朝8:30分に、大会会場の吉野川北岸・徳島市民運動広場・ソフトボール場Aグラウンドに行きました。

 

丁度、大会前のミーティングが始まったところでした。

 

M副会長・S理事長・M審判長・Y記録長も来ていました。

何時もの通りM審判長(副理事長)の司会進行でのミーティングでした。

 

全日本実年大会県予選の試合は第1試合の準決勝戦(ベスト4)が9:00分からでした

昨日のグラウンドは台風の影響で、南東の風が少し吹き、ピッチャー有利の風でした。

 

試合には丁度良い天候で、暑い中にも涼風が吹き気持ちの良い試合日和りでした。

 

やがて2試合目も終わり、決勝戦は板野体育協会実年ー吉野川市体育協会実年でした。

 

イニング   1 2 3 4 5 6  7 計

チーム名 

板 野     1   0   0   0   0   0        1

吉野川     0   0   1   0   3   0        4

 

6回表裏で時間切れとなり、吉野川市体育協会実年が優勝しました。

 

大会後には直ちに表彰式が行われ、私から表彰状と優勝旗を授与させて頂きました。

後片付けを終わり最後のミーティングをし、12:00分に解散しました。

 

しかし15:00分から定例の理事会が開催されますので、待ち時間を過ごす人は大変でした。

私は自宅近くでランチをした後に帰宅し、シャワーを浴びて着替えして14:00分に自宅を出ました。

 

14:30分に徳島市のFコミセンに行きました。

 

既にM副会長・S理事長・M審判委員長・S総務委員長・D支部強化委員長・F指導者委員長や、Y副審判長・N副記録長等が来ていました。

 

昨日の理事会は出席理事が少なく、S理事長はオカンムリでした。

なので次からは開催日(現在は日曜日)や時間を検討するとの事でした。

 

日曜日はどうしても試合や家事の都合で、集まりが悪いのです。

この事はS理事等になってから、指摘されていた事なのですが。

 

昨日の理事会での第一議案は、先に開催されました、日本女子リーグの収支決算報告と、西日本大学女子大会の収支決算報告でした。

 

また第二議案は、10月4日〜6日の3日間、開催されます全国シニア大会の件でした。

この大会は、全国47都道府県から48チームが参加される大きな大会なのです。

 

なので吉野川北岸で8グラウンドの設営を必要とします。

全てのグラウンドに外野フェンスを設置し、ファールラインに沿ってネットを張るのです。

 

徳島県や徳島市にはソフトボール専用球場が無いので、河川敷運動広場や公園・サッカー場・多目的広場等をお借りして、試合会場を作ります。

 

場所が離れているので設営が何カ所にも分散し大変な労力を必要とします。

 

またフェンスやネットも阿南市・鳴門市・吉野川市・三好市に借りに行くので、運賃も嵩張ります。

肝心の徳島市にはフェンスもネットも所有備品が無いのです。

 

徳島市の行政当局は、「市民皆スポーツを目指して」と言いますが、実際には口先だけなのです。

全国大会を開催しても補助金も無く、協力も無いのです。

 

私も全国大会にアチコチ行きましたが、どこの県でもどこの市でも行政から派遣された公務員が、つきっきりでお世話をして頂きました。

 

徳島市だけは今までにもそんな事は一切ないのです。

すべては競技団体に任せっきりなのです。

 

そして後援依頼をすれば、大会役員・大会規約・参加チーム数・参加人数・収支予算案・決算書等の提出を求められるのです。

人的協力も、金銭的補助も一切無いのに、書類だけは厳しいのです。

 

なので徳島県知事を来賓としてご招待しご挨拶をお願いしても、何の大会でも地元の市長は招待していないのです。

 

吉野川で大会をすると女性には評判が大変悪いのです。

それはトイレが簡易トイレしか無いからなのです。

 

しかも各グラウンドに1箇所なので、「古い・臭い・汚い・行列ができる」等、悪評なのです。

 

香川県・高知県・愛媛県や行政の各市は、全国大会には凄く協力をして補助金まで支出してくれるとの事。

 

48チームで選手数が1,000人以上が来徳しホテル・旅館に宿泊するのです。

観光行政にも寄与すると思いますが。

 

文句ばかり言っていても埒はあかず、最後には自力で開催(開催経費は約500万円)しないとイケナイのです。

 

これからまた、協賛広告のお願いに回らなければと思って居ますが。

 

自分の力の無さを痛感している今日この頃です。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

昨日は9:00分に、大会会場の吉野川北岸・徳島市民運動広場・ソフトボール場・Aグラウンドに行きました。

 

丁度、試合が始まるところで、T副審判長が一般男子の両チームの監督をホームベースの所へ呼びオーダー表の確認と担当審判員の自己紹介をしていました。

 

BグラウンドではM副会長(財務委員長)とS総務委員長も来ており、I球審がプレイボールを掛けていました。

 

審判員によれば、「S理事長は早朝から設営に来られており、準備が出来たので今から高知県で開催中の実業団大会に行って来ますとの事で、先程出掛けられました」と。

 

S理事長から着信履歴があったので電話を掛けると、「会長、高知県春野総合運動公園へ徳島県代表のJチームの応援に行って来ますので、後の事を宜しくおねがいします」との事でした。

