野球が出来るのか」と懸念されておりました。

 

それが何となんと今時の若手選手には、彼らと良く息が合う・肌が合うというのか、若手が活躍しています。

肝心要の所は原監督が締めているのでしょうね。

 

だから神様と云われた川上監督の勝利数記録をも抜けたのでしょうか。

敵ながらアッパレと云うほかないのです。

 

頑張れ阪神タイガース。

負けるな矢野監督。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:日々のくらし

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

地元T新聞記事で、帝国データバンクの調査によれば、2020年の県内企業の女性社長は11,0%(全国平均8.0%)全国第2位だとか。

 

また女性管理職の割合は10.1%(全国平均7.8%)で全国第5位でした。

 

なんでも女性社長は、帝国データバンクが持つ2020年4月30日時点の企業情報を基に調査したとも。

 

徳島県では約8000社の内863社に上り、その比率は2年連続で全国第2位となったそうです。

 

企業規模別では、年商5000万円未満の小規模企業が14.7%で、規模が大きくなるにつれて割合は低下傾向となり、100億円以上では0%で有ったとか。

 

また社長に就いた経緯は、親や配偶者からの同族継承が62.8%と最多で、全国平均(50.6%)や県内男性社長(53.7%)を上回っていました。

 

そして、創業が28.7%、内部昇格が4.3%などは男性を下回っていました。

 

都道府県別の女性社長比率は、沖縄県が8年連続のトップで11.3%、3位以下は青森県の10.9%、佐賀県10.4%と続いていました。

 

また岐阜県が11年連続でワーストだった。

 

四国では、高知県9.9%、香川県9.3%、愛媛県8.6%でした。

また女性管理職の比率は2020年7月にアンケート調査したものでした。

 

県内では対象社116社の内で55社が回答。

女性管理職の割合を構成比でみると、10%未満が76.4%と最も多く、政府が目標に掲げる30.0%以上は14.5%だそうです。

 

従業員に占める女性の割合は26.0%、30%以上と10%未満がそれぞれ32,7%で最も多かったとの事。

 

四国四県の企業に女性活躍促進のために重要な点を尋ねたら、やはり妊娠・出産・子育て等がネックになっているそうです。

 

これらの事をクリアするのが今後の課題なのでしょうね。

 

昔から徳島では、「讃岐男に阿波女」と云われていたように、香川県の男性と徳島県の女性は働き者だとの事なのです。

 

特に香川県と県境(阿讃山地)での隣接地区の阿波の北方は、「阿波の北方起き上がりこぼし、寝たと思えば直ぐ起きる」と寝る間も惜しんで働いたと聞いています。

 

以前は徳島が全国第1位でしたが、最近では沖縄に負けています。

 

頑張れ阿波女。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

我が愛する阪神タイガースは、先発に8年目の藤浪投手を起用しました。

 

そしてその結果は何時もの通りに惨敗でした。

 

それも球団記録を塗り替える11失点でした。

 

7試合に登板して1勝5敗の成績ですが、その1勝もヒヤヒヤものの勝でした。

 

兎に角、何時もの通りコントロールが悪く、腕が振れていなくてストライクが入らないのです。

四球を怖がりストライクを取りに行くところを狙い撃ちされたのです。

 

元・中日ドラゴンズの投手で有った山本昌氏が開幕前には臨時特別コーチとして指導に来られていたのですが。

 

しかし気が弱い性格が災いしてか、以前のトラウマからインコースへ投げられないのです。

以前にインコースをデッドボールにし、ベテラン選手に凄い剣幕で怒られたのが原因なのです。

 

150kmのスピードで投げられるのですが、如何せんコントロールが悪すぎるのです。

それでもこの前の試合の時のように打者の援護射撃があれば何とかヒヤヒヤものでも勝てたのですが。

 

あれだけコントロールが悪いと、監督も呆れるばかりなのでしょうか。

 

それで解説者の元・ミスター阪神タイガース・掛布氏が云われたのです。

「藤浪投手の交代時期が遅すぎる」と。

 