 

M審判長は四国の審判長として日本ソ協会から派遣され、後はY副審判長・B副審判長の二人は県ソ協会から派遣、またY記録長・N副記録長も県ソ協会からの派遣で前日から高知県入りをしています。

 

四国ソ協会では四国四県が協力しあい、西日本大会・全国大会等々の大きな大会では、お互いに審判員・記録員を派遣する事になっているのです。

 

なので昨日はM副会長・T副審判長(副理事長)が球場主任となっていました。

 

Aグラウンドでは一般男子MARCが優勝し、Bグラウンドではリーグ戦の得失点差で、吉野川体育協会ハイシニアが優勝されました。

 

藍住GMやスダチクラブも良く健闘されたのですが、ハイシニアチームには暑さの中での試合は疲労困憊の様子でした。

なんでもチームの選手は昼食抜きで試合をしていたとの事でした。

 

年齢が年齢だけに、決してご無理をなさらないようにとお伝えしました。

試合後に表彰式を行い解散となりました。

 

15:00分に帰宅し、シャワーを浴びて一休みをしました。

夜20時には3年振りぐらいに妻を誘い、吉野川南岸で開催中の吉野川フェスティバルの花火を観に行きました。

 

吉野川フェスティバル

堤防近くの家主様に連絡し、車を置かせて頂き、そこから歩いて会場まで行きました。

 

大勢の若者が集まり、大変な賑わい振りでした。

回を重ねる毎に賑やかなフェスに成長しています。

 

テーブル席でかき氷を食べながら、20:50分から打ち上げられた花火を観ました。

21:30分には家主様の駐車場に着き、車で帰りました。

 

吉野川フェスティバル

帰宅途中でFスーパーに立ち寄り、買い物をして帰りました。

 

妻と、「徳島にも大勢の若者達が居るもんやなぁ」と感心しながら帰りました。

何でも良いので、イベントをし継続していれば、集客力となるものです。

 

帰宅後にS理事長から電話があり、「会長、お世話になりました、Jチームがベスト4に残りました」と。

「今、帰宅しましたが、明日にはまた高知県まで行ってこようかと思っています」との事でした。

 

吉野川フェスティバル

「なので、M審判長等は今夜も高知泊まりになりますので」と。

 

本当に暑い中をご苦労さまです。

お疲れ様でした。

 

頑張れJチーム。

優勝を目指して!

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

今月初めに、市ソ協会のT副会長兼理事長から、「会長、市ソ協会の反省会を例年通り行いますので、是非ご出席をお願いします」と招待をされておりました。

 

私が市ソ協会の役員の時には、毎年JR徳島駅ホテルKの屋上のビアーガーデンで開催していました。

なのでつい先年までは招待され、屋上ビアーガーデンに行っていました。

 

今年は徳島市両国商店街に在るA料理店でした。

私は何度か懇親会で行った店でもありました。

 

18:00分開始との事でしたので、17:15分に自宅から徒歩で行き、17:45分に着きました。

既にT副会長兼理事長やO審判長・S監査役が来られておりました。

 

間もなく市ソ協会のI会長(徳島県議会議員・県ソ協会・元副会長、現顧問)が来られました。

定刻の18:00分には出席予定者全員が揃いました。

 

T理事長の挨拶の後、I市ソ協会会長のご挨拶があり、私の乾杯の発声で始まりました。

 

丁度、I市ソ協会会長が臨席でしたので、「来年度は日ソ協会・西日本ソ協会・四国ソ協会・県ソ協会・市ソ協会の役員改選時期となっています」と。

 

そこで私が、「来年度の県ソ協会の会長に」と口説きました。

そしてまた、「市ソ協会の後任会長には、T副会長兼理事長を」と。

 

するとI会長曰く、「それで会長さんはどうなされるのですか」と。

なので、「老兵は静かに去るのみです」と。

 

I会長曰く、「それはダメでしょう、名誉会長とか何かの形で残っていて貰わねば」と。

 

そこで私が、「この人事案は県ソ協会の役員(M副会長・S理事長・M審判長)には話を通してありますが、飽くまで人事案件は理事長の専決事項ですので、S理事長が最終判断をされますので、飽く迄私の希望意見だとご承知おきください」とお伝えしました。

 

その後、市ソ協会のT副会長兼理事長やO副理事長兼審判長も口説き落しご承諾をして頂きました。

 

またベテランの理事役員の皆さんにもご承諾を頂きました。

 

これで私は後顧の憂いなく引退が出来る事になりました。

市ソ協会は思えば50数年前に、旧・市立体育館前に付属した建物にあったスポーツマンハウスで創立したものです。

 

その時に集まった創立時の元・理事役員で主な人で、T氏・Y氏・O氏・K氏・Y氏・W氏・S氏・K氏等々は既に鬼籍に入られています。

 

今では創立時のメンバーでご健在なのはT氏・K氏・S氏と私ぐらいなものでしょうか。

そして未だソフトボール協会と関わっているのは、私ぐらいになってしまいました。

 

県ソ協会でも古くからの理事役員では元・理事長・審判長のT氏・S氏ですが、T氏は春先に入院され引退の予定、またベテランのM氏も今月初めに入院され多分引退されるかとも。

 