「交代時期は3回終了時の7失点の時で良かったのに」とも。

「巨人とのゲーム差を考えると、絶対に負けられないのは理解できますが」と。

 

しかし、「13連戦の5戦目でリリーフ投手を酷使したくないのは解りますが、今の阪神に先を考える余裕などない」とも。

また、「絶対に負けられない1戦で藤波投手を5回11失点まで投げさせたのは疑問だ」と。

 

そして、「藤浪の交代と共に主力選手も交替させたのも残念だった」と。

これは攻撃の核となるサンズ・ボーア・梅野を6回から交替させたのです。

 

そして、「もし私が4番打者なら交替を拒否したし、同じ負けにしても負け方というのが有る」との事でした。

 

しかし藤浪投手の事については元・近鉄バッファローで、現・プロ野球解説者の金村氏も云われていました。

 

「同期の大谷選手と藤浪選手では、野球に対する考え方が違うし、私生活でも全く違うのです」と。

「藤浪選手は1年目から高級スーツに身を固めブランド品で飾っていた」とも。

 

「それに引き替え大谷選手は何時でもジャージ姿で、野球の話をしていました」と。

 

なので私はその話を聞いていたので、新型コロナウイルス感染拡大防止を球団が要請中に、ギャル達と大勢で飲食をし、感染したのだと腹立たしく思ったものでした。

 

阪神タイガースは高校卒業の投手の養成・育成は下手と云われています。

平田2軍監督も、今月号の会報雑誌で、1軍投手と2軍投手の違いや、高校から入団して来た投手の未熟さを話されていました。

 

しかし藤浪選手は入団して8年目なのです。

 

矢野監督も阪神球団も辛抱に辛抱をしての事なのでしょうが、今年ダメなら近い将来には、トレードか自由契約選手になる事は間違いないと思います。

 

プロ野球のズブの素人の私が、「何をか云わん」ですが、腹立たしいし情けない事この上ないのです。

 

先ずは云われているように、野球に対する取り組み方や考え方から是正すべきなのかも分りません。

18歳の少年が大金の契約金や年俸を貰い、タニマチやスポンサーまたファンからチヤホヤされると勘違いもするのは当然ですが。

 

少しは大谷選手を見習えばイイと思います。

 

藤浪投手への期待が大きかっただけに、不甲斐なさも倍増しています。

高校卒業後に直ぐ1軍で活躍した、元・巨人の桑田投手や清原選手の凄さを今更ながら感じている昨夜でした。

 

頑張れ藤浪選手。

もう後が無い崖っ淵だと思い。

 

それにしても、何故あゝまで巨人は強いのか。

7.5ゲーム差は縮まりません。

 

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:プロ野球全般

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

昨日、11名もの新型コロナウイルス感染者が出たとの事でした。

 

なので県・当局の担当者が記者会見で、「19:00分から開催されます専門家会議で審議し、徳島アラートの一段階引き上げも含めて審議します」との事でした。

 

徳島県ではアラート発令の基準を設けていますが、最近の感染者拡大でその基準を大きくオーバーしたのでしょうか。

 

今まではの感染者は、クルーズ船での感染者や・京都府の○○大学卒業生・東京都からの移住者・大阪府の○○大学生・兵庫県からの治療者・愛知県での研修社員・大阪府からの家族での帰省者・東京都からの仕事での来県者・・・等々と全ての感染源は県外からのモノでした。

 

なので政府の緊急事態宣言が発出された際には、県民は非常に心配をしたものでした。

 

そこにI県知事のコメントで、「県外客の来県・県外者の越境・観光施設での県外人の利用の不許可・県外ナンバー車の越境状況調査・・・等々」を発表しました。

 

それを受けた企業(主としてパチンコ店)が、県外ナンバー車の入店を断ったのが、新聞テレビで大きく報道されました。

 

それほど県民の一部の方々は神経質になっておりました。

そして感染源は全て県外からのモノで有り、県外からの来県者や越境者には敏感になっているのです。

 