現在で県ソ協会で理事役員の古株では、M副会長兼財務委員長と私ぐらいになっています。

そしてM副会長が財務委員長を兼任されており、財布の紐をしっかりと締めているのです。

 

なので現在ではS理事長に苦言を呈することが有れば、私かM副会長かもしくはM審判長兼副理事長ぐらいなのです。

今の所S理事長は各委員長等にも良く相談をされ、根回しもされております。

 

それなのでS理事長・M審判長体制になり、協会運営もスムーズに行われています。

S理事長体制にベテラン・中堅・若手が協力して頂き、上手く事業が行われています。

 

なので何の心配もなく、後任の方にお任せが出来るのです。

 

県ソ協会の事業として後は8月4日(日)の大会と15:00分からFコミセンで定例理事会があります。

その後は8月11日(日)・8月18日(日)は大会もなく休みとなります。

 

ただ8月17日(土)・18日(日)は国体四国予選大会が愛媛県で行われ、四国ソ協会の理事会も同時に開催されます。

 

2年前にもS理事長やM審判長に、「愛媛国体に是非一緒に応援に行きましょう」と誘われ、その晩にもう一期会長をと引き受けさせられました。

 

なので今年は四国の理事会には行かないと決めています。

 

県ソ協会の事業再開は8月25日(日)からとなりますが、9月に入れば10月初旬の全国シニア大会開催で大変なのです。

この大きな大会が、私の会長として最後の大会となります。

 

後は年末の優秀選手表彰式と、年明けに開催されます年次総会(1月中旬予定)でバトンタッチとなります。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

昨日の早朝、県ソ協会のS理事長から電話がありました。

 

スマホ

「会長、Bグラウンドはコンディションが良いので今から整備し、9:00から吉野川杯レディース大会県予選の決勝戦を行いますので」と。

 

そして、「表彰式には来られますか」との事でした。

 

夜明けまで雨が降っていたので、9:00分位から参議院議員選挙の投票に行くつもりでした。

 

衆議院議員

なので直ぐに着替えをし、吉野川北岸徳島市民運動広場に行きました。

会場のBグラウンドでは両チームが整列したところでした。

 

バックネット裏には、M副会長・S理事長・Y記録長・S総務委員長が来ていました。

 

この県予選大会は毎年徳島県で開催されています、四国レディース大会・吉野川杯の県予選なのです。

 

決勝戦は、南井上クラブー徳島レディースクラブで行われました。

結果は1-8で5回コールドゲームで、徳島レディースクラブが勝ちました。

 

ソフトボール

試合後に表彰式を行い、私から賞状と優勝旗を授与させて頂きました。

その後にY記録長が記念写真を撮り解散しました。

 

多分後日に、地元のT新聞のアワースポーツ欄に写真が掲載されると思います。

 

優勝した徳島レディースクラブは、私にとって思い出深いモノがあるチームなのです。

私が某ソフトボール大会でキャプテンとして試合をしている時に、3名の女子ソフトボール経験者が来ました。

 

そして「試合後にお話がしたいのですが」との事でした。

 

それは、「来年に日本ソフトボール協会が、第1回クラブ男子・女子ソフトボール大会を、山口県下関市で開催するので、是非とも四国代表として出場したいので、クラブ女子チームを創ります」との事。

 

マネージャー

そこで、「是非とも監督になって頂きたい」との事でした。

 

何度もお断りしましたが、地元のナイター試合をしている所まで来て頼まれました。

男子チームの監督にも相談し、また前年度に優勝したPTAチームの監督にも相談しました。

 

「次の監督はお前だと決めていたのだが、そこまで云われたら引き受けたら良いのでは」と。

 

それからが選手集めに奔走しました。

日曜日の度に県南・県北・県西と彼女等と走り回りました。

 

また県ソ協会の故・M理事長や元・役員のK氏(審判長・理事長・副会長)も「協会が応援しますので是非」との事でした。

 

そして元・実業団チーム選手、元・全日本選手、元・大学選手、元・高校選手(インターハイ出場経験者)、現職教員、会社員等々で結成しました。

 

そして和気藹々と楽しむチームではなく、勝つチーム勝てるチームを創ろうと話し合いました。

 

その後は毎週毎週日曜日には朝から練習をし、高校女子チームの辻高校(現・池田高校辻校)の渡辺監督さんや、徳島商業高校の近藤監督さんにもご協力を頂き、県ソ協会がリーグ戦を組み込んで頂きました。

 

また四国大学女子チームの藤原監督(後の県協会理事長)には、度々練習試合もして頂きました。

 

その甲斐あって四国大会で優勝し、クラブ男子が高知県の闘犬センターで、クラブ女子が徳島県の徳島レディースクラブと決まりました。

 

そしてマイクロバスを借り、山口県下関市に行きました。

あの大会が第一回クラブ大会ですので、もう何十年も昔の事になりました。

 

そして私が監督を8年間し4回各種全国大会に出場させてくれました。

山口県・長野県・鳥取県・群馬県に行かせて貰いました。

 

その後、監督をコーチであったY氏が8年間され、またその後は女性教員であったI先生が十数年間も監督され、今年の3月に交替されました。

本当に長い間ご苦労様でした。

 

そして今年の4月からコーチで有った男性が監督に就任し、昨日はユニフォームも新たに指揮されていました。

 

試合後には、以前から知り合いの選手が挨拶に来てくれました。

彼女は私の息子(一男)と同じ年齢なので、「M、まだ頑張っているんやなぁ」と声を掛けました。

 

「はい、歳寄りでになりましたが、若手も多数加入したので」とも。

昨日はDHで打撃で活躍していました。

 

後、知り合いの選手は捕手のNぐらいなものになりました。

前監督のI先生は県外に行かれており、今日は来られないとかでした。

 

女子ソフトボールの灯を絶やさないために頑張られている両チームに唯々感謝あるのみです。

四国吉野川杯でも頑張って頂きたいものです。

 

大会後にはS理事長と、国立徳島病院に役員のお見舞いに行きました。

帰る途中で藍住町の有名うどん店T製麺で天ザルを食し、帰宅後に自宅前のS小学校へ妻と共に投票に行きました。

 

自宅付近では雨が降ったり止んだりしていました。

 

流石に晴れ男のS理事長、グラウンド付近は雨も降らず、よく大会が出来たと思いました。

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

昨年から、徳島県ソフトボール協会の理事役員の方々に、LINEの登録をお願いしています。

 

LINE

これは経費節減との名目もあり、43名ほどの理事役員にLINEの登録をお願いしています。

しかし中には未だに携帯電話がガラケイで、スマフォでない人も居られるのです。

 

スマホ

一昨年までは事務局から往復ハガキで理事会等の出欠を通知していました。

それで年間の通信費でハガキ代が5~6万円ほども必要でした。

 

宝くじ

その他にも総会の案内往復ハガキも必要なのです。

そこで何からでも経費削減との事で、理事役員はスマフォに切り替えLINEも出来るようにとお願いをしています。

 

現在では約30名程がLINEでの通信にしていますが、未だに理事の中でもスマフォで有りりながら、未登録の者が7〜8名ほど居るのです。

 

そして未だに理事役員の中で、ガラケイの所持者が5名ほど居るのです。

 

その中にはM副会長(財務委員長)・S理事長等が含まれています。

 

なので事務局は、LINEで通知が出来ない理事役員には、個別に通知をすることになり、2重の手間が掛かるのです。

ガラケイ所持者の5名と未登録者の8名には、早急にLINEが可能な環境に出来るようお願いするつもりです。

 

8月4日(日)15:00分から徳島市Fコミセンで定例の理事会が開催される予定です。

7月28日(日)での開催でしたが、多くの理事の都合が悪く、一週間ほど延期しての開催です。

 

日本リーグの収支決算報告と、10月初旬に開催されます、全国シニア大会の打ち合わせになります。

 

ソフトボール協会

日本各地から48チーム(参加選手数が1,000名)が一同に集う大きな大会となります。

 

グラウンド8面の確保や、プログラム等の準備が大変なのです。

宿泊等は大手旅行社と地元の旅行代理店が取り扱いをしてくれます。

 

ホテル

※写真はイメージ

後は理事役員・ソフトボール関係者等による、広告掲載のお願いがあります。

 

この大会が私の会長としての最後の大会となる予定です。

来年度はオリンピック開催の年でもあり、また日本協会・各都道府県協会・支部の役員改選の年でもあります。

 

なので来年の総会は早めの1月中旬までに終わらせ、事業も2月から開始し、オリンピック開催時期(7月下旬)までに大半が終了していなければなりません。

 

東京五輪

来年の協会運営は大変だろうと思います。

中堅・若手の理事役員になられる方々のご指導・ご支援・ご協力がなければ如何ともし難いのです。

 

それ等を踏まえての理事会ですので、理事の方々は万障繰り合わせて、必ず出席をお願い致します。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

前夜に徳島県ソフトボール協会のS理事長から電話がありました。

 

「会長、この雨ですが、明日は雨も上がり天候が回復するらしいので、朝からグラウンド整備をし、時間を遅らせてでも終わらしますから」との事でした。

 

また、「中体連の役員等にも協力して貰い、グラウンドに溜まった雨水を汲み出し、土入れをしますので」とも。

 

なので私は7:30分に大会会場に行きました。

すでにグラウンド整備は終わり、前日と打って変わって最高のグラウンド・コンディションになっていました。

 

その上に太陽光が注ぎ、風が吹いていて、少し湿ったグラウンドの状況が最高でした。

理事役員も、「昨日・一昨日と代わっていれば良かったのに」と言われる程のグラウンドでした。

 

徳島県中学校総合体育大会・ソフトボール競技は前日の14日(日)午後からと・15日(月・祝)の開催でした。

しかし前日は雨天で午後からは試合が出来る状態では有りませんでした。

 

なので県ソ協会S理事長やM審判長と中体連M専門部長等の役員との話し合いで、「15日の1日で決勝まで遣りましょう」と。

 

そこで県ソ協会側は早めに試合を開始したいので、開会式も省略してはと提案したのですが、ソフトボール競技の係校長の先生も来られているしとの事でした。

 

なそれなら早めに開会式を始めましょうとなり、8:00分から開会式で8:30分にベンチ入り、8:40分プレーボールとなりました。

 

中体連専門部の役員により開会式が始まりました。

 