そこに来て最近では、7月23日〜26日の4連休が終わってから感染拡大が始まりました。

 

やはり連休での県外からの帰省者や来県者により感染が拡大したのかなぁと思います。

 

私の友人や知人も、「今年は娘家族(息子家族)にも、お盆の期間中の帰省はしないようにと言いました」と。

それは、「子や孫にうつして感染させても、さされても敵わないので」と。

 

なので、「次のお正月まで帰省しないように」と言ったとか。

我が家も同じ事で、大阪在住の息子家族や孫家族にも、同じことを伝えて有ります。

 

しかし果たして、年末までに終息し、お正月には家族そろってお祝いが出来るかどうかなのですが。

 

それが昨日にはついにクラスターが発生したのです。

 

県南の介護施設なので後期高齢者の方々と介護士・相談員だとか。

もう一か所は海上保安庁の職員(巡視船乗組員)でのクラスターだとか。

 

果たして重症化すれば、我が県内の治療機関にはどれだけの人口呼吸器の設備が有るのかと思います。

医療崩壊は地方では早いのですから。

 

医療関係者不足の現在、元・看護師等のOBの復帰を国も・都道府県も要請すべきでしょうね。

 

先日の地元テレビ報道番組で宿泊関係者が、「GOTOkトラベルキャンペーンで人手不足なのに、新型コロナウイルス感染が怖いから辞めさせて下さいと云われています」とも。

 

今年2020年の行く末は、果たしてどうなることかと気を揉んでいます。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:日々のくらし

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

昨日の知人のフェイスブックに、大阪府のY知事が、「○○ヨード系のウガイ薬が、新型コロナウイルス感染防止に効果が有ると、H治療センターで記者会見」したと。

 

なので知人は早速近所のドラッグストアーに買いに行ったが、既に売り切れていたとも。

そしてコメントには、「マスクの次はウガイ薬か」と。

 

なのでそのことを妻に話をすると、妻曰く、「息子の嫁さんからもLINEが来ていて、同じことが書いて有ったよ」とも。

 

慌ててスマフォでYahooニュースを見てみました。

 

そこには机上に各種ウガイ薬を置き、M大阪市長と共に記者会見される写真が掲載されていました。

そこで夕方の近畿地方局のテレビニュースを見ました。

 

Y知事曰く、「嘘か本当かですが・・・・」と話し出し、「新型コロナウイルス菌の減少が・・・・云々」と。

 

ウガイをする事によって唾液内の新型コロナウイルス菌が、ウガイをしなかった軽症感染者より、格段に菌が少なかったとの結果が出ました」と。

 

この○○ウガイ薬が、新型コロナウイルス菌に有効だとの事でした。

 

しかし医療関係者等からは多数の異論が出ているとも。

 

大阪大学の○○先生は、「ウガイがコロナに有効だとは思えないし、統計数も少なすぎるし、それなら水だけでウガイをした感染者の統計も取るべきである」と。

 

また、「Y知事の発表でもウガイをしなかった軽症感染者でも、4日後には菌が少なくなっているのだから」とも。

 

それでも今を時めく大阪府のY知事の発言は、たちどころにビッグニュースになりました。

 

そしてそれらのウガイ薬を生産している製薬会社の株価が急騰したとか。

また全国の薬局の店頭からウガイ薬が消えたとか。

 

ことほどさように、国民は新型コロナウイルス感染を恐れているのでしょうね。

 

早く一日でも早く、ワクチンの開発が待たれるのです。

政府はアメリカのF製薬が、ドイツの製薬会社と共同開発をしているワクチン6000万人分を購入契約を結んだとか。

 

日本のFメーカーが開発されたA薬剤は、新型コロナウイルスには効果が少なかったのでしょうか。

 

いまは国民が感染防止対策に神経質になっているのです。

 

なので総理大臣や厚労大臣・経済再生大臣・国土交通大臣・各都道府県知事・政令都市市長・・・等々、影響力の有るトップの発言は慎重さが求められます。

 

右往左往さされるのは、我々国民なのですから。

 