グラウンド内に出場チームの男女選手が整列し、審判員が3塁側に、各チームの監督さんが1塁側に、役員がネット前に並びました。前年度の優勝旗の返還の後に、何時もとは逆に県ソ協会会長の私の挨拶と、中体連の係校長のご挨拶が行われました。

 

その後には専門部長による、競技上の注意がおこなわれ、最後に選手宣誓がなされました。

 

開会式後には直ちにAグラウンドで男子チームの試合が、Bグラウンドで女子チームの試合が行われました。

 

私は、Bグラウンドで女子の決勝戦を、Aグラウンドでは男子の決勝戦を観ました。

 

Bグラウンドの女子はMAIのエースが、さすがに全日本Uー15のメンバーに選抜されただけだけあって、中学生離れしたピッチングをしていました。

 

男子の決勝戦は上八万・鳴門市第一中学校連合チーム対、鳴門教育大学付属中学校の対戦でした。

 

最後まで伯仲した接戦でしたが、時間超過の5回裏に附属中学校の攻撃で、塁上に走者を置いて打者が見事にサヨナラヒットを打ちました。

 

試合後には直ちに表彰式・閉会式が行われました。

 

係校長から附属中学校に表彰状と優勝旗が、連合チームに準優勝の表彰状が授与されました。

同じく私からも、附属中学校と連合チームに表彰状を授与させて頂きました。

 

最後に係校長の講評があり、「優勝・準優勝のチームは、愛媛県で開催される四国大会で頑張って下さい」との言葉があり、役員の閉会の言葉で閉会となり解散しました。

 

記念撮影の後で後片付けをし、最後にM審判長(副理事長)の司会進行でミーティングとなりました。

いつものようにM審判長は各球場主任に、「何かトラブルやミスは有りませんでしたか」と尋ねていました。

 

昨日は、あの場合は守備妨害を採るかどうか、また審判員がボールカウントを間違え打者が三振と思いベンチに下がったが、他の審判員の指摘で打者席に戻したとかの報告と、其れ等にいかに対処した事の報告があり、M審判長から解説と指導が行われました。

 

いつもM審判長が言われている、「どのような小さな事でも、必ず球場主任は報告して下さい」と言われているのが徐々に浸透しています。

 

またM審判長は、「大きなミスやトラブルは私からS理事長に報告を上げ、S理事長から県外チームならば各県の理事長に連絡し事案の報告をしますから」とも。

 

最近は大きなミスやトラブルは殆ど無くなりましたが、小さなミスは時々起きています。

 

私も審判員の経験から、ボールカウント2-2の時に1塁走者が2塁に盗塁をし、捕手から2塁上に送球した場合に、2塁上のアウトセーフに目を奪われ、インジケーターでカウントしたかどうかを忘れる時がありました。

 

恥ずかしい事ですが3塁塁審にインジケーターを示し、カウントを教えて貰ったものです。

一般の公式戦の準決勝・決勝では記録員が居ますので、記録員に尋ねますが。

 

なにわともあれ、大会が終わりホッとしています。

 

夜にS理事長から電話があり、「会長、お疲れ様でした、後は10月初旬の全国シニア大会の準備をしなければ」との事でした。

 

そのために、8月4日(日)にFコミセンで、県ソ協会の定例理事会を開催します。

理事の方々の出席をお願いします。

 

この3連休は、悪天候の中を大変お世話になり、有り難うございました。

 

ご年配の審判員もおられますので、お風邪など召さないように十分お身体ご自愛下さい。

いつも乍ら、感謝・感謝でございます。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

前日に女子の試合は終わっていたので、昨日は男子のみの試合でした。

 

朝県ソ協会のS理事長からの電話で、「会長、何とか試合を9:00分ごろから開始しますので、お願いします」と。

なので私は、9:00分に会場に行きました。

 

S理事長によれば、「AリーグはAグラウンドで準決・決勝の2試合と、BリーグはBグラウンドで5チームよるにトーナメントを行います」との事でした。

 

前日の降雨でグラウンドは最低のコンディションでしたが、各チームとも一生懸命にプレーをして頂きました。

本当に文句の一つも云われず、申し訳なさで頭が下がりました。

 

Aリーグ・Bリーグとも第一試合が終了し、AグランドではAリーグの決勝戦が始まろうとしていました。

 

しかし降雨が段々と激しくなりだし、S理事長がM審判長と協議し、両チームの監督さんと協議しました。

そして、「この状況では雨も止みそうもなく、またグラウンドコンディションも最悪なので、試合続行は不可能です」と。

 

また、「このまま雨が止むまで待つのも、子供達の身体や健康を考えると試合再開は無理だと思います」と。

なので、「今年は決勝戦に進んだ両チームを優勝とさせて頂きたいので、ご了承して下さい」との事でした。

 

両チームの監督さんも快くご了承をして頂きました。

またBリーグの方のトーナメントに変更されたBグラウンドの試合も、同じ様にご了承を頂きました。

 

雨の中の表彰式も如何なものかと考え、大会本部の大きなテントの中で行いました。

 

M事務局次長が車中で表彰状に、チーム名等を印字している待ち時間に、私がS理事長に、「各チームから頂戴したお土産のお菓子類を子供たちに差し上げたら」と云いました。

 

S理事長が名産品のお菓子類の箱を開けましたが、大勢の選手数なので数が足りませんでした。

私が、「それでは当たらなかった子供に悪いから止めましょう」と。

 

S理事長曰く、「会長、来年度から何か、数の有るモノを買っておきましょう」とも。

 

そして直ぐにS理事長は、「今から私とジャンケンしましょう」と言って、「私に勝った人は手を挙げたままで」とジャンケンをしました。

 

勝った子供にお菓子を渡して行きました。

待ち時間を遣いながら退屈させないのは、流石に小学校の教員だと思い感心しました。

 

待つこと暫し、M事務局次長が印字した表彰状を持って来たので、表彰式を行いました。

 

私からA・Bの順で、また優勝・準優勝の順で表彰状・楯を授与(四国ソフトボール協会N会長の代読・代理)させて頂きました。

 

また個人賞では最優秀選手賞・優秀選手賞(各チームの監督さん推薦)もお渡ししました。

 

表彰式後には、各チームが第1日目の朝に来られた時と同じように、監督以下本部席前に整列され、キャプテンが代表してご挨拶をして頂きました。

 

このような挨拶でも、このチームが強いかどうかが判るものなのです。

やはり強いチームは日頃からマナーを口喧しく云われ指導されているのです。

 

私やS理事長・M審判長が、「ご苦労様でした、お気を付けてお帰り下さい」、「また来年も必ず来て下さい、お待ちしていますから」と。

 

強いチームはキャプテンが元気よく、「ありがとうございます、来年も必ず来れるように頑張ります、ありがとうございました」と、脱帽し一礼して帰りました。

 

昨日は雨天の為に午後から開催予定の、徳島県中学校総合体育大会・ソフトボール競技は中止となり、15日の月曜日・海の日祝日に延期となりました。

 

夜、S理事長からの電話では、15日は早朝から中体連専門部の先生方もお手伝いを頂き、早朝から水抜き・土入れ等のグラウンド整備を行いますので」との事でした。

 

中体連の専門部長の話では、「早めに開会式も行う予定ですので、掛かり校長共々ご挨拶をお願いします」との事でした。

 

なので7:30分に会場に行けば良いと。

唯々天候回復を祈りながら、何回も何回も繰り返し、テレビの天気予報を見ています。

 

大会が開催される毎に童心に還り、「明日天気になあ〜れ!」の心持ちなのです。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

朝7:30分に会場の吉野川北岸・徳島市民運動広場・ソフトボール場に行きました。

 

すでに多くの小学生チームが来て、アップしていました。

また理事役員や協会関係者も来ていて、大会の準備や用意をしていました。

 

M副会長・S理事長・M審判長・Y記録長・S総務委員長・D支部強化委員長・N事務局長等が、それぞれ忙しく動かれていました。

 

私は、AグラウンドとBグラウンドの間に設営された本部テントで、理事役員と話をしながら、入れ替わ立ち代わり来られる各チームの監督・コーチ・選手のご挨拶をお受けしていました。

 

どこのチームも良く躾をされていて、大変マナーが良いのです。

S理事長共々、「プレー以前の問題で、やはりキチンと挨拶が出来なければダメですね」と話しをしました。

 

またチームの監督さんからは、じもとの名産品のお土産まで頂戴ました。

 

8:30分からの代表者会議を30分早く行い、8:00分から開催しました。

主管の県ソ協会からは、私とM副会長・S理事長・M審判長・Y記録長が出席し、N事務局長の司会進行で始めました。

 

私の挨拶に続き、各チームの自己紹介と同時に、メンバー等の変更の報告が大会冊子の掲載順番になされました。

 

その後に役員紹介があり、M審判長から競技上の注意が行われました。

 

最後にS理事長から、試合形式や時間、また雨天のための試合時間等々に付いて、各チームの代表者の方がにお諮りをし、ご了承を頂きました。

 

そして8:50分開会式、9:40分第1試合でしたが、雨天なので開会式を取り止め、試合開始時間も20分早めて9:20分開始になりました。

 

A・Bグラウンドでは男子チームが、C・Dグラウンドでは女子チームの試合が行われました。

 

私が代表者会議の挨拶で、「徳島の天気は向こうに見える、佐那河内村の山や、その奥に見える神山町の山が見えなくなると天候が悪くなり、目の前の眉山が見えなくなると雨が降ります」と。

 

昨日はまさにその様な状況が繰り返されました。

雨がパラついたり、シトシト降って来たりしていました。

 

試合が進行している中、少女の監督さん達が理事長やM審判長と協議をして、「このような天候なので、明日はどうなるか判らないので、何とか今日中に決勝戦まで行いたいとの事でした。

 

S理事長も子供の体調を考慮し、試合時間を短縮してとの事で了承したとの事。

参加チーム数も5チームなので、変則リーグ戦みたいになっていました。

 

男子は香川県以外のチームは徳島市内での宿泊でしたので、何とか第1日目は終える事ができました。

 

帰られる前には、、「明日の試合をするかどうかの決定は何時ごろですか」と聞いて来られるチーム関係者もおられました。

 

なので、「代表者会議で決めた通り、S理事長が5:00分に会場に来て決定しますので、代表者がS理事長まで5:30分以降に電話して問い合わせると決まっていますよ」と説明しました。

 