感染拡大前から、「手洗い・ウガイ・アルコール消毒・マスク着用」と、「三密回避」は、大きく報道でも取り上げられていましたから。

 

我が事務所でも、アルコール消毒・マスク着用と定期的な入り口ドアー開放・窓開放での空気入れ替えを行い、空気清浄器を使用しています。

 

またお客様が来られる前や、帰られた後にはアルコール消毒液でドアーノブや机の上を消毒しています。

これもまたお互いの為だと考えての事なのです。

 

そしてお客様にお出しする飲み物は、全て缶入り茶・ペットボトル入り茶に変えています。

 

地方都市の我が愛する田舎町の徳島も、つい最近まで県外人も含めて5人の感染者でした。

それが7月下旬の4連休以降に感染者が増え、43人にもなりました。

 

徳島県アラーとも更に1段階アップになる事でしょう。

 

桑原・くわばら。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:日々のくらし

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

本来ならば、2020年東京オリンピックが始まるので、7月の第3月曜日を海の日と制定し、開会式から連休にして盛り上げようとの事でした。

 

それが新型コロナウイルス感染拡大で、東京オリンピックが1年間延期され2021年7月23日からとなりました。

 

日本スポーツ協会所属の競技団体では、殆どの団体が今年の開催を希望していたとの事。

「無観客試合でも良いから」と云うのは理解できるのですが。

 

なにしろ1年間の延期は、選手自身のモチベーションの問題に始まり、各・競技団体の財政にも大きく影響しているんだとか。

 

財政的に裕福な競技団体は良いけれど、予算が少ないマイナー競技団体等は運営にも困るのでしょうね。

 

昨日のテレビニュースでは、自転車競技のオリンピック出場選手が、弁当等の宅配のアルバイトをしながら,その後に練習をしていました。

 

事程左様に、日本のスポーツ競技(特にオリンピック)に対する力の入れようは、民間企業や競技団体任せなのです。

 

政府や行政からの活動資金援助等は殆ど無いに等しいのですから。

 

それに対して、今回のGO・TOキャンペーンは云わば大判振る舞いなのです。

1度に最高2万円を補助し、回数に制限はないのです。(ただし東京都民は除外)

 

新型コロナウイルスの、第2波パンデミックスが予測されている中での施行なのです。

専門家の間でも、感染拡大と医療崩壊が懸念されておるにも関わらずなのです。

 

新聞報道によれば、政府関係者の話として、「一度決めた事を撤回するのは難しい」とも。

 

また国土交通省のA大臣は与党K党出身者なので、K党のY党首も、「内のAに責任を取らされては敵わない」と総理官邸に話を持ち込んだとの事。

 

この与党K党は、J党のN幹事長の案であった,[年間所得が500万円以下の世帯に補助金を支給する」との案を拒否し、国民一人当たり10万円を支給すると押し切った経緯があるのです。

 

そこまで強固に意見をされるのなら、何で今回のGO・TOキャンペーンも延期するように、総理官邸に話を持ち込まなかったのかと思います。

 

政府与党関係者は、日本経済を活性化させる為だとの説明ですが、感染者が拡大し、新型コロナウイルスが蔓延すれば、それどころの騒ぎではなくなるのですから。

 

近年のA総理大臣の支持率は降下の一途を辿っていますが、なにかしら対策が可笑しいような気がします。

取り巻き連中が悪いのか、官僚の政策立案が悪いのかは判りませんが。

 

阿部のマスクと揶揄されたマスクを、ただ一人A総理のみが着用しているニュースをみると、可笑しさで笑ってしまいます。

 

このマスクに掛かった費用が466億円とも云われています。

そして国民の殆どが支給されたマスクより、市販のマスクを着用されています。

 

我が家でも、送られてきたマスクは要らないので、誰かいる人にと差し上げました。

 

この費用の466億円をオリンピック代表選手とか、学生で授業料やアパート代の支払いに困っている人に援助された方が余程喜んでくれたと思います。

 