チーム関係者は香川県から車で選手達を送り届けるので、5:00集合・5:30分出発で徳島市の会場まで来られるので大変なのです。

 

しかし何時もの事ながら、S理事長の雨に強い男の信念なのか、昨日の女子は遣り切りました。

なんとか雨天でも試合が出来たのです。

 

また男子チームの試合もAリーグ・Bリーグ共に、第1日目を遣り切りました。

 

なので14日(日)はAグラウンドで4チームによるトーナメント戦が、Bグラウンドでは5チームによりリーグ戦が行われることになりました。

 

16:00分には試合が終わり、理事役員・審判員・記録員でミーティングを行いました。

M審判長から、「各グラウンドで、何かトラブルやミス、または報告事項等は有りませんでしたか」と。

 

何時もの事ながら審判員等からは、「何も有りません」と云うのですが、昨日は○グラウンドの球場主任(副審判長)から審判ミスの事例が報告されました。

 

またM審判長から□グラウンドの球場主任に対し、「○○のような事が有ったと聞いていますが」と。

球場主任も思い出したのか、「あぁそれは有りましたが」と。

 

M審判長曰く、「審判員は小さなミスジャッジだと思うかも分りませんが、選手やチームにとっては大きな問題なので、速やかに当該審判員や控え審判員(副審)で協議し、それでも判らない場合には直ぐに審判長に報告してください」と何時の大会でも云われているのですが。

 

昔からの諺に、「聞くは一時の恥・知らぬは末代の恥」と云うのがあります。

 

自信を持ってジャッジしても、もしも間違えたジャッジなら、協議の結果訂正しても良いのですから。

まさに、「革めるに憚る事なかれ」なのです。

 

昨日は本当に小さな事でしたが、M審判長曰く、「小さな事でも大きなトラブルの原因になりますから」と。

 

なんとか大過なく第1日目が終わりましたので、昨夕はホッと一息つけました。

翌日は朝から第2日目と12:00分から徳島県中学校総合体育大会・ソフトボール競技が始まります。

 

中体連のM専門部長からの電話で、「県ソ協会の会長のご挨拶をお願いします」と依頼されております。

 

なので14日(日)は各グランドをアチコチと動き回りながら、第3位表彰・優勝・準優勝・最優秀選手や優秀選手の表彰式、はたまた中学総体の開会式での挨拶が有る予定です。

 

雨が降らなければイイのですが。

S理事長は4:00起きして、会場には4:30分までに行くとの事でした。

 

M審判長は自宅が遠方(会場まで国道走行なら約90分)なので、大きな大会等では徳島市内居住の娘さん宅か、ホテルに宿泊されるかしています。

 

ほんとうにご苦労様です。

 

また雨の中、下着までズブ濡れになり、審判をされている方々には頭が下がります。

本当にお疲れ様です。

 

感謝しか言葉が有りません、いつも有難うございます。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

先日、県ソ協会のS理事長からの電話で、「12日(金)は13:00分に集合し、近県小学生男女ソフトボール大会の設営を行います」との事でした。

 

なので昨日は徳島駅前に行く用事があり、そのまま吉野川北岸・徳島市民運動広場・ソフトボール場に行きました。

 

12,10分に着くと未だ誰も来られていませんでした。

 

12:15分にベテラン審判員のM氏が自転車でやって来て、グランド入り口柵の鉄柱や、A・B・C・Dグラウンドのバックネット裏の用具箱の鍵を開けて回っていました。

 

そして、「会長、どうぞ中に車をお留め下さい」と。

 

車を中に止め、暫らく待っていると、M副会長始め、S理事長他の理事役員が設営準備のために十数名が来られました。

 

そして13:00分を待たずに、雨水の溜まり水の排水をする者、外野ネットを張る者、諸ラインを引く者、各塁ベースを設置する者、テントを張る者と別れて準備設営に掛かりました。

 

私はドリンク剤を差し入れて、直ぐに帰りました。

毎度、大会ごとに仕事を休み、ボランティアで活動して頂きます理事役員や関係者の方がには本当にご苦労様です。

 

感謝感謝でございます。

 

帰宅後、夕方18:00頃に、県ソ協会のM審判長から電話がありました。

 

{会長、今日の設営も終わりました、ただ明日の天候次第ですが、午前中は大丈夫と思います」と。

そして、「会長、明日の大会1日目が終わった後のご都合は如何ですか」との事でした。

 

また、「出来ればM副会長やS理事長と私で、色々とご相談したい事がありますので、チョットお時間を頂けないでしょうか」と。

 

昔からの諺で、「チョット来いには油断するな」と云うのがあります。

なので私が、「どのような事ですか」と尋ねました。

 

M審判長曰く、「お越し頂きましたらその時にお話しいたしますので」との事でした。

 

そして、「では大会が終わるのが17:00分の予定なので、18:00分ぐらいからお願いします」と。

私が、「明日は会場に7:30に行きますので、またその時に」と言って電話を切りました。

 

以前にもS理事長・M審判長から、「会長、今回のE国体の観戦・応援に是非行きましょう」と。

なので私が、「S理事長・M審判長・T技術委員長ぐらいで行かれたら良い」とお断りをしました。

 

しかしS理事長やM審判長が熱心に何度も誘うのです。

その時には根負けして、承諾してしまいました。

 

そしてE県Y市の宿泊先のホテルでの食事時間に、S理事長・M審判長・T技術委員長から、「会長、今期で辞任されるのですか、せっかくS理事長体制が軌道に乗りかけた時に、放り出して辞めるのですか」と詰め寄られました。

 

だから私も、「会長になる気も全くないのに、S理事長やM審判長に頼み込まれ、仕方なく1期2年間ならと仕方なく承諾したのだから」と。

 

しかし、S理事長やM審判長曰く、「その時には切羽詰っていたので仕方なく」と。

 

そしてホテルから場所を変えての話し合いで、ついに根負けして2期目を承諾してしまいました。

ただし、「もう次は無いからと約束してくれるので有れば」との条件付きで。

 

なので、昨日のM審判長の電話で、「今後の事も含めて色々な問題を相談したいのです」と云うモノ言いが気にかかるのです。

 

しかし明日の大会後の話し合いでは、M副会長・S理事長・M審判長を前にしてキッパリと断言しようと思っています。

 

「何時までも後期高齢者が居座っていては、若手や中堅の理事役員・審判員・記録員等が育たないし迷惑をかける」と。

 

来期(令和2年1月1日〜令和3年12月31日)は是非とも、新会長の下で新役員(新部署)により新規事業計画を推進されん事を願うばかりです。

 

四国隣県のK県協会の定年制を是非とも参考にされたいと思います。

 

会長・副会長=75歳、常務理事=73歳、理事=70歳、審判員=審判長判断。

丁度これぐらいが良いのではと思います。

 

ずっと以前には、会長・副会長=70歳、常務理事=65歳、理事=60歳、審判員=60歳でという事も云われていましたが、高齢化社会で、いつの間にか立ち消えになりました。

 

俗にいう、「老兵は静かに去るのみ」なのです。

 

助任

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

JUGEMテーマ:ソフトボール

 

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。

昨年に続き、阿波徳島ロータリークラブ会長杯・徳島中学校男女大会に出席しました。

 

以前には阿波徳島ロータリークラブが徳島県中学校女子の大会を主催して頂いていました。

その後何回も大会を開催して頂いていましたが、諸般の事情で中断されていたのです。

 

徳島県ソフトボール協会のM前・副会長(元・中学校校長)も、「あの大会は中学校総合体育大会前の大会なので、練習試合の代わりにもなり、大変良いと思いますので、是非とも復活をお願いしたい」との事でした。

 

丁度、私どもの家主様から復活のお話があり、S理事長に相談しました。

しかし数年間のブランクは大きく、中学校女子チームの数も減っていたのです。

 

中学校体育連盟ソフトボール専門部でも、県ソ協会のS理事長と相談しながら検討していました。

 

そして約2年後に出た結論は、中学校男女大会として昨年から復活されたのです。

昨年まで会長されておられましたH会長には大変なお骨折りを頂きました。

 

私とS理事長とで、何度も打ち合わせにお伺いをさせて頂きました。

今年から会長が交代となりましたが、それでも何かとお気遣いを賜りました。

 

しかし中学校もテスト前や学校行事と重なり、今回の大会は男子チームのみとなりました。

中学校により、学校長の判断でテスト前は部活・対外試合等の制限をされるのです。

 

県ソ協会にすれば、中体連専門部からの要請で大会の復活をし、時期的なものも中学総体前に合わせたのですが。

 

これでは県ソ協会としてもロータリークラブ様に大変申し訳ない事となりました。

 

なので昨日の大会終了時に、徳島県中学校体育連盟の専門部長と話し合い、「来年の大会について良く検討して下さい」と申し入れをさせて頂きました。

 

専門部長や前・専門部長・監督さん等も、「開催時期は勿論のこと、県外から参加希望の中学校男女チームの参加も含めて検討します」との事でした。

 

そして、「せっかくロータリークラブさんが力を入れて頂いてるので、この大会を盛り上げて行きたい」とも。

 

優勝は上八万・鳴門第一中学校合同チーム、準優勝は城西中学校、第三位は徳島文理中学校でした。

 

戦前の予想では、上八万・鳴門第一中学校合同ー徳島文理中学校が決勝戦を戦うとの事でした。

 

しかし面白い戦いでしたが徳島文理中学校に、城西中学校が勝利しました。

城西中学校は、春の中学校大会の雪辱を晴らしました。

 

大会終了後に表彰式となり、阿波徳島L・C会長から、優勝・準優勝チームに表彰状・カップが、最優秀選手・優秀選手には賞状と記念品が贈呈されました。

 

その後に記念写真の撮影がありました。

 

天候にも恵まれた阿波徳島ロータリークラブ杯・徳島県中学校男女大会となりました。

 

クラブのメンバーの方々には本当にお世話になり有難うございました。

 

来年も宜しくお願い申し上げます。

 

助任

 

地域の皆様に支えられ 地域に根付いて お陰様で 2021年に 創業35周年を迎えます。

 

べーやん 徳島文理大学

石部宅建は不動産業を通じて地域の皆様に 貢献致します。

JUGEMテーマ:ソフトボール

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島(市)情報へ← 宜しければ押して下さい ※ヤル気スイッチです。

石部宅建

石部宅建は 今年も 徳島文理大学の 学生物件紹介数ナンバー1を目指します。