昨夜のテレビニュース番組で経営者は、「オリンピック代表・自転車競技選手の他にも、他の競技団体のアスリートの雇用も検討しています」との事でした。

 

このような状況下でも政府や国民は代表選手に、メダル獲得を要望し希望するのですから酷な話でも有ります。

 

現在のスポーツ界は全てが企業スポーツで持っていると云っても過言では有りません。

 

また国内大会・国際大会・世界選手権・アジア大会・オリンピックを含め、全ての大会に参加される競技団体や各チームは、財政的に苦慮されています。

 

ましてやクラブチーム等では個人負担で全国大会・東西日本大会・地区大会・都道府県大会の参加をしているのです。

 

それが例え国民体育大会で徳島県代表・四国地区代表で県外大会に出場しても、宿泊代で言えば1泊6000円未満しか援助金がないのですから。

 

今時、1泊2食付きで6000円未満で宿泊できる所が有ると、本気で考えておられるのでしょうか。

 

今回の県内経済活性化では、徳島県内の宿泊施設に泊まると、5000円の援助が出るそうです。

当初は1万人分でしたが、徳島県民も10万円を受給したことも有り、直ぐに申し込み者で予定数がオーバーしました。

 

そこで徳島県はさらに1万人分の追加をされたとか。

 

また徳島市も同様に市内に宿泊すれば援助するとの事。

 

さらに来月からは農林水産省もキャンペーンで、食のGO・TOトラベルキャンペーンを施行されるとか。

ならば政府は少しの金額でも、アスリートに援助資金をと思うのは、私一人だけの思いでしょうか。

 

もう1年間、頑張れオリンピック代表選手。

負けるな新型コロナウイルスなどに。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:日々のくらし

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

昨夜の阪神ー広島戦に9-4で勝利し、ここに来て5連勝なのです。

 

昨夜の試合でも、懸念されているバッティングも、まるで嘘のように好調なのです。

 

昨夜のナイトゲームは4本のホームラン(サンズ・糸原・大山・北条)で打ち勝ちました。

 

特に目覚ましい活躍は2塁手の糸原選手でした。

好調な時にはバッティングもフィールディングもイイのです。

 

糸原選手は開幕時は1割台でしたが最近の打率は3割台を保持しています。

昨年にはベテラン福留選手からキャプテンを引き継ぎましたが、これとて3年目の若手選手では異例の事でした。

 

しかしファンの危惧した気持ちとは裏腹に、頑丈な身体と負けず嫌いな性格で、2年連続して全試合出場も果たしました。

 

今までの阪神は、ここ一番で打てなかったのです。

なので、幾らピッチャーがナイスピッチングをしても、援護射撃が無いので負けていました。

 

何年も前から、何代もまえの監督から、バッテイングがダメでした。

 

だから阪神タイガースの大ファンで有る大阪在住の音楽家・キダタロー氏も、サイン色紙に「阪神もっと打ったれや」と揮毫されておられました。

 

阪神タイガース球団も、その事は良く解っていて、金本選手や片岡選手をトレードで引っ張って来ておりましたが。

 

また毎年・毎年大金を支払い、外国人助っ人選手を入団させておりました。

スポーツ新聞も必ず大きく記事に取り上げて、「バースの再来か」と。

 

過去十数年間、阪神ファンの大きな期待を裏切られた事か。

 

悪い外国人助っ人選手は、高額の契約金を貰うとシーズン途中でダメになり、クビになって退団し帰国するのが常でした。

そして帰国後は大リーグで活躍するのですから、「何をや云わん」なのです。

 

しかし今年の阪神タイガースの外国人選手は、今までと違うのではないのかと思うくらいでした。

 

特に大リーグから韓国リーグに行き、大活躍していたサンズ選手は阪神伊入団しても、韓国野球で東洋の野球に慣れているのか、直ぐに活躍しだしています。

 

野球はピッチャーの出来次第とは云われていますが、やはり打てなくては点が取れません。

故・野村監督は、「ピッチャーが3点までに抑えれば、それは責任ではない」と良く云われておりました。

 

「やはり野手の援護射撃がなければ、いくら投手が良いピッチングをしても勝てないから」とも。

 

また故・野村監督は、「4番打者を自前で育成するのは手間暇がかかるので、他球団からスカウトするか、外国人助っ人を取るのが手っ取り早い」とも。

 

それにしても開幕ダッシュに乗り遅れた阪神タイガースが、ここにきてホームグラウンドの甲子園球場で連勝しているのです。

 

プロ野球にはズブの素人の私には、穿った見方をしています。

 

それは、毎年甲子園球場で開催されております高校野球が中止になった事も一因ではないのかと。

毎年毎年調子が上がりだした頃には、ホームグラウンドが使用できず、日本各地を転戦して回るのですから。

 

巨人ファンに云わせると、「それは巨人も同じで、各球団のホームグラウンドでの試合が多いのは」とも。

 

しかし伝統ある高校野球を球場の変更をする訳にもいかず、これからも今まで通りのスケジュールで試合があるのです。

 

ならばやはり強打者も確保しなければ優勝など程遠いのです。

矢野監督は、「これからがスタートです」と引き締めていましたが、貯金が1子つ出来たぐらいでガッツポーズは早過ぎます。

 

少ない観客でも、やはり勝てば甲子園球場は燃えますし、六甲颪が響き渡ります。

 

つい先日には、阪神タイガース公式ファンクラブから、黄色いユニフォームが届きました。

 

このユニフォームは何着目だかわすれましたが、これを着て甲子園のライトスタンドで応援し、勝って六甲颪を歌いたいものです。

 

「六甲颪に颯爽と、蒼天駆ける日輪の、青春の覇気美しく、輝く我が名ぞ、阪神タイガース、オウオウオウオウ、阪神タイガース、フレフレフレ」。

 

頑張れ阪神タイガース。

今年こそ今年こそと優勝の夢を見させて下さい矢野監督。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:プロ野球全般

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

7月5日現在ですが、我が阪神タイガースは14試合・4勝10敗0分・勝率、286で最下位なのです。

 

そして巨人は、15試合・10勝4敗1分・勝率、714で首位なのです。

 

早くもゲーム差は6.0となっています。

 

毎年の事ながら、「まだまだシーズンが始まったばかりなので・・・云々」と云ってはいますが。

 

心の中では、「何で打てないのか、何で勝てないのか、毎回のようにピッチャーを援護できず負けているのだ」とブツブツ云っています。

 

この独り言や恨み節は毎年の事なのですが、今年もまたブツクサと文句を云っています。

和田監督・金本監督と打てないでチーム打率も最低なのです。

 

しかし我が愛する阪神タイガースは、「野球の基本はピッチャー次第」と毎年毎年ドラフト会議でも多くのピッチャーを指名しています。

 

まぁ野球はピッチャーの力が70%〜80%だと云われてはいますが。

 

しかし、しかしなのですが、バッター(野手)が打たなければ得点が出来ません。

 

そして故・野村克也氏や多くの監督経験者が云われていたように、4番バッターを自前で育てるのには時間を要するのです。

 

なので勢い、他球団の4番バッターか、外国人スラッガーを採って来るのですが。

 

しかし我が愛する阪神タイガースは、スカウトの問題なのか球団の問題なのか判りませんが、外国人助っ人を採って来るのが大変下手クソなのです。

 

そして関西のDスポーツ新聞を始め、テレビやラジオが春のキャンプやオープン戦で、チョッとヒットを打つと大打者の如き報道をするのです。

 

なので新人選手や助っ人外国人選手は何か勘違いをし、「俺は人気が有る、これならイケルのではないか」と思うのです。

 

息子(二男)に云われてyoutubeの片岡篤志チャンネルを見ています。

そこにはプロ野球の往年の大選手で有った選手がゲスト出演されています。

 

大投手で有ったゲスト曰わく、「オープン戦等では、新人選手や新外国人助っ人選手には、打ち易い球を投げて打たすのです」と。

 

「そしていざ本番となれば厳しいコースを攻め、打たさないようにしていました」とも。

 

「なのでオープン戦等の戦績や成績は、余り当てにはなりませんから」と。

 

今回の助っ人外国人選手のボーアも大変期待されての入団でした。

それが昔のランディーバース選手のノーヒット記録を抜く成績でした。

 

矢野監督も辛抱に辛抱を重ねて、先発メンバーで使い続けていました。

その甲斐が有ったのか最近になり、打率も上昇気味となって来ました。

 

そして昨日の阪神ー広島戦では満塁ホームランを打ち、チームに勝利と活気を呼び込みました。

0-1でリードされていた3回に、内野安打と四球2つで2死満塁、大山選手の押し出しで同点となりました。

 

そんな中で打者のボーア選手は追い込まれた3球目、相手のピッチャー遠藤選手が続けて投げたチェンジアップを強振しました。

 

強烈な打球がスタンドに飛び込み、来日初の満塁ホームランとなりました。

 

その効果も有り、他の選手(大山・サンズ)も快打快音を残して勝利しました。

勝利投手は西選手で1勝1敗となりました。

 

やはり野球はピッチャーの出来次第とは云いますが、やはり援護射撃が無ければ勝てないのは自明の理なのです。

 

試合前まではチーム打率は1割8分3厘と最低でした。

そして打つべき人が打つと、試合には勝てるのです。

 

今年こそは、「自分がテレビ中継を観ていると負けるので」と云う事の無いようにして貰いたいものです。

 

勝って勝って勝ちまくって、甲子園球場のライトスタンドで、「六甲颪」を歌いたいものです。

 

頑張れ阪神タイガース。

頑張れ外国人選手。

そして負けるな日本人選手。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:プロ野球全般

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

何と昨日(6月28日・日曜日)の私の拙いブログ、「阿波のオッサンの呟き」へのアクセス数が、驚く事に7830件にもなっておりました。

 

今月の6月7日(日)のアクセス数も7623件で、私がブログを投稿し始めてから過去十数年間で最高のアクセス数でした。

 

なので今月は残り2日(29日・30日)を残して、アクセス数は27301件にもなりました。

 

今までは平均して1ヶ月のアクセス数は10000件程でしたのに。

1日では最低アクセス数の時には約250件〜280件で、特別な日を除けば大体が300件〜350件程でした。

 

今まででも最高に多い日で600件〜700件でした。

 

それが何故か今月になってから、ヒョカッと断トツに一桁多い7000件代にもなっているのです。

 

これにはもう驚きと云うのか、ビックリすると云うのか、訳が分からないのです。

 

私の様な後期高齢者の投稿する本当に拙いブログに、この様に多数のアクセスをして頂くのですから。

 

またその内容もごく有り触れた日常の出来事なのです。

そして文才の無い私の拙い文章を毎日の様に覗いて頂いているのですから、唯々感謝の一言に尽きるのです。

 

難しい文章や漢字を多用し、また句読点の打ち方も文字遣いも間違いだらけなので、大変読み辛い文章なのです。

 

それにも関わらず、後期高齢者(今年の11月で78歳)の私を励まして頂くかのように、平均して毎月10000件程のアクセスを頂戴しています。

 

息子(二男)から十数年前に、「((有)石部宅建の経営者の人となりをお客様に知って頂くために、ブログを投稿したら良い」と薦められたのです。

 

それから何年か経過した頃に投稿先を変更し、現在のJUGEMにお世話になっています。

 

お客様や、知人・友人は勿論の事、全く見知らぬ方からもお声を掛けて頂く事も有りました。

 

「ブログ拝見していますよ」と、「毎日面白く覗いていますよ」・・・・等々。

 

今月の様に27000件を越すアクセス数を頂くなどは思いも依りませんでした。

 

本当に励みになります。

誠に有り難うございました。

 

何とか頑張って後2年間余り、80歳迄頑張るつもりです。

アクセスを頂きました方々には、心より感謝を申し上げる次第でございます。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

JUGEMテーマ:不動産屋さん

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は昭和、平成、令和と徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